ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24時間営業の長浜屋のラーメンも驚いたのだが、24時間営業のうどん屋さんもあるそうだ。
これは便利そう。
なので行ってみた。
うどんのウエストで丸天うどん
九州がメインらしいけど、東京や千葉などにも出店してるそうだ。
知らなかった。
博多うどんと言えば星のうどんと同じなのだが、ここは座り食い。
でもお値段は同じような感じ。
確か390円だったような。
若干ウエストのが高いかなあ。
ということで、星のうどんはなかったと思った丸天うどんを頼む。
うどんのウエストで丸天うどん
さつま揚げを丸のままいただいたが、切り分けもしてくれるそうだ。
これに入れ放題のネギ、揚げ玉を入れる。
うどんのウエストで丸天うどん
うどんのウエストで丸天うどん
なんだかゴージャス。
早速すする。
出し、うまーい。
うす味なんだけど、なんかしっくりくる味。
麺は星ののような手打ちではなさそうだけど、モチモチ系。
いえばゆず胡椒を出してくれるということなので、ゆず胡椒をもらう。
うどんのウエストで丸天うどん
ゆず胡椒を入れるとまた味が変わっておいしい。
でも無理に入れなくてもいいかなあと思う…難しいなあ。
雪が降りそうに寒い日だったので、この暖かさがよかった。
博多うどん、ぜひほかの店でも食べてみたい。
九州の隠れた名物のいきなり団子。
地下鉄の福岡空港駅から空港に行く途中にも売ってるけど、博多駅の前の福岡交通センターでも、天神の駅の構内でも売っていた。
気になったので交通センターで購入。
もちっとしていておいしそう。

博多いもっこ屋のいきなり団子
封を開ける。
博多いもっこ屋のいきなり団子
むちむちしている。
割ってみる。
博多いもっこ屋のいきなり団子
外側のお餅の内側にはまず芋、そしてあんこ。
三段構造だ。
食べてみるとこの三層が一緒になってなかなかの味わい。
芋もあんこも甘さがそんなに強くないので食べやすい。
お餅も小麦粉のお餅なのかちょっと食感が面白い。
すいとんの食感に近いかなあ。
ここはいつもアツアツを売っているのでアツアツを食べるのがよさそう。
でも冷凍保存もできるみたい。迷うところだ。

今回の宿泊、1泊目はホテルエトスイン博多。
博多駅のそばでバスターミナルからも近いが、周囲の朝ははちょっとさみしげ。
夜はご飯屋さんもあいていて結構にぎやかだったのになあ。
なので朝食付きプランでラッキーだった。

朝食はパンがベース。
各種の値段高騰で内容に若干変更があると聞いていたが、それでもこんな感じ。

エトスイン博多の朝食
クロワッサンとロールパン、パスタサラダとオムレツ。
ドリンク類は飲み放題。
エトスイン博多の朝食
軽めだけど朝だし。
ロビーで食べるのだが、日が当たって結構いい感じ。
ひとりで食べる人も多かったので気も楽。
クロワッサンが小ぶりながらバターがしっかりして美味しかった。
ホテルの朝食、パスしてしまうことが多いのだがたまにはのんびり食べるのもいいかも。
博多といえばここというくらい有名なラーメン屋さん。
無敵の24時間営業のラーメン屋さんなのだが、年末年始は休みらしい。
ということで早めに行ってみる。
長浜屋でラーメン


夜なのでやはり満席で外で待つことに。
食券を買ってしばし待つ。
やがて合い席でラーメンをいただくことになるが、回転が速いのでそんなに待たされた感じがない。
ラーメンも割にすぐ来る。
長浜屋でラーメン
麺がかなり細い。
これが待ち時間短縮のゆえんか。
長浜屋でラーメン
さっそくすする。
あ、なんだかあっさり。
でもコクがある。
不思議だ。
釜山で食べるテジクッパにも似てるけど、もっとあっさりしているというか、豚骨っぽくない。
途中でやかんに入った醤油のようなものをさす。ラーメンのたれだろうか?
味が変わって濃くなる。
この味なかなかいい。
おいしい。
これは並んでも食べる人がいるのも納得の味。
関西以西ではどうも鶏肉のことをかしわというらしい。
で、九州地区のコンビニにはかしわおにぎりというのが売っているそうだ。
鶏飯なんだろうけど、これは気になる。
ということで買ってみた。
ちなみにファミマではかしわめしという名称で売っていた。
こんな感じ。
ファミマのかしわめし
かしわめしにはごぼうが必須らしい。
ということで中身。
ファミマのかしわめし
見た目ではごぼうの有無が分かりにくいが、しっかりごぼうの香りがする。
早速かじると、甘めのしょうゆ味のご飯に鶏肉が入っている。
ごぼうの繊維質も感じる。
なかなかおいしい。
が、関東のほうの鶏めしとの差があまりよくわからない。
ごぼうの有無かなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。