ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後はターミナル3なのだが、残念ながらここのキャンティーンは見つけられなかった。
どこかにあると思うのだが、手がかりもなかったのでこれは次回以降の課題ということにする。
その代りに地下にあるコピティアムへ。
ここはKOPIという名前で24時間営業しているが、コピティアムが経営しているホーカーだ。
空港の中にあるのでちょっとお値段の高めな気もするが、それでも他のお店よりは安い。
しかも24時間やっているのでどの時間帯に空港にいても便利。

今回は夜遅くに行ったのだが、行列のできる店がある。
なので一緒に並んでみた。
チャンギ空港ターミナル3 コピティアムのホッケンミー
ここのお店。
コピティアムのお店なのに屋号があるということはひょっとすると有名店なのかも。
お値段はちょっと高め。
チャンギ空港ターミナル3 コピティアムのホッケンミー
他にもキャロットケーキとか、チャー・クウェイ・ティェオが有名みたい。
見てるとどれも大量に頼んでいるお客さんが多い。
しかも店員さんが一人でやってるので時間がかかる。
行列の原因はこれか??
しかしおいしそうな匂いなので行列の後ろにつく。
キャロットケーキを焼くのを見学したり、チャー・クウェイ・ティェオを温めなおしているのを見つつ順番待ち。
そうするとようやく順番が来るのでホッケンミーを頼む。
やがてきたのがこれ。
チャンギ空港ターミナル3 コピティアムのホッケンミー
なんかこれも定番のホッケンミーだ。
汁もそこそこあってチリもたっぷり。
いり卵もしっかり入っている。
お値段が高めなのは海老が大きいからみたい。
えびは大きくなくてもいいんだけどなあ。
チャンギ空港ターミナル3 コピティアムのホッケンミー
麺は黄色い麺より白い麺のが多め。
両方が同じような太さなので食感が勝負というところか。
チャンギ空港ターミナル3 コピティアムのホッケンミー
この雰囲気はターミナル1のホッケンミーにも似ている。
チャンギ空港ターミナル3 コピティアムのホッケンミー
チリが混じったところの汁がなんとも言えないおいしい。
さてと、麺から。
麺はつるつるしこしこ系でのど越しがよい。
そしてだしもおいしい。
だしの利いた汁を絡めながらチリも混ぜていただくとこれは麺類だけどお酒が合いそうな味だ。
値段が高いなあと思っていたのだが、量も多めなので納得できる。
空港の食事ってあんまり…と思ってたのだが、ここの水準は高そうだ。
たしかに社員食堂でも高水準の空港なので当然といえば当然かも。
これ、ひょっとするとわざわざ食事するために空港に来てる人がいるのかもしれない。
ほとんどがテイクアウェイ(持ち帰り)してたし、みんながみんな中で働いてる人って雰囲気じゃなかったし。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。