ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すごいひさしぶりにKIKUYAへ。
今度はスリランカカレーのお店になってる(驚)
ここではやはりスリランカカレーを食べなくてはいけない。
でもパスタグラタンも食べたいしなあ…
バターマサラなんてあったんだあ。
などとメニューを前にしばし悩む。
が、ここで決定。
チキンをスリランカカレーでいただく。

サラダがポテサラではなくなったと聞いていたが、確かにキャベツのサラダになっていた。
ドレッシングは同じだったので、和風ドレッシングをかけていただく。
KIKUYAのスリランカカレーチキン
これもとても美味しいのだが、ポテサラファンとしては悲しい。
サラダをつまんでいるとご飯とスープがやってくる。
KIKUYAのスリランカカレーチキン
これは相変わらずなのでほっとする。
そしてチキンカレー。
KIKUYAのスリランカカレーチキン
グラタン皿でぐつぐつ煮えてる。
卵のようすもいい感じ。
そういえばここでチキンって初めて頼んだような。
KIKUYAのスリランカカレーチキン
相変わらず野菜がたっぷりで体に良さそう。
ここで食べる芽キャベツおいしいなあ。
普段あまり食べるもんでもないし。
KIKUYAのスリランカカレーチキン
カレーに香菜って合うなあ。
不思議。
KIKUYAのスリランカカレーチキン
スリランカカレーはさすが、さまざまなスパイスが絶妙な配合になっている。
でもやっぱり洋食屋さんらしいところも残っているというか、ちょっと洗練されてるような気もする。
野菜の甘みも出て、辛いのにコクがあってご飯が進む。
食べ続けると体に内側から熱くなっていくような感覚がまたすごい。
おいしい。

食べることばっかり考えてしませいか、ここでの写真はどうもうまく撮れない。
このおいしさは写真では伝わらない…ということにしておこう(汗)
スポンサーサイト
旅に出ますので、コメントが遅くなります。
よろしくお願いします。
横浜駅周辺でのお弁当探し。
今回は東口で弁当探しを。
それにしてもワンコイン弁当って少ないなあ。
やっとみつけたのはこれ…525円だったと思うけど、もしかすると違ったのかも??
たごさくの525円弁当
おこわで有名なたごさくのおこわが3種類入った弁当。
さすが、おこわはもちもちでふっくら。
種類は多少選べたような気がするが、これぞ定番というものが多い様子。
枝豆入りなのは夏だからかも。
量が少なめなのは、おこわがおなかにたまるからなのかも。
それにしても、そごうのお弁当、種類は多いけどちょっと高いなあ(笑)
いつも混んでるし。
家のプランター菜園の収穫物。
安売りのトマトの苗を買ったら、なんと黄色いトマトだった。
ししとうと甘長唐辛子も順調に成長した。
夏野菜カレー
これでカレーを作るぞ~
ししとう、唐辛子、いただきもののモロッコいんげんを先に炒める。ここで塩コショウをしておくと味が引き締まる。
カレーパウダーを加えてサクッといためる。
トマトを加えてさらに少し炒める。
そのあと様子を見ながらコンソメスープ(市販品で十分)を加える。
これだけだとさらっとしているので、好みで水溶き片栗粉を加えるとどろっとするが私は苦手。
さらっとしたまま味を見てカレーパウダーを適宜に加える。
1回沸騰させて出来上がり。
夏野菜カレー

ちょっと物足りなかったので、目玉焼きをプラス。
夏野菜カレー
出来上がり。
カレーはスープカレーっぽいので、ご飯と混ぜながら食べるとおいしい。
黄身をカレーに混ぜればマイルドになるので、辛さが気になっても大丈夫。
そして目玉焼きを合わせても15分以内でできるのでまたこれも便利。
カレーに使ったコンソメスープを多めに作って、付け合わせにでも。
山の続き。
夏休みなので当然山は混んでいて、下山するのも大変(車だけど)
ということで、山中湖の裏側になる場所を経由することに。
で、通称ファナック通りを経由する。
で、通称ファナック通りにあるラーメン屋さんへ
支那そば 菊丸というらしいが、まず目立つのは、社長が長者番付にものったダイエットの商品の宣伝。
ラーメンの後にはダイエット(笑)

ここの名物は支那そばらしいけど、日替わりランチも白板に書いてあった。
確か生姜焼きだったかなあ。
でもここではやはりラーメンを抑えないと。
ということで、支那そばに半チャーハンのつくセットを頼んで餃子も追加。
むむ、これはCRG?
餃子の画像は取り忘れたのだが、小ぶりで手作り風。
山中湖菊丸の半ちゃんラーメン
ゆで卵は半熟の味玉。ちょっとニンニク醤油っぽいたれにつけてあった様子。
ラーメンは支那そばというだけあって、昔ながらのしょうゆ味で麺は細い縮れ麺。
チャーハンもこれまた懐かしい味。
そしてこの漬物。
これ、私が鍋いっぱい作るきゅうりの漬物と同じ!
ちょっと酸味がある味だったので、たぶん私が最初に教わった、醤油、砂糖、酢と全部が1の割合で作るのと同じだと思う。
ラーメンのスープには酢っぱいものがあうようだ。
画面の端にちょっと移っているのがヤクルト。
デザートなのか(笑)
おいしくいただいたが、このあと山中湖出身の人に話を聞いたら、このあたりだとヤクルトサービスはポピュラーなものらしい。
名古屋のモーニングみたいなものなのか?
山に行くことに。
山の途中にある、ドライブインもちやで、富士宮焼きそばをいただく。
さすが夏休みだけあって混んでるなあ。
セルフサービスの食堂なので食券を買う。
面白いメニューがあった。
そうめんだって(笑)
何しろテーブルで流しソーメン出来るもん。


