ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続いてはワンタンミーを食べる。
加冷雲呑麺というお店が有名なようだが、やってないみたい。
そのかわり出来上がり番号が出てるお店へ行くことに。
オールドエアポートロードフードセンターでワンタンミー
まずはワンタンミーを注文して番号札をもらって、電光掲示板に番号が出るので番号が出たら鶏に行く。
スーパーのフードコートっぽいなあ。
このシステム、シンガポールでは珍しい気がする。
15分くらい待ってようやくできる。
ここも混んでいるのね。
オールドエアポートロードフードセンターでワンタンミー
ワンタンミーはドライで注文。
スープも付いてきた。(その後もれなく頭痛が…何故?)
オールドエアポートロードフードセンターでワンタンミー
麺は細くてゴムみたいな独特の食感のもの。

オールドエアポートロードフードセンターでワンタンミー

オールドエアポートロードフードセンターでワンタンミー

ぷりぷりのワンタンがいくつも入っていた。
このワンタンだけでもおかずで食べたいくらい。
オールドエアポートロードフードセンターでワンタンミー
チャーシューも甘めのがたっぷり入っていた。
これもおつまみにしたい。

オールドエアポートロードフードセンターでワンタンミー

青菜も入っていた。
味はちょっと甘辛くてしっかりした味。
でもワンタンミーの味って評価するのが難しい気がする。
ワンタンが美味しいのがいいのか、麺が美味しいのがいいのか、はたまたチャーシューの味か。
どれもおいしくてバランスがいいのが美味しいのかなあ。
ここのはそうするとバランスがいいたぐいになるのかなあ。

超有名店ではなさそうだが、新聞雑誌の記事も張ってあったりしたので名店なのかも。

今回、念願かなってオールドエアポートロードフードセンターへ行くことに。
ここのホーカー、老舗らしく名店がいっぱいあるようだ。
ちょっとというか、かなり場所が不便でバスでないといけないところ。
しかしながらグランドメルキュールロキシーホテルからはバスでも行けるし、何と歩いてもいける距離(かなり暑かったが)なので今回は何度か行ってみた。
ちなみにバス停は目の前にある。かなり便利・

オールドエアポートロードフードセンターで経済飯

お目当てのローミー屋さんがやってなかったのですぐそばの経済飯屋さんへ。
人が並んでいる。
オールドエアポートロードフードセンターで経済飯

経済飯屋さんと言えば野菜!なので野菜のおかずを3品選択する。
オールドエアポートロードフードセンターで経済飯

オールドエアポートロードフードセンターで経済飯

まずはもやし炒め。
しゃきしゃきのもやしを中華風に炒めてある。
味付けがあっさりなので食べやすい。
オールドエアポートロードフードセンターで経済飯

青菜炒め
他のお客さんにカイランと説明してたのだが、カイランってブロッコリーの子供みたいな感じじゃなかったかなあ?

オールドエアポートロードフードセンターで経済飯
にんにく塩炒めという感じで、塩が効いていて、にんにくももちろんきいていておいしい。
ご飯でもおいしいけど、ビールでもよさそうだ。
ただし、シンガポールはお酒が高い(笑)

経済飯といえば外せない、キャベツのカレー風炒め
オールドエアポートロードフードセンターで経済飯
これは中華系の経済飯屋さんでも必ずある。
ナシレマ屋さんのとは違って、中華風な感じもするがスパイシーでご飯が進む。
シンガポールでは野菜を食べるのにはこういうお店があるのでとても便利。
ベジタリアンも多いので野菜の料理は種類豊富な気がするが、炒め物が多いので脂っこいかも。

シンガポールで発見、謎のシリアル。
謎の3in1シリアル
コーンの絵が描いてある。
コーンのシリアルなのか?
裏面はこれ
謎の3in1シリアル
麦、米、とうもろこしらしい。
それにクリーマーとか塩とか砂糖とか入ってるみたい。
温かいお湯を注いで…飲むのか?
ひとまずできあがり。
謎の3in1シリアル
…うぬぬ。
どろどろしてる。
謎の3in1シリアル
かき混ぜてもドロドロ。
これってオートミールのこと?
オートミールにトウモロコシ粉と米粉が混じってるでいいのか?
シリアルっていうからコーンフレークみたいなのを想像してた(苦笑)
なんかショックだ。
ブギスは実はデザート激戦地らしい。
たしかに果物屋台もあるし、おやつを食べられそうな場所もいろいろある。で、今回は
元7thstoreyhotelの正面あたりのショップハウス周辺にデザート屋さんが何軒かある場所へ。
なんとなくおいしそうだった、記得吃へ入る。
ブギスの記得吃で生姜豆花
種類はいろいろあったのだが、冷房で寒かったので温まりそうな生姜豆花を選ぶ。
生姜ってデザートとしては定番なのかなあ。
日本にも生姜湯あるし。
ブギスの記得吃で生姜豆花
たっぷりのシロップとつるんとした見た目の豆腐。
ブギスの記得吃で生姜豆花
シロップの茶色は生姜の色かなあ?
まずシロップを。
生姜がピリッと効いている。これははまりそう。
豆腐は程よくふかふかでつるんとした食感は見た目そのまま。
甘さ控えめのシロップは温かくてそのまま飲むのにちょうどいい。
これは日本でもはやりそうだ。
おいしい。
ブギスの記得吃で生姜豆花
テイクアウトもやってるみたい。
油条が食べたかったのでホーカーをさまよう。
しかし夜は売っていないのか見当たらない。
代わりに見かけたのがロジャというシンガポール風のサラダ。
パイナップルとかきゅうりとかが油条と一緒にピーナツソースで和えられている。
でもこれ、きゅうりとか入ってると正直あまりおいしそうではないのだ。
でもここでは油条のみというメニューがあったので頼んでみる。

ブギス駅そばのコーヒーショップでロジャ

チリいれる?と聞かれたので入れてもらう。
どんな味なのか楽しみ。

ややあってやってきたのはこれ。
ブギス駅そばのコーヒーショップでロジャ
テイクアウェイで。

ブギス駅そばのコーヒーショップでロジャ
こんな感じで揚げた油条をピーナツたっぷりのソースで和えてある。
このソースが甘辛くてしかもチリが入っているのでピリッと辛い。
ブギス駅そばのコーヒーショップでロジャ
油条のふかふか感とパリパリした外側とが絶妙のバランス。
しかもピーナツの香ばしさとも合う。
油条好きにはたまらない。
おいしかった。
場所はブギス駅から国立図書館に向かう道すがらだが、1本ブギスジャンクション側に入っているのでちょっと分かりにくい。
HDBの下の階にあるので地元民御用達っぽかったけどほかの店もおいしそうだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。