ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾からの帰り、つくのは成田空港。
成田名物ではないが、千葉の新しい名物になりそうなのがこのぬれ煎餅。
銚子電鉄の赤字解消のために出来たお煎餅だが、いまや電鉄よりも有名じゃないかと思うくらい。
鉄子の血が騒ぐ(笑)
銚子電鉄のぬれせん

これはうすむらさきというほうで、醤油が薄口のようだ。
どうも昆布だしを使っているらしい。
銚子電鉄のぬれ煎餅

銚子電鉄のぬれ煎餅

お上品だがコクのある味。
ぬれ具合がちょうどいい。
これはお茶請けというより、お酒で食べたい。
銚子電鉄のぬれ煎餅

こちらはしょうゆ味。
濃口醤油にかつおだしのようだ。
銚子電鉄のぬれ煎餅

銚子電鉄のぬれ煎餅

これは焼きたてのお餅に醤油をじゅってかけた状態そのものだ。
しょっぱいけど甘みが残って、口の中で醤油がじゅわっと広がる。
これは止まらなくなる。
しかも日本酒に合いそうなほどよい肴加減というか。
これは鉄道ファンだけじゃなく、全国にお煎餅のファンがいるのがうなづける。
ぬれせんはいろいろ出ているけれど、これはかなりおいしいと思う。

スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/tb.php/530-44322868
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。