ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

シンガポールのチャンギ空港のターミナル3には到着ラウンジがある。
ターミナル3のシンガポール側というか、入国した後にある場所なので、一回市内に出てしまっても出国せずに使うことができる。
しかもここ、ラウンジとしての機能だけじゃなくてなんと仮眠もできるらしい。
そして到着ラウンジと銘打っているけど、別に到着でなくとも使えるようだ。
ということで、今回早朝便で日本に戻るため、ここの仮眠室を使って夜明かしすることにした。

シャワーと仮眠3時間コースを選択。
これで大体4時間くらいなので、ちょうどチェックインの時間によさそう。
お値段は確か40Sドルに税金がかかったので日本円で2600円くらいだったような。

プラザプレミアムラウンジの仮眠室とシャワー

まずはシャワーを浴びる。

レインフォレストタイプというか、可動しないタイプ。
プラザプレミアムラウンジの仮眠室とシャワー

共同シャワーだが個室になっているので安心。
プラザプレミアムラウンジの仮眠室とシャワー

共同トイレの洗面台コーナーにはネスティのサーバーが。
ネスティのサーバー
ネスティのアイスレモンティと、レモネードとがあった。
紙コップが置いてあるのでコップで飲む。
水分補給にはぴったり。
アイスレモンティはたぶん粉末をといた系の味だが、甘さ控えめで酸味も少しあって飲みやすい。
紅茶の苦味も少しあるので、紅茶だという感じがする。

レモネードも甘さが控えめでビタミンCたっぷりという味。
これは他では見かけなかったけど、どこに行ったら飲めるんだろう?

シャワーを浴びれば仮眠室へ。
仮眠のブースは広い部屋に点在してる感じなのでまるで漫画喫茶の個室状態。
1部屋で7人しか寝れないそうで私が最後の7人目だった。ラッキー。

プラザプレミアムラウンジの仮眠室とシャワー

プラザプレミアムラウンジの仮眠室とシャワー
ベッドと簡単なテーブルがある。
ドアの下はあいている。
ここが漫画喫茶っぽい。

プラザプレミアムラウンジの仮眠室とシャワー
鍵がかかるので安心。

ここでひと眠りしてもう一回ネスティ飲んで出発。

ちなみにここはラウンジブースももちろんあって、それはプライオリティパスで使えるそうだ。
どうもスープとかサラダとかあった様子。
残念ながらそちらはつかってないのでレポートなしで。

スポンサーサイト