ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翌朝も雨。
しかも前日雨にぬれたせいか、熱が出た。
宿の前のバス停でしばらくバスを待っていたが、そのバスに乗っても乗り継がないと目的地までいけないので、あっさりタクシーを拾う。
今回の旅の目的地、豫園。
ここで本場の小籠包を食べて、ビーズで出来たポーチを買うのだ。
まずは腹ごしらえということで、南翔饅頭店へ。
1階の売店は10時半から(実際はもっと早くやっていたようだ)ということで、お店のほうに。
2階の食券を買う方は混んでいたので、3階の長興楼へいく。
ここも意外に混んでいたが、相席で座れた。よかった。
早速50元のセットを頼む。
小籠包だけでも良かったと思ったのだが、普通の店で点心を少量食べるのも難しい。
なので、味はともあれ、本場のいろいろな種類の点心を食べてみたいと思ったのだ。
まずはテーブルセッティング。
いいのかこれで?

南翔饅頭店の3階長興楼

南翔饅頭店の3階長興楼

メニューはこれ。
特製蟹肉小籠のほかに、浄素菜包、細沙酥餅、金腿小粽子、カレー肉餃、糯米焼賣、西施春巻、芙蓉秋葉包、卵のスープ、水果がつくようだ。
テーブルの横では小籠を作る人たちが一生懸命仕事をしている。
蟹肉は豚肉の餡とは別になっていて、両方を乗せて包むみたいだ。
味が混じらないようにとの配慮か。
ややあって点心が届く。
南翔饅頭店の3階長興楼

南翔饅頭店の3階長興楼

スープには髪菜という細い糸のような海藻のようなものが入っていた。
スープの味は薄め、若干塩味が強い。
南翔饅頭店の3階長興楼

豆腐の入った春巻きはしょうゆ味の餡ではなく、クリームベース。
中の豆腐が面白い食感だった。
貝殻のような形のパイの中身は確かカレーだった。
カレーも日本のカレーとは違って中華風のスパイシー。
胡麻の付いたパイはあんこだった。
南翔饅頭店の3階長興楼

餃子みたいなのには野菜が入っていて、シュウマイはもち米シュウマイでもちもちしていて美味しかった。
小さいまんじゅうはうぐいす餡だった。
ちまきは甘いちまきでちょっと驚いた。

これらをつまみながら、小籠包が来るのを待つ。
がしかしなかなかこない。
味のバランス的には点心を全部食べてしまうと後悔しそうなので、黒酢を入れた針生姜をちまちまつまみながら時期を待つ。
そしてやっと来た、小籠包!
南翔饅頭店の3階長興楼

6個入りで単品だったら20元らしい。
れんげですくって、小さい穴を開けて中の汁を吸いだす。
うまい。
六本木の店は行ったことないので比較にならないが、多分その何倍も美味しいだろう。
蟹肉のほのかな甘みでカバーされて豚の匂いが気にならない。
肉汁はしっとりしていてまた美味。
皮が厚いかなと思ったが、肉のこってりさと中和されてちょうどいい感じに仕上がっている。
針生姜、黒酢の組み合わせで食べてみるとまた味が違う。
つるっと一口で食べてしまうのは惜しいと思う。
20元、現地の価格で考えると結構高いと思うのだがその価値あると思った。
私が蟹好きだからもあるだろうけど。
今度来る時は蟹肉2枚でお願いしたいと思ってしまった。

ちなみにデザートはスイカ。
南翔饅頭店の3階長興楼

三枚来たのだが一枚食べてしまった。
中国では食後のデザートはスイカが定番なのだろうか?


スポンサーサイト

マッシーさん
マッシーさんの旅行記のフードコートですね。見てきましたが美味しそうでした。
南翔、やはり美味しかったです。
蟹肉好きにはたまらない一品だと思います。
点心よりも小籠包がお薦めです。
是非本場で♪
2007/05/16(水) 22:38:54 | |ひとりメシ #-[ 編集]

おお~、私はこの店、あまりに混んでいて諦めました(^^;)
で、近くの大きなフードコートのような食堂に行ったのですが結構満足できる味でした。
でもやっぱり一度は南翔の小龍包も食べたいです。
川崎のアゼリア地下街に店があるし、この前大阪の心斎橋筋でも見つけたのでちょっと行かなければいけませんね(笑)
2007/05/16(水) 22:35:12 | |マッシー #uoSKjgR6[ 編集]

いぬわんさん
うまかったですぅ
観光客向けのお店ってあれ???と思うところが多いのですが、ここはなかなかの美味でした。
でも生煎もおいしかったので、勝敗つけがたいです。
2007/05/16(水) 20:41:17 | |ひとりメシ #-[ 編集]

あああああああああああああ
食いたい~~
2007/05/16(水) 12:29:44 | |いぬわん #wDJkNCt.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/tb.php/362-2becc424
トラックバック
中国について
「髪菜」の中国語の発音は「財を成す」事を意味する中国語の「發財」の発音(f?c?i)と近い事から慶事の食財とされた。中華料理では乾燥品を水で戻し、蒸す、煮るなどして調理される。有名なものでは、干したカキ (貝)|牡蠣(??)と共に煮て、「財を成す良い市場」と語呂を
2007/08/09(木) 02:05:50 | 中国について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。