ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の釜山。
日帰りで行ったりサクッと1泊したことはあったのだが、じっくり腰を据えて観光するのは初めて。
行きも帰りも船だが、行きはニューかめりあで帰りはビートルという行程で。
船酔いしつつもなんとか釜山港へ。
宿は港から歩ける距離にある東横イン釜山中央洞へ。
しかしここ、ビジネス街らしくちょっと軽食を食べるお店が少ない。ましてオフィスが休みの日曜なのでやってるお店すらない…
仕方なくうろうろして南浦洞の山側まで歩いてやっと見つけたキムパプ天国。
このお店、日本人客が多いのか、注文をするためのメニュー表にたどたどしい日本語で日本語メニューがかかれている。

釜山とはいえ寒いので、ここではやはり鍋を。
いつも食べないチャムチチゲ(ツナのチゲ)を注文する。
おばちゃんたちも一見シャイだが人懐っこい感じ。
いいなあ。
釜山南浦洞そばのキムパプ天国でチャムチチゲ
ややあってきたのがこれ。
キム天っぽい。
釜山南浦洞そばのキムパプ天国でチャムチチゲ
でもなんとチゲの中にトックが入っている。
トック大好き!
これはなんか嬉しいなあ。

釜山南浦洞そばのキムパプ天国でチャムチチゲ
ご飯もこんもり。
釜山南浦洞そばのキムパプ天国でチャムチチゲ
本日のおかずは白菜キムチ、たぶんキキョウの根、トラジのキムチ、ねぎと海苔の和え物、茎系の和え物(茎は山草っぽいけどなんだったんだろう。柔らかい蕗の様な感じ)
チゲはものすごく辛くはなかったけど結構辛め。
塩はそんなに強くないが、なぜか穏やかなのに辛い(笑)
ご飯が進む味だ。
キムチの辛酸っぱさとツナが合うのも改めて実感。
これはおいしかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。