ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始発便で東京へ。
キャンセル待ちをしたプレミアムクラスに搭乗できることに。
できないと思っていたのでがっつり朝食をとってしまったのだが、ここでも朝食メニューがいただける。
さてどうしよう(嬉)
嬉しい悲鳴を上げながらご飯。
那覇ー羽田プレミアムクラスの機内食
ここのお弁当はハーバービューホテル製。
神戸便と同じように地元の業者が作るのね。
開けてみる。
那覇ー羽田プレミアムクラスの機内食
なんだかカラフル。
パンの色が目立つ。
那覇ー羽田プレミアムクラスの機内食
黄色いパンはうこんだそう。納得。
軽いサンドイッチなので主食とはいえぺろりと食べてしまう。
挟んであるのは豚の塩漬け、スーチカらしい。
あまりしょっぱくなくてパンに合うように作っているみたい。
那覇ー羽田プレミアムクラスの機内食
サラダのベーコン風もスーチカらしい。
那覇ー羽田プレミアムクラスの機内食
スモークサーモンはおつまみに。
チーズケーキは小さいけど濃厚な味。
那覇ー羽田プレミアムクラスの機内食
デザートのフルーツはあまり南国っぽくなかったのが残念。
那覇ー羽田プレミアムクラスの機内食
最後に温かいお茶をいただいて終了。
さすがに帰りはお酒は頂かず。
沖縄また行きたい。今度はエコノミーでもいいのでもう一回行きたいなあ。
スポンサーサイト
A&Wで食べたのにもかかわらず、ちょっとご飯が食べたくなる。
せっかくなので最後まで郷土食をいただく。

空港内のファミマで油味噌のおにぎりを買う。
この油味噌おにぎり、あちこちで売っているのだが、基準の味がよくわからないのでひとまず標準的だと思われるコンビニのおにぎりで試してみることに。
ファミマの油味噌おにぎり
もちろん温めてもらう。
温かいうちにパクリと。
ファミマの油味噌おにぎり
とその前に割ってみる。
あ、お酒の香り。泡盛?日本酒?どっちも入ってるような強いにおい。
これってお酒で煮詰めてるの?みりんじゃないんだ。
まず一口。
やっぱりお酒のにおいというか、酒粕の香りだ。
味はちょっと甘めでくせになりそう。
でもお酒の匂いが強いなあ。
実はわさびの酒かす漬けとか、奈良づけとか酔うので苦手なのだが、それに近い。
美味しいけどちょっとだけ辛い。

おにぎりはsignetでいただいたのだが、その時に一緒に飲んだのがシークワーサージュース。
signetのシークワーサージュース
ここのは甘いけどすっきりした味で結構好き。
これでもう沖縄とはお別れ、寂しい。
農連市場のモーニングステーション、いってみたら別の店になっていた。
店名変更したのか?閉店したのだろうか?
農連市場で朝食と思ったのだが残念。
気を取り直してA&Wで持ち帰り。
せっかくなのでボリュームのあるビッガーバーガーを。
A&Wのビッガーバーガー
このデザインが古き良きアメリカっぽい。
A&Wのビッガーバーガー
大きさとしたらたぶんバーガーキングのが大きいと思うけど、ここのは厚みがある。
A&Wのビッガーバーガー
パティも心なしか厚めで、玉ねぎなんて生のまま。これがアメリカーだなあ。
A&Wのビッガーバーガー
レタスなんて入ってるし、生トマトもおいしそう。
ピクルス、某ハンバーガーチェーンのはあまり好きではないのだが、ここのは入ってないと物足りない。
特別美味しいわけではないんだけど(笑)
ということでかぶりつく。
おお、やっぱり肉ががっちりとハートをつかむ。6分の1オンスって100グラムぐらい?
これだとハンバーガーを食べたという感じがする。
マヨネーズっぽいドレッシングがこってりしているのに食べやすいのはすっかりアメリカナイズされてしまっているから(笑)
やっぱり沖縄に来たらこれを食べなくては。