ドライブインもちやのやきそば

でも流しソーメンはせずに、焼きそば。
ドライブインもちやのやきそば
たぶん鉄板で炒めているので、かりっとした感じ。
ドライブインもちやのやきそば
麺は太麺でもっちり独特の雰囲気。
何しろ一回蒸した後に油でしめているそうだ。
道理でパスタっぽいというか。
同じく名物の肉かすは確認できなかったが、独特のモツっぽい匂いがあったのでたぶん入っていたんじゃないかと。
もちもちでおなかにたまる(笑)
ソースも塩味が独特というか、普通のソース焼きそばとは若干違う。
でも富士宮焼きそばとしては個性が弱目かなあ。
観光客が多いので多少加減しているのかも。

お土産にこれもまた名物草大福を買う。
ドライブインもちやのやきそば
餅がやわらかくて、あんこが塩味というか、塩味スイーツみたいな甘辛い味で面白い。
これって塩味スイーツの元祖なんじゃないの?
たまには甘いランチパックを。
カスタード味。
カスタードとクリームパンのクリームってどう違うんだろう?
と思いつつ食す。
ランチパックカスタード
ランチパックカスタード
なんか黄色っぽい。
味は卵風味の強いクリームというか、甘めのクリーム。
カスタードというか、普通のクリームというか。
デザートタイプのパンだなあ。
おやつにはいいけど、お昼にはちょっと。
ランチパック、また珍しいのがあったので買ってしまった。
最近はCMも目にするし、ランチパックブームが来るのも近い?
今回はボローニャソーセージを。
なんとこれはソーセージだけではなく、卵サンドも一緒に入ってる。
2度美味しい。
ランチパックボローニャソーセージ
ランチパックボローニャソーセージ
ソーセージと卵が2層になっていて安心して両方の味を楽しめる。
ソーセージの味はそんなに癖がなくてハムっぽい。
タマゴフィリングはヤマザキっぽい定番の味。
これは久しぶりのヒットのような気がする。
羊肉で満足したけどやっぱりまだまだ行けそう。
なので、お店お勧めの豆腐料理にチャレンジ。
こういうのは一人で食べられないので同行者がいると助かる。

過橋米線でディナー
老江湖豆腐というらしい。
豆腐の中に詰め物がしてあって、ちょっと辛いソースであんかけ状にしてある。
過橋米線でディナー
過橋米線でディナー
過橋米線でディナー
唐辛子と一緒に煮てあるけどそんなには辛くない。
豆腐の中の詰めものはあっさりしていてちょっとニンニクが効いているような。
食感も面白いし味もおいしいし、名物料理になりそうな気配。

次はジャガイモの山椒焼き
過橋米線でディナー
過橋米線でディナー
見た目は中華街の梅蘭焼きそばみたいだけど、味はジャガイモでしかもホクホクサクサク。
山椒塩が食欲を沸かせる。
これはプロの技だなあ。
冷たいビールがほしくなる。

〆はやはり過橋米線
同行者たちは食べたことがないので興味深々の様。
過橋米線でディナー
麺と具を同時に入れて火を通す。
過橋米線でディナー
小分けにして食す。
この濃厚なのにあっさりしたスープが〆に合う。
過橋米線でディナー
添えてある辛みの素を加えて食べるとまたうまし。
この辛味がたまらない。
値段も手ごろだし、コースにすればボリュミーだし、ランチもいいけどディナーもお勧め。
またまた過橋米線。いつもランチタイムなので同行者を募ってディナーへ。
まずは突き出し。
ランチには突き出しがないので面白い。
過橋米線でディナー
厚揚げの麻婆豆腐というか、辛い厚揚げ。
この辛さは癖になる辛さだ。
味噌でも入っているのか、まろやかなのに辛い。
お酒が進みそうだ…でも私はジャスミン茶。
過橋米線でディナー
298円のおつまみから。
まずは太刀魚の山椒揚げ。
太刀魚、骨が多くて身が少ないがカリッと揚がっていておいしい。
山椒がスパイシー。
過橋米線でディナー
次はレンコンの生姜味。
甘酢レンコンに生姜を足したような味で残念ながらちょっと。
箸休めにはぴったりだけど、この店の味じゃないかも。
過橋米線でディナー
蒸し鶏。
定番ながら皮のゼラチン質はプルプル、中の身はしっとりとなかなかの美味しさ。
かかっているたれもおいしい。
シンガポールのチキンライスを思い出す。
メニューにはなかったが、コースの中にある羊肉の炒め物ができるかどうか聞いたらできるとのこと。
頼んでみる。
過橋米線でディナー
過橋米線でディナー
羊も癖がなく、匂いもほとんど気にならない。
スパイスの効果かも。
羊もおいしいのだが一緒に炒めたネギがまたおいしい。
これは白ご飯に載せて食べたかった。

後半に続く~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。