ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十三には長い商店街があって、それもまた魅力。
降りたのは西口だが、駅から近い順に十三フレンドリー商店街、J MALL、もといまロードと通じている。
それにしてもたこ焼きやさんとかの粉もののお店が多い。
ついついあちこちで食べてしまいたくなる。
それにしても不思議なのがたこせんという食べ物。
たこ焼きをえびせんに挟んだものなのだが、これがなかなか美味しいし奥深い。
同じような食べ物なのに、店によって味が違う。
たこ焼きの味にも左右されるし、それ以外にもなにか要因があるようだ。
今回はもといまロードの横にあるたこふくというお店のたこせんを。
たこふくのたこせん

たこふくのたこせん

ぱりぱりしたえびせんを食べつつ、たこがやってくるのを待つ。
やっとたこ焼きにありつくころには、えび船もだいぶ柔らかくなってしまうが仕方がない。
とはいえ、たこ焼きの柔らかさと、えびせんの香ばしさとのバランスはまだまだ生きている。
ソースとマヨネーズというのがこってりかつねっとりで、またジャンクな味わいだ。
こんなのをおやつに出来る関西人がうらやましい。
スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/tb.php/300-6cbc96af
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。