ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すみません、ちょっとだけお休みをいただきます。
早めのGWか、遅めの春休みということでお願いします。
スポンサーサイト
たいやきの後はしょっぱいもので(笑)
すぐ隣にある成城石井による。

ここではミートパイを買う。
これ、成城石井の隠れた名物らしい。
そうかなあ?

とはいえこんな感じので。

成城石井のミートパイ

スパイシーなのがうれしい。
ミートパイってどうしてもアメリカのママが家の大きなオーブンで焼くイメージだったので、ちょっと違うけどまあいいか。

早速割ってみる。

成城石井のミートパイ

お肉たっぷり。なんか意外。

さらにこんな感じ。
成城石井のミートパイ

肉と玉ねぎと他何かという感じでおいしそう。
かじってみる。

あ、これはなかなか。
スパイシーなので肉の臭みがあまり気にならない。
でもやっぱりアメリカのママが焼くような素朴な感じもある。
すごく食べたいものではないかもしれないけど、あるとうれしい。

おいしいと評判の横浜くりこ庵のたい焼きを買う。
でも横浜のは混んでるので、本厚木のミロードで。
でも予想は外れてここも混んでいた(苦笑)

横浜くりこ庵のたい焼き

でも買ってくる。
ここのは確かにあんこたっぷりだ。
尻尾からあんこがあふれてる。

横浜くりこ庵のたい焼き

皮はサクッとしていて薄め。
皮!という存在感はあまりないような。
あんこが主役という感じのタイ焼きだ。
最近だとタイ焼きの皮がバター味っぽいとか特徴のあるのもあるけど、たいやきはやっぱりあんこだなあ。

並ぶ理由がわかる気がする。
地味な印象の相鉄線。
しかも急行がエリアって地味な印象があるようだ。
でもそんな沿線の駅前に刀削麺の店があるというので行ってみた。

場所は駅のそば、電車からも見える。
しかし電車から見える方は裏になってしまうみたいなので目立たない。
表側はこんな感じ。

さがみ野梅林園の刀削麺

通し営業なので遅いお昼なんかに便利。
もちろん宴会もやってるので早い時間からの宴会もOK。

上海料理のお店らしいのだが、お勧めは刀削麺だそうなので頼んでみる。

定番だと思う、バラ肉の刀削麺。


さがみ野梅林園の刀削麺

見た目も定番らしい感じで安心できる。
匂いだけだと台湾でよく食べる、牛肉麺という感じだ。
八角が効いているようなスパイシーなにおい。

さがみ野梅林園の刀削麺


バラ肉はよく煮込まれていてホロっと溶ける。
麺はむちむち系でこれがあっさりしたスープに合う。
ちなみにこのあっさりスープ、八角もきいていて中華風味満載のはずなのだが、どこか肉うどんのだしみたいな懐かしい味もする。
ちょっと不思議。

辛さはピリっとする程度なので辛いものが苦手でも安心して食べられるはず。
華隆のようながっちりした感じではないのだが、麺もスープも穏やかな感じなのでこれもまたありかと。
場所がもう少し便利だと(十分便利だといえば便利なのだが)毎週通いたい感じだ。

またまたブロンコビリーへ。
今度は定番らしい、ハンバーグランチを食べてみる。
がしかし、最初はこれでしょう(笑)
ブロンコビリーのハンバーグランチ

明らかに盛りすぎ、食べすぎ。
でもここのパスタサラダ、おいしいんだよなあ。
これを食べながらハンバーグを待つ。

とやってきたのがハンバーグ。
前回が和風ソースだったので、今回はデミで。

ブロンコビリーのハンバーグランチ

ブロンコビリーのハンバーグランチ

がんこハンバーグに比べて平べったい。

ブロンコビリーのハンバーグランチ

下に玉ねぎが敷いてあってこの玉ねぎもまたおいしい。
ハンバーグ自体は昔からあるような玉ねぎをいっぱい使った家庭的な味。
肉!って言うのが食べたい時はがんこハンバーグのが美味しいと思うけど、これもまた捨てがたい。

今回はサラダバーにあるデザートで攻める。

ブロンコビリーのハンバーグランチ

イチゴゼリーとコーヒーゼリーにクリームがけ。
このゼリーも弾力があっておいしかった。

ビタミンCも必要そうなので、果物も。

ブロンコビリーのハンバーグランチ


夕飯を食べない覚悟で、がっつりと。
最近ハマっているファミレス、ブロンコビリー。
関東にもあるらしいけど、2軒しかないみたい。
どうも愛知県発祥みたい。

ここはサラダバーが結構いいみたい。
しかも休日もランチをやっていてお得だそう。
ということで行ってみたのだが、確かにお得だった。

この日はがんこハンバーグをサラダバーが付くセットで。


ブロンコビリーのがんこハンバーグ

このハンバーグ、なんか肉っぽい。
つなぎがあまり入っていないのか、肉を食べているような味わいでこれははまる。
食感も肉っぽいのでハンバーグと肉の中間という感じか。