今回のチケットは特典航空券のため、朝一番で東京に戻るチケットしか取れなかった。
いつもなら商店街のマミヤかまぼこでかまぼこを買って帰るのだが、今回はそれもできない。
ならば朝からやっている農連市場でかまぼこを買おうと思い立ち、早朝の農連市場へ。
ここのピークは朝なのでもちろん活気がある。
農連市場
すぐそばは高層マンションなのに、こんなローカルな市場が。
農連市場
農連市場
まずは市場の入り口付近にあるジランバ屋で平天を買う。
ジランバ屋は公設市場の近所にもあるけど、ここも同じお店だろうか?
ジランバ屋の平天
定番ながらおいしい。
ここではちぎり揚げがなかったので、ちぎり揚げを買いに別のお店へ。
ヨナミネかまぼこと書いてあるお店が美味しそう。
ヨナミネかまぼこのちぎり揚げ
こんな感じでプルンプルンしてる。
アップはこれ
ヨナミネかまぼこのちぎり揚げ
ここのかまぼこ、予想以上においしかった。
むちむちしてるのに味わいがあって、かみごたえもある。
噛めば噛むほどうまみが出てくるような味。
今度早起きできたらここでかまぼこを買って帰ろう。うまい。
街歩きをしていて見かけた怪しい自販機たち。
まずは牧志の街角で
那覇で見かけた怪しい自販機
ワンコイン自販機のはずなのに時価。
鮨屋じゃないのに時価。
しかも売り切れ(笑)
ついでに突っ込むなら、ライフガードの80円はワンコインじゃないと思う。

農連市場の前で発見。
那覇で見かけた怪しい自販機
見かけからしておかしい。
さらに近づいてみる。
那覇で見かけた怪しい自販機
甘いものいろいろ出ます…だそう。
しかもノートの切れ端みたいなので巻いてあるようで罫が出ているのもある。
またもや売り切れも。
那覇で見かけた怪しい自販機
お茶いろいろ出ます…今度は方眼紙に書いてあるみたい。
孫のノートの切れ端か?
那覇で見かけた怪しい自販機
甘いもの率高し。
これもまた方眼紙で。
買ってみようと思ったのだが、甘いものがどんなのだかわからなかったので、無難に別のものを。
UCCレモンティ
これも甘いものだった^^;
沖縄のお土産に、沖縄でしか売っていないカップめんを。
マルちゃんの沖縄そばは一応沖縄限定商品だそうだが、物産展などでは必ず見かける。
沖縄限定ではない沖縄そばも出しているみたいだし。
でも小さい方はなかなか見かけないので今回はこれを買う。
マルちゃんの沖縄そばミニカップ
ミニカップなのでちょっと小腹がすいたときにも便利そうだし、お昼のお供にもなりそう。
早速作る。
マルちゃんの沖縄そばミニカップ
麺は沖縄のそばっぽいとも言えるし、赤いきつねの麺っぽいとも言える。
こういう細めの平打ち麺ってカップめんに合う素材なのかも。
戻りやすいとか伸びにくいとかいろいろありそう。
すすってみると、だしがインチキくさいけど沖縄っぽい。
カツオもきいているけど、和風とも違って不思議な味。
あっさりしていてくせになりそう。
沖縄で買った飲み物一覧。
沖縄ならではのものも多いし、ここでしか買えないものもある。
まずは本土でも一時期ブームになったルイボスティ。
ルイボスティ
こういうのも単位がガロンなのね。中途半端な473ml入り。
沖縄ボトラーズのクリームソーダ。
結構おいしいので気に入っているけど、0カロリーが出たのでますますお気に入りに。
沖縄ボトラーズのクリームソーダ0カロリー
これはスーパーかねひでで買ったオリジナル商品のうこん茶。
スーパーかねひで、なぜか飲み物が安い。
ハイサイうこん茶
これで肝臓も安心?
四季柑ドリンク。
これはおいしかった。
四季柑ドリンク
四季柑って シークヮーサーのこと?
これは酸味が少なくて癖も少なく飲みやすかった。
沖縄ドリンク、行くたびにいろいろ増えていて面白い。
波布食堂でおなかいっぱいになったので、散歩をしておなかをこなす。
せっかく沖縄に来たからにはいろいろ食べたいし。
ということで、港から街へ。
あ、てびちで有名な嶺吉食堂、休業中らしい。
嶺吉食堂、休業中
嶺吉食堂、休業中
今度来た時にはやってるといいなあ。
街まで戻ってもやはりおなかがすかない。
当然の結果かも。

