ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釜山の食事を紹介する前に、福岡から羽田への道を
今回は朝早く空港に行き、プレミアムクラスへの変更をした。もちろんアップグレードクーポンを使用。
これがないとプレミアムクラスへは乗れない(笑)

時間帯が食事時ではなかったので、残念ながらデリで。
今回のデリはこんな感じ。
福岡発羽田行プレミアムクラスのデリ
サンドイッチは軽めながら野菜多めで意外にボリュームがある。
福岡発羽田行プレミアムクラスのデリ
かぼちゃ入りが珍しい。
福岡発羽田行プレミアムクラスのデリ
フルーツは特に名産を使っているというのではなさそう。
福岡発羽田行プレミアムクラスのデリ
ケーキ。
毎度ながらこのケーキはおいしい。
特にベリー系が美味しい気がする。
福岡発羽田行プレミアムクラスのデリ
ケーキは紅茶でいただいたが、この紅茶、サダハル・アオキらしい。
リンゴとキャラメルベースの味で、ストレートで飲んでほしいという商品らしくしっかりした味わい。
サダハル・アオキってちょっとどうなんだろう?と思ってたけどおいしかった。疑ってすまん。
ということで紅茶をお代わりして、クッキーもいただく。
福岡発羽田行プレミアムクラスのデリ
新しくなったらしい。
で、何とコマツナが入ってるそう。
福岡発羽田行プレミアムクラスのデリ
なんだか体に良さそうだ。

クッキーをいただきながらゆっくりしてると富士山が。
福岡発羽田行プレミアムクラスのデリ

福岡空港のラウンジも新しくなったらしいので、これが旧のラウンジになるらしい。
最初で最後になってしまったが、初体験。

コーヒーは1つ1つリキッドみたいなのを入れて使うタイプ
福岡空港signet(旧ラウンジ)
これはほかのラウンジでは見たことがなかったような。

福岡空港signet(旧ラウンジ)
焼酎があった。
麦と芋と2種類ある。
さすが九州。
福岡空港signet(旧ラウンジ)
でも私はこちらをいただく。
この博多通りもん、中のあんこが白餡なのにクリーミーで洋菓子の様。
ANAFESTAで買えるので旅の最後のお土産に。


ものすごく久し振りに福岡空港のカードラウンジへ。
改装でもしたのか前に行ったときとちょっと雰囲気が違う。
椅子もおしゃれなのになってたし。
福岡空港カードラウンジ
ここはソフトドリンクフリーか、ビール1本か選べるのでソフトドリンクをフリーで。
まずはアセロラ。
これってもう少し南に行くとアセロラがとれるから?
福岡空港カードラウンジ
冷たいので体が冷えたので温かい紅茶を。
福岡空港カードラウンジ
ここのラウンジでしばしまったりして過ごす。
ちなみに柿ピーなどのおつまみも少しあった。
福岡には揚げたて天ぷらを安く食べさせてくれる店があるらしいと聞いていたので行ってみた。
これと同じ形式のお店が厚木にあるのだが、微妙に場所が遠いので行ってなかったのだ。

お店は食券式。
そこでちょっと迷ってあなご定食にすることに。
天ぷらのひらおのあなご定食
定食の値段も安いが、単品も安い。
天ぷらのひらおのあなご定食
お惣菜屋さんより安いのもありそう。

店内へ。
カウンター席なので座るとすでに突き出し的なものが置いてある。
天ぷらのひらおのあなご定食
備え付けのお皿に盛る。
天ぷらのひらおのあなご定食
漬物、もやしのナムル風、高菜、そして名物のいかの塩辛。
この塩辛がゆず風味で塩加減も甘めでご飯が進む。
これだけでご飯が行けそうな気もするがじっと我慢する。
すべては揚げたての天ぷらのため。
天ぷらのひらおのあなご定食
ちなみにご飯は自動で盛る機械によってもられる(驚)
一応減らせるみたいだけど…つい食べてしまった。
味噌汁もどんぶりで。
天ぷらのひらおのあなご定食
最初の天ぷらはあなご。
天ぷらのひらおのあなご定食
バットの上に載せられるのでアツアツをはふはふ言いながら食べる。
天つゆもあるが、カレー、抹茶、胡麻の3種類の塩でも食べられる。
この塩もなかなか。
天ぷらのひらおのあなご定食
全体図。
天ぷらは随時揚がるので調整しつつ食べる。
お座敷天ぷらのようだ。
天ぷらのひらおのあなご定食
次はとり天と野菜
野菜は確かかぼちゃだった気が。
とり天は塩で。
3種の塩を順序よく食べてみるが、カレー塩が美味しかった。
とりのささみの天ぷらだからだろうなあ。
もちろん天つゆでもおいしかった。
天ぷらのひらおのあなご定食
茄子とピーマン。
これらは塩より天つゆで食べるのが合う。
それにしても揚げたての天ぷらをさっくりいただくのはおいしい。
お値段も確か670円とリーズナブルだった。
近所にほし~い
いきなり団子を買った交通センターの店でかしわおにぎりを買う。
いかにもお弁当屋さんのおにぎりという素朴な感じがして、コンビニおにぎりとはちょっと違う。
ここは2個入りが1パックだったのでそれをひとつ。
博多いもっこ屋のかしわおにぎり
おまけにたくあんがつく。
なんかやっぱりお弁当屋さんだなあという感じ。
ここのはご飯の醤油は薄めながらしっかりした味。
鶏が多めなのか食感が独特。
ごぼうの味も強い。
見た目より食べ応えがあった。