ハンバーグにはライスとスープがつく。
もちろんパンでもいいらしいけど、ご飯は大がまで炊くそうなので炊きたてが味わえる。
ブロンコビリーのがんこハンバーグ

スープはこんな感じ。

ブロンコビリーのがんこハンバーグ

あっさりの卵スープだが、これも意外にハンバーグに合う。

そして目玉のサラダバー。
別に盛りきりというわけではないのだが、お客さんを見てるとみんな山盛りにしてる。
ということでまねしてみた(笑)

ブロンコビリーのがんこハンバーグ

パスタサラダが2種類、そばのサラダもあって、生の野菜類も豊富。
もちろん野菜系のサラダも何種類かあった。
これはサラダバーが目玉という感じもする。
デザートの果物もゼリーもあって満足だが、今回は食べずに別のデザートを。

ブロンコビリーのがんこハンバーグ

シフォンケーキとアイスクリーム。
これも結構名物らしい。
確かにシフォンがふわふわで、こってりなのにあっさりのアイスクリームとの相性もいい。
でもおなかいっぱいになりすぎて夕飯を抜かなくてはいけないのがちょっとネック(笑)
食べ過ぎなきゃいいのにね。
新宿駅東口、JRの入り口の辺に新宿高野のジューススタンドができていた。
いつできたんだろう?

おいしそうだったざくろジュースを頼む。

新宿高野のざくろジュース

高野の容器入り。

新宿高野のざくろジュース

色が濃いなあ。

早速すすると酸味とわずかな苦みと口の中に広がる甘み。
おいしい。

ざくろのジュースって一時期話題になったのだがいつの間にか消えてしまった。
体にはいいのだが、ちょっとなじみが薄いのか。

果物屋さんのジュースだけあってやっぱり濃厚だった。
新宿駅東口が新宿高野のジュースなら、西口改札内はオアシスステーションがある。
ここは小田急に乗る前にサクッとジュースを飲むのに最適。
すぐ電車に乗れるし。

ここではラズベリーミックスだったかを注文。
ベリー系のジュースだ。

新宿駅オアシスステーションのラズベリージュース

こんな感じ。

新宿駅オアシスステーションのラズベリージュース

わかりにくいがベリーのつぶつぶがしっかり入っていていい感じ。
これも酸味が多い系の味だが飲みやすい。

こういう味って体にいいような気がする。
秋葉原といえばここという時代もあったじゃんがらラーメン。
今はいろいろなお店が増えたけど、昔は食べるところ少なかったなあと思いながら。
向かいの雁川に行くところだけど、今回はじゃんがらラーメンへ。

秋葉原のじゃんがらラーメン

いつも並んでるのに、タイミングが良くてすぐ座れた。

ノーマルなラーメンを頼む。

秋葉原のじゃんがらラーメン

こんな感じでとんこつでシンプル。
ここはトッピングが面白いのだが、ラーメンの味を味わいたいのであまりのせず。

秋葉原のじゃんがらラーメン

秋葉原のじゃんがらラーメン

麺は九州っぽい細めんで、替え玉で楽しめそうな感じ。

秋葉原のじゃんがらラーメン

チャーシューもとろとろ系でおいしそう。

サクッと一口。

やっぱり美味しい。
とんこつもこってりだけどすっきりしてる不思議な感じだし、ニンニクをほんの少し入れると味が膨らむ。
くせになりそうな味だ。

並ぶのも納得できる。
久しぶりに過橋米線でランチを。
ここのランチは種類が多いので迷ってしまう。
しかし、今回は前回お客さんが食べていたのを見ておいしそうだと思っていたIランチを。
このIランチ、卵と豚肉と野菜と炒めてあってなかなかのボリューム。

春巻のサービス。

過橋米線でIランチ

これは確か12時前か1時過ぎかのサービスで出してもらえたはず。
ランチ終了ぎりぎりに駆け込んだのでもらえたのかも?
ここの春巻、なかなかおいしい。

過橋米線でIランチ

ランチ登場。
ボリュームたっぷり。

まずはメインのたまごと肉と野菜炒め。
過橋米線でIランチ
卵、青菜、たけのこ、きくらげ、肉がたっぷり。
お味はちょっとしょっぱめのしょうゆ味でこれはご飯が進む。

過橋米線でIランチ

過橋米線でIランチ


ご飯はおかわり無料!
しなかったけど。

過橋米線でIランチ

卵スープもあっさりしておいしい。

過橋米線でIランチ

千切りザーサイで箸休めも。

そして野菜サラダもあり。
過橋米線でIランチ

最後はデザートも。

過橋米線でIランチ

これで確か750円だったかなあ。
かなりの大満足でおなかいっぱい。
夜もおいしいけど、ランチも種類豊富で迷うところ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。