ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うどん工房さぬきの店の前で、さてこれからどうするかと思案すると飛び込んできたのが懐かしい相模屋のオレンジ色の屋根。
この相模屋、基本的には持ち帰りの焼鳥屋さんなんだけど、何しろ店の前で立ち食いができる。
焼き鳥が並ぶ焼き台の前につぼのようになった空間があって、そこに食べた串を入れて、最後に串を持って行って自己申告する方式。
昔は1本60円だったような気がするが、今は70円。それでも安い。
うどんと御飯をしっかり食べたので、持ち帰りのみで…と思ったのだがついつまんでしまった。
まずはシロモツ
相模屋の焼き鶏店頭編
普通の豚のモツだがこれがまたおいしい。
脂っこいのに焼いてあるので適度に油が抜けていてその抜け具合がいい。
相模屋の焼き鶏店頭編
続いてレバー。
焼き立てを待って食べる。
ここのレバーは本当に臭みがないので食べやすい。
ほくほくした食感でレバーではないよう。
たれが甘めなので、レバーが苦手な人でもいけるのでは。

あとここではお酒持ち込み禁止(だと思う)なので、みんな焼き鳥を楽しんで買える人のみ。
なので一人でも安心して食べられること。
ちなみにお酒は隣の居酒屋のほうの相模屋で飲めるけど、私は行ったことがないので。
相模屋の焼き鶏店頭編

こんな感じで立ち食い。で、もちろん当初の目的の持ち帰りもしっかりと。
持ち帰りは翌日のネタで。

亡くなった祖父は、相模屋よりも駅横にあるお太幸のが好きだったらしく、持ち帰りはお太幸のをといわれてよく持ち帰りをしたことを思い出した。
なので寄ってみたがまだ開店してなかった。

お太幸の持ち帰り焼き鳥
内容は同じようだが10円高い。
そういえばお太幸のが肉が大きかったような気がする。
スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/tb.php/840-b9b55c78
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。