ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中華街でランチ。
今回もまたまた大珍楼ぼうぼう好にて。
普通に頼むと食べ放題メニューになってしまうので、赤いメニューを持ってきてもらうように頼む。
ランチタイムも壁メニューは健在。

同行者があったので、同行者は五目やきそばを、私は干し魚のチャーハンを注文。
スープは壁メニューの烏骨鶏の漢方スープを。
それからちょっとつまむのに、食べ放題メニューの中にもある、蟹卵乗せ焼売を頼む。
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
こうやってここでこういう点心ってあまり頼まないから不思議。
スペアリブとか鶏足とかチャーシューとかばかり頼んでいるような気がする。

干し魚のチャーハン
なぜか大盛り(笑)
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
そういえばチャーハンもあんまり食べなかったなあなどと。
干し魚の独特の香りと油の香りがいい感じ。
さすが大珍!
同行者の五目やきそば
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
初めて食べた~
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
麺はきっちり焼いてあって、具においしいチャーシューが入っている。
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
ちょっと脂っこいけど、炒め具合が大珍っぽい。
ただ麺が普通なので、同じ麺類でもイーフー麺とか河粉とかのが感動する。

最後は烏骨鶏の漢方スープ
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
例湯に比べて量が少ないので、小鍋でやってくる。
烏骨鶏の漢方スープ
烏骨鶏の漢方スープ
しっかり烏骨鶏入り。
具を入れたまま出すのが最近の大珍風なのか?
取り分ける。
大珍楼ぼうぼう好で壁ランチ
ちょっと苦めの漢方と烏骨鶏の味がとてもいい。
例湯とは違って鶏のみなのでまたこれもおいしい。
これこそ壁メニューの極み。
たっぷり2人前あって600円だった。

今回のランチ、2人で3000円くらいだったので一人当たり1500円くらい。
麺をイーフー麺や河麺に変えて、焼売をスペアリブやチャーシューロールに変えても同じくらいの値段なのでランチ宴会してもよさそう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。