ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今度は豚まん対決。
このところの中華街は、江戸清のぶたまんみたいな大きいものではなく、小ぶりなものがはやっているみたいだ。
で、小ぶりなものの代表といえば、皇朝の豚まんらしい。
ここのお店、中華街に3軒もお店があって、しかも行列している。
それでも一番混んでいなさそうなお店を選んだのだが、それでも先客がいる。
ていうか、豚まんを単独で買うお客さんより、チルドや郵送でまとめ買いをするお客さんが多いみたいだ。
まあ私は堂々と、豚まん一つお買い上げしたのだが。
皇朝の豚まん

一口サイズだけあって、本当に小さい。
割ってみるとこんな感じ。

皇朝の豚まん

肉の量は結構多いようだが、皮と肉の間に空洞ができていたので、そんなに肉が多いといった感じがしなかった。
味は肉にしょうゆ味をつけているようで、ご飯が欲しくなる味だった。
神戸の老祥記もそうだけど、おいしい、並ぶ、というお店の味付けは醤油がキーワードかも。
醤油、やっぱり日本のソウルフードなのかも。
スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/tb.php/184-81a283fe
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。