まだ時間があるので、ゆいレールで首里へ。
首里からは無料のシャトルバスでジャスコ南風原店へ。
この無料バスとても便利。
平日の夕方だったので高校生がいっぱいのってきてスクールバス状態(笑)
ここでまたもやお土産などを買い、お店を冷やかす。
そして最後になかなか食べるチャンスがない富士家のぜんざいをいただく。
ここのお店に夏の間だけ屋台みたいなサテライトショップが出るそうだ。
基本は持ち帰りだそうだが、すぐそばにあるベンチでいただく。
小さいサイズがあったのでそれにする。
ぜんざいの富士家のぜんざい
沖縄の氷あずきは小豆じゃなくて金時豆だ。
しかもぜんざいなのに氷入り。
この氷がスキッとしていて口の中でしゅわーっと溶けて美味なのだ。
ぜんざいの富士家のぜんざい
シロップは黒砂糖ベースであっさりしていておいしい。
不思議なのは白玉入りがデフォなこと。
しっかり炊かれた金時豆のホクホク感に、つるんとした白玉合うなあ。
ミルクを入れることもできるそうだが、これで十分おいしい気がする。
おなかいっぱいのはずなのにすんなり食べてしまった。
今度はお店で別のものと一緒に食べてみたい。

那覇といえばここというくらい有名なお店、波布食堂。
ここは大盛りで有名な食堂で、しかもおいしいらしい。
日曜が休みなのでなかなかいくチャンスがなかったが、今回は平日の訪問。
サクッといってみることに。
港のそばにあるのでロケーションは抜群。
波布食堂で焼きそば

すいていそうな時間帯をみて入ったのだが、それでも結構お客さんが入っている。
いろいろなメニューがあるので迷ってしまったが、焼きそばを選択。
ほかのもゴーヤを丸ごと1本使った(小さめのだと2本使ってた!)ゴーヤチャンプル定食とか、山盛野菜が乗った沖縄そばなどいろいろあってびっくりする。
焼きそばはどんな感じだろうか。やはり大盛り?
波布食堂で焼きそば
予想通りの大盛り。
箸が小さく見えるぞー。
スープもたっぷり盛ってあるし、麺なんて山になっている。
波布食堂で焼きそば
そしてスープの具は驚きの出し巻き卵。
出し巻きを刻んだのが2枚入っているだけでかなりのボリュームだと思う。
波布食堂で焼きそば
問題の麺はこれ。
この盛り具合は何だ(笑)
ジャポネのスパゲティもびっくりの盛り具合。しかも野菜も肉も多い。
麺自体も太いのよ~
波布食堂で焼きそば
これだけのものなので味もお味かと思いきや、おいしい。
味付けもちょっと濃い目でしっかりしているし、野菜の炒め具合もいい。
味としてはおふくろの味系でレストランで食べる味ではないけれど、これはリピーターが多いだろうなあと思わせる味だった。
もちろん残念ながら完食ならず。
持ち帰るという選択もあったのだが、持って帰るほどは残ってない状況(どんだけ食べたんだ)だったので申し訳ないが残すことに。
それにしてもこの食堂、おいしくて大盛りなのは感心してしまう。
那覇に行く際はぜひ。

沖縄の隠れた名物おやつ、塩せんべい。
このまま食べるととても美味しいのだが、本場ではチョコをかけるそうだ。
なので、チョコクリーム入りで売っている商品もあるのだ。
今回はそれを買ってみる。
塩せんべいチョコがけ
チョコクリームじゃなくてチョコジャムなんだ~
ジャムかあ…
塩せんべいチョコがけ
ジャムはこんな感じで入っている。
給食のジャムっぽいなあ。
早速塗る。
塩せんべいチョコがけ
こんな感じいかが?
ということで一口。
塩せんべいの塩けと、チョコの味がなかなかいい。
このチョコの味が純粋なチョコじゃなくて、偽物っぽい味なのでそこが合うのかも。
これは駄菓子屋の贅沢メニューみたいで面白いかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。