ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物足りなさを感じながら、西川のぱんじゅうへ。
今度はやっている。
これもまたどんどと同じような年季を感じさせる。
学校帰りに1つ2つ買いたいような。
西川のぱんじゅう

皮は桑田屋よりちょっとこんがりしている。
形もどちらかというと丸くてずんぐりむっくり。
お店の奥で食べられるので、早速いただく。
熱々!
西川のぱんじゅう

西川のぱんじゅう

割ってみるとこちらはつぶあん。
あんこはがっつり甘くて、それなのに豆の味もしっかり残っている。
そしてパリパリの皮も甘い。
この追い立ててくるようながっつりした甘さがおいしさの秘密だ、きっと。
桑田屋のはおいしかったのだが、このがっつりした甘さがなかった。
そこが最大の違いだろう。

でもこのぱんじゅう、熱いうちに食べないとおいしくないらしい。
このうまさは小樽に行かないと食べられないのか・・・
西川のぱんじゅう
スポンサーサイト

ほんまさん
お褒めいただきありがとうございます(笑)
ほんまさんのところのを見てからもう行きたくて行きたくて、やっといけました。
しかも1回目はやってなくて他で時間をつぶしてやっと出会えました。
あのクリスプ感は絶品ですねえ。
中のあんこもおいしいし。
2008/02/08(金) 23:37:12 | |ひとりメシ #-[ 編集]
ナイス撮影です!
西川のぱんじゅうの魅力を余すところなくレポートされてますね!
表面のあのクリスプ感を出すのに数十年かかるのでしょうね~
2008/02/08(金) 22:42:08 | |ほんま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/tb.php/625-53c775b7
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。