ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羊肉で満足したけどやっぱりまだまだ行けそう。
なので、お店お勧めの豆腐料理にチャレンジ。
こういうのは一人で食べられないので同行者がいると助かる。

過橋米線でディナー
老江湖豆腐というらしい。
豆腐の中に詰め物がしてあって、ちょっと辛いソースであんかけ状にしてある。
過橋米線でディナー
過橋米線でディナー
過橋米線でディナー
唐辛子と一緒に煮てあるけどそんなには辛くない。
豆腐の中の詰めものはあっさりしていてちょっとニンニクが効いているような。
食感も面白いし味もおいしいし、名物料理になりそうな気配。

次はジャガイモの山椒焼き
過橋米線でディナー
過橋米線でディナー
見た目は中華街の梅蘭焼きそばみたいだけど、味はジャガイモでしかもホクホクサクサク。
山椒塩が食欲を沸かせる。
これはプロの技だなあ。
冷たいビールがほしくなる。

〆はやはり過橋米線
同行者たちは食べたことがないので興味深々の様。
過橋米線でディナー
麺と具を同時に入れて火を通す。
過橋米線でディナー
小分けにして食す。
この濃厚なのにあっさりしたスープが〆に合う。
過橋米線でディナー
添えてある辛みの素を加えて食べるとまたうまし。
この辛味がたまらない。
値段も手ごろだし、コースにすればボリュミーだし、ランチもいいけどディナーもお勧め。
またまた過橋米線。いつもランチタイムなので同行者を募ってディナーへ。
まずは突き出し。
ランチには突き出しがないので面白い。
過橋米線でディナー
厚揚げの麻婆豆腐というか、辛い厚揚げ。
この辛さは癖になる辛さだ。
味噌でも入っているのか、まろやかなのに辛い。
お酒が進みそうだ…でも私はジャスミン茶。
過橋米線でディナー
298円のおつまみから。
まずは太刀魚の山椒揚げ。
太刀魚、骨が多くて身が少ないがカリッと揚がっていておいしい。
山椒がスパイシー。
過橋米線でディナー
次はレンコンの生姜味。
甘酢レンコンに生姜を足したような味で残念ながらちょっと。
箸休めにはぴったりだけど、この店の味じゃないかも。
過橋米線でディナー
蒸し鶏。
定番ながら皮のゼラチン質はプルプル、中の身はしっとりとなかなかの美味しさ。
かかっているたれもおいしい。
シンガポールのチキンライスを思い出す。
メニューにはなかったが、コースの中にある羊肉の炒め物ができるかどうか聞いたらできるとのこと。
頼んでみる。
過橋米線でディナー
過橋米線でディナー
羊も癖がなく、匂いもほとんど気にならない。
スパイスの効果かも。
羊もおいしいのだが一緒に炒めたネギがまたおいしい。
これは白ご飯に載せて食べたかった。

後半に続く~
アキバで見つけた輸入食品。
まずは定番ながらうまい、香港のネギクラッカー。
大きい箱で大きいサイズのクラッカーは見かけるのだが、一口サイズは見かけないのでうれしい。
香港のネギクラッカー
香港のネギクラッカー
葱の風味もきいていて、塩味もほどほどでいい感じ。
おつまみに、おやつに。
バナナチョコ菓子
バナナチョコ菓子
縁日を思い出すなあ。
バナナチョコ菓子
中のバナナクリームというか、ねっとりむちっとしたバナナフィリングが面白い。
バナナチョコ菓子

輸入菓子という味がした。

ライター自販機でライター
ライター自販機
は買わなかった。
アキバ名物、肉の万世のコインコロッケ肉の万世のコインコロッケ

万世というとカツサンドのイメージだが、コロッケもある。
持ち帰ってみた。
肉の万世のコインコロッケ
じゃがいもはごろごろしていて、肉の食感はあまりない。
コインコロッケというくらいなのでほかのコロッケより小さめで食べやすい。
でもカツサンドのうまさに比べるとインパクトに欠けるなあ。
またもやおいしい中華、過橋米線でランチ。
いつも混むので、今回は12時前にダッシュで入店。
なぜか春巻サービス。

過橋米線の鶏肉米線
この春巻が具だくさんでなかなかおいしい。
しかも揚げたて。

ここのランチは日替わりを合わせると10種類くらいで、夏なので冷やし米線もあった。
が、前回気になっていた、鶏肉米線と麻婆丼のセットを頼む。
これ、ここの自慢の味を両方楽しめるのでかなりお得だと思う。
過橋米線の鶏肉米線
こんな感じで、麺は一人前で麻婆丼がハーフサイズ。
過橋米線の鶏肉米線

麻婆は辛いが、四川のようなピリピリくる辛さではなく、味噌ベースのほんのり辛くて薬効があるような独特の辛さ。
汗が出るような辛さをイメージすると拍子ぬけだと思う。
鶏肉米線。
麺はむちっとした柔らかめで、スープは白湯。
具に湯葉が入ってるのが食感が変わってきておいしい。
過橋米線の鶏肉米線
ほうれん草だと思う青野菜も入って体にやさしい味。
もちろん鶏肉もたっぷり。
鶏スープは麻婆に比べると刺激は全くないので、夏バテの時にいいような気がする。
麻婆ももちろんだけど、やっぱり米線と店名につくくらいなので、それだけ自慢料理なんだろうなあと。

このセットは900円とランチにしてはちょっとお高めだったが、750円のきくらげ炒めのランチとか野菜系のランチが美味しそうだった。
それらのオーダーも結構出ていたし。
他も気になる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。