ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかなか味のある上野松坂屋でランチをいただく。
前回は生ジュースを飲んだのだが、今回はランチを。
ここのお店のランチはいろいろありそう。
お好み食堂やファミリーレストランなど、デパートの伝統的な食堂もあるし、地下二階の食堂フロアには赤坂飯店もみはしも地鶏親子丼の店も明石焼きの店もある。
ただ今回はいつも気になっていた、うなぎのイートインを。
ウイークデーはどうしてもサラリーマン?で混んでいるので、休日ランチが狙い目かと思ってわざわざやってきた。
何せここのお店も、席が5席しかない。しかもカウンター。
北新宿のハムザと同じ
だが、今回はうなぎを食べている人がひとりしかいない。
早速座ってうな丼を頼む。
うな重は2100円でうなぎが2枚。うな丼は1050円でうなぎが1枚。
残念ながらプチ贅沢ランチなので、1050円のうな丼を。
うなぎやさんとは思えないほど若くてちょいイケメンのお兄さんがオーダーを取りに来る。
で、あっという間にうな丼がやってくる。当たり前だがさばいて焼くのは無理だなあ。
まあサラリーマンランチ的なお店では時間が勝負だし、これは助かる。
上野松坂屋の銀座鳴門でうな丼

うなぎは1枚だが、なんと肝吸いも付いていた。びっくり。
うなぎはふっくらしているし、たれも多め。
上野松坂屋の銀座鳴門でうな丼

ちなみにご飯もメンズ仕様なのか、薄い器の割にはしっかり入っている。うなぎとのバランスを考えると、ちょっと多いかなあ。
でもたれがおいしいので、たれご飯でも十分いける。

うなぎはふっくらな上、やわらかく口の中で溶ける。
うなぎの泥臭さなど全くなし。すごいうなぎだ~
漬物は奈良漬と細かく切った菜っ葉。
奈良漬も甘いのかと思いきやそんなに甘くないので、甘めのたれの口直しにぴったり。
野沢菜は上野松坂屋のお膝元、上野にある酒悦の商品らしい。
ご飯もうなぎも肝吸いも完食して満腹。
イートインは便利でおいしい。
でも斜め向かいにある赤坂飯店の中華弁当も、中華おかず3品選べて630円だったのでそれも気になる。
明石焼き屋もおいしそうだったし。
上野松坂屋、なかなか味のあるグルメがありそうだ。
スポンサーサイト
テーマ:和食 - ジャンル:グルメ
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/tb.php/110-a22ac53f
トラックバック
Edita.jpからメンバー登録へのご招待
〔こちら赤坂情報局(AKASAKA?News)〕の〔赤坂人間〕です。是非、〔こちら赤坂情報局(AKASAKA?News)〕にご参加頂けないしょうか。このトラックバックのタイトルをクリック頂くとご回答画面に移動します。是非一緒にサイトを盛り上げてください。
2006/10/03(火) 17:55:19 | 赤坂人間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。