ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翌朝、だだっ広い部屋で快適な目覚め。
早速歩いて10分かからない場所に朝ご飯を食べに行く。
ジョホールバルへ行くバス停のそば、ブギスジャンクションからもすぐ近い、ロチョールセンターというショッピングセンターの中にあるパクテーのお店だ。
お店の名前は松發日夜市肉骨茶というらしい。

ブギスのパクテー

ここは友人お薦めのお店で、シンガポール情報の老舗であるシンガポール自由旅行専科にも載っている。
前にも探しに行ったのだが、見つけられなかった。
今度も中をうろうろしていたら見つかった。
ここにはシンガポールのスーパーチェーンである、フェアプライスがあるのでお土産を買うのも便利だ。

お店のおじさんもこのような店には珍しく愛想がいい(笑)
念願のバクテーと油条を注文する。だいたい5~6ドルくらいだ。
麺類が3ドルくらいなので、他のものに比べると若干高く感じる。
テーブルで待っていると、おじさんが持ってきてくれた。

ブギスのパクテー

スペアリブが丸ごと一本!
ボリューム満点!
ブギスのパクテー

別注文の油条もてんこ盛りだ。
ブギスのパクテー

ご飯もやはりてんこ盛り
朝からがっつりいきたい雰囲気だ。
まずはスープをすする。
熱々だ。
口の中でこってりとしただしが膨らむ。
胡椒のようなピリッとしたからさはスパイス由来のもののようだ。
にんにくがつぶのまま入っているので、つぶしてスープと混ぜながら食べる。
にんにくの風味がスープに広がって味に深みが増す。
肉の方も決して出し殻というわけではなく、肉のうまみはしっかりと残っていて肉として食べるのにもいい。
ブギスのパクテー

何か甘辛いたれをもらったのでそれをつけて食べるとなおうまし。
テンメンジャンみたいなものだろうか?
スープには油条を浸して食べ、その間にご飯も食べて、肉もかじってと大忙しだが美味しかった。
前もバクテーを食べたことがあったのだが、官報の味が強くてあまり美味しくなかった。
朝から大満足だ。
スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/tb.php/283-cc0aa39d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。