福岡で買った天然水は南アルプスじゃなくて阿蘇だった。
サントリー天然水阿蘇
南アルプスじゃなくてもいい水はあるね。
今回の旅行は福岡発釜山行きだったので、間に釜山での食事が入るのだが、ここは流れを無視して福岡での食事を。

地下鉄の呉服町というところのそばに、おかきやおせんべいで有名な播磨屋のショールームがある。
なんとそこでは播磨屋の取扱商品の一部を試食できるカフェがあるのだ。
なんだか東京にもあるらしいけど、ここのは道路に面していてガラス張りでとても明るい。
入ってみると、ちょっとした喫茶スペースがあり、そこでドリンクとおかきやおせんべいがいただけるようだ。
ドリンクは飲み放題で、おせんべい、おかきは1回盛りきりだそう。
播磨屋カフェでおやつ

お皿が置いてあるのでそのお皿に盛る。
おかきおせんべいは定番商品を置いてあるようでどれもものすごくおいしそう。
駄菓子屋にあるような瓶に入っていて、割れせんの様子。
早速盛る。
播磨屋カフェでおやつ
全種類食べたいと思ったので盛りすぎてしまった(汗)

播磨屋カフェでおやつ

右側でどんとしてるのがカレー味の華麗満月で、これがなかなかおいしかった。
豆が入ってるのがおかきもちで、他にも朝日揚げやはりま焼などの定番商品も。
ここでしか買えない詰め合わせなどもあったのでおすすめ。
ちなみにドリンクバーでは珍しい、ほうじ茶があったのでほうじ茶を飲みながらいただく。
このサービス、味が試せるので買って帰りたくなるなあ。
24時間営業の長浜屋のラーメンも驚いたのだが、24時間営業のうどん屋さんもあるそうだ。
これは便利そう。
なので行ってみた。
うどんのウエストで丸天うどん
九州がメインらしいけど、東京や千葉などにも出店してるそうだ。
知らなかった。
博多うどんと言えば星のうどんと同じなのだが、ここは座り食い。
でもお値段は同じような感じ。
確か390円だったような。
若干ウエストのが高いかなあ。
ということで、星のうどんはなかったと思った丸天うどんを頼む。
うどんのウエストで丸天うどん
さつま揚げを丸のままいただいたが、切り分けもしてくれるそうだ。
これに入れ放題のネギ、揚げ玉を入れる。
うどんのウエストで丸天うどん
うどんのウエストで丸天うどん
なんだかゴージャス。
早速すする。
出し、うまーい。
うす味なんだけど、なんかしっくりくる味。
麺は星ののような手打ちではなさそうだけど、モチモチ系。
いえばゆず胡椒を出してくれるということなので、ゆず胡椒をもらう。
うどんのウエストで丸天うどん
ゆず胡椒を入れるとまた味が変わっておいしい。
でも無理に入れなくてもいいかなあと思う…難しいなあ。
雪が降りそうに寒い日だったので、この暖かさがよかった。
博多うどん、ぜひほかの店でも食べてみたい。
九州の隠れた名物のいきなり団子。
地下鉄の福岡空港駅から空港に行く途中にも売ってるけど、博多駅の前の福岡交通センターでも、天神の駅の構内でも売っていた。
気になったので交通センターで購入。
もちっとしていておいしそう。

博多いもっこ屋のいきなり団子
封を開ける。
博多いもっこ屋のいきなり団子
むちむちしている。
割ってみる。
博多いもっこ屋のいきなり団子
外側のお餅の内側にはまず芋、そしてあんこ。
三段構造だ。
食べてみるとこの三層が一緒になってなかなかの味わい。
芋もあんこも甘さがそんなに強くないので食べやすい。
お餅も小麦粉のお餅なのかちょっと食感が面白い。
すいとんの食感に近いかなあ。
ここはいつもアツアツを売っているのでアツアツを食べるのがよさそう。
でも冷凍保存もできるみたい。迷うところだ。

今回の宿泊、1泊目はホテルエトスイン博多。
博多駅のそばでバスターミナルからも近いが、周囲の朝ははちょっとさみしげ。
夜はご飯屋さんもあいていて結構にぎやかだったのになあ。
なので朝食付きプランでラッキーだった。

朝食はパンがベース。
各種の値段高騰で内容に若干変更があると聞いていたが、それでもこんな感じ。

エトスイン博多の朝食
クロワッサンとロールパン、パスタサラダとオムレツ。
ドリンク類は飲み放題。
エトスイン博多の朝食
軽めだけど朝だし。
ロビーで食べるのだが、日が当たって結構いい感じ。
ひとりで食べる人も多かったので気も楽。
クロワッサンが小ぶりながらバターがしっかりして美味しかった。
ホテルの朝食、パスしてしまうことが多いのだがたまにはのんびり食べるのもいいかも。
博多といえばここというくらい有名なラーメン屋さん。
無敵の24時間営業のラーメン屋さんなのだが、年末年始は休みらしい。
ということで早めに行ってみる。
長浜屋でラーメン


夜なのでやはり満席で外で待つことに。
食券を買ってしばし待つ。
やがて合い席でラーメンをいただくことになるが、回転が速いのでそんなに待たされた感じがない。
ラーメンも割にすぐ来る。
長浜屋でラーメン
麺がかなり細い。
これが待ち時間短縮のゆえんか。
長浜屋でラーメン
さっそくすする。
あ、なんだかあっさり。
でもコクがある。
不思議だ。
釜山で食べるテジクッパにも似てるけど、もっとあっさりしているというか、豚骨っぽくない。
途中でやかんに入った醤油のようなものをさす。ラーメンのたれだろうか?
味が変わって濃くなる。
この味なかなかいい。
おいしい。
これは並んでも食べる人がいるのも納得の味。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。