ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焼き小籠包の店の向かいにあるのが、昔からある大判焼きやさん。
ここ、大判焼きやさんなのに、クレープやさん並の豊富な具でおなじみ。
大判焼きの中にポテトサラダが入っちゃったり、限定商品があったりとなかなか面白い。
昔からそうだったけど、最近もっと増えているみたいだ。
今回は夏季限定の冷やし大判焼きを買うことに。
町田の大判焼

町田の大判焼

冷やしチョコバナナ。
チョコバナナは夏祭りの定番なのでこれもありだけど。

チョコクリームはたっぷり甘くて、量も多い。
バナナはなんと生。
バナナを長めの輪切りにしてクリームの間に忍ばせている。
これは温かいとバナナが溶けて変な感じになりそうだけど、冷たいのでデザート感覚でいただける。
絶対C級グルメだろうなあと思ったのだが、美味しかった。
そういえば大判焼きの中にハムとかマヨネーズが入ってたのも美味しかったしなあ。
意外にはずれなしなのかも。
町田は今、ラーメン激戦区らしい。
確かに生煎包を食べた店の横のラーメン屋は、2時すぎなのに人並んでたし、他にもラーメン屋が何軒も目に付く。
二郎ならぬ偽郎を出しているという、ぎょうてん屋も並んでたし、確かにラーメン屋激戦区といえばそうかも。
残念ながら時間がなかったので、並んでない七志へ。
ここはチェーンなので確か上野で見かけたような気がするけど、入ったのは初めて。
席数も多いので、お客さんが多いけどすぐ座れる。
七志のとんこつラーメン

面白いお茶があるので飲みつつ待つ。
七志のとんこつラーメン

にんにくクラッシャーもはやっているみたいだ。

ここのラーメンは醤油とんこつの様子。
ノーマルのラーメンを注文し、少しだけにんにくを入れる。
七志のとんこつラーメン

七志のとんこつラーメン

とんこつに海苔、ちょっと苦手^^;
しかしながら、醤油とんこつのスープは、上品過ぎる二郎という感じでなかなかよい。
二郎は苦手だけど、しっかりした醤油とんこつを食べたいという人には合いそう。
具が茎わかめというのが食感が変わっていてこれも女性受けしそう。
麺は同じような太麺の二郎標準で考えると少なめだが、普通の量だと思う。
店もこぎれいでカウンター席も多いので、女子の一人ラーメンにもってこいかなあ。
学生時代、よく足を運んでいた町田。
卒業してからもしばしば行っていたのだが、最近ご無沙汰。
その町田の商店街に、焼き小籠包のお店が出来たと聞いていってみたいと思っていたが、なかなかチャンスがなくいけなかった。
やっと町田に用ができたので行けることになった。
・・・でもその前に本場で焼き小籠包食べちゃってるんだよなあ。

町田、小煎饅頭屋の焼小煎


すごい行列とか、人数がそろわないと焼かないとか聞いていたけど、焼き置きしてあったし、何しろお客さんが立ち食いしてる人1組のみ。
雨が降っていたから客足が鈍かったのか?
その場で立ち食いする。
町田、小陽小煎饅頭屋の焼生煎包

焦げ目はこんな感じで本場そのもの。
このカリカリ感たまらん。
町田、小陽小煎饅頭屋の焼生煎包

破けた部分から肉汁が~
町田、小陽小煎饅頭屋の焼生煎包

中の肉と皮の間に肉汁がたっぷり。
肉汁をれんげにだして、黒酢をちょこっとかけて飲むっていうか、吸う。
うますぎ。
皮は本場のほうが火力が強かったのかカリカリ感がかなり強かったが、ここのはカリふわって感じ。
皮が厚めなのかも。
ちょっとこってりした味を黒酢が引き締めて、もう1つもう1つと食べたくなる。
熱々をその場で食べるのが一番美味しいと思うけど、お持ち帰りも多かった。
お店の人にいつ食べるか聞かれて、いつ食べるかを言うと、食べ方を教えてくれる。
オーブントースターで30秒温めるとか言ってたかなあ。

お値段はもちろん上海より高いけど、町田で本場の味を楽しめるのは嬉しい。
それにしてもどうして町田なんだろう?
町田、小陽小煎饅頭屋の焼生煎包
ランチパックシリーズでは珍しく、全粒粉のパンを使っている。
根菜入りのメンチカツなので、全粒粉でより健康的にということだろうか?
ランチパック 5種の根菜メンチカツ

確かにパンには茶色いつぶつぶが入っている。
ランチパック 5種の根菜メンチカツ

全粒粉入りのパンってちょっと酸味があるような独特の味があるので、メンチカツくらい強い味でないと負けてしまうのかも。
ランチパック 5種の根菜メンチカツ

見た目どおり、野菜というか根菜たっぷり。
くわいのシャキシャキ感がいい。
にんじんもごぼうも蓮根もいい味出している。
でもメンチカツのはずなのに、さつま揚げみたいなのは野菜が多いから?
体にはよさそう。
前回の続き。
もう閉店してしまう、笹加工直売所のベーコンをアリーマさんに買っておいていただいたのだ。
無事にブツの引渡しをして、延明で楽しい宴を。

ブツは家にて。
笹加工直売所のベーコン

笹加工直売所のベーコン

初めて食べるが、これを食べられなくなってしまうのは悲しい。

笹加工直売所のベーコン

塊からはよい香りが。
なかなかいい油の入り具合だし、期待できそう。
笹加工直売所のベーコン

スライスにして焼く。
そしてご飯の上に。
油ががじわっとご飯の上にしみて、美味。
薫製臭が強いものもあるが、ここのは程よいのでご飯に合う。
塩味も十分ついているが、醤油を少したらすと味が際立っていい感じ。
これが食べられなくなってしまうのが悲しい。

写真追加。
焼いてご飯の上に。
笹加工直売所のベーコン

美味しさが伝わりにくい写真になってしまった(汗)
しばらくお休みしていたらしい、延明がやっていた。
今回もアリーマさんをお誘いしての延明。

まずはイセザキモール、有隣堂の裏の延明支店に行ったのだが、まさかの満席。
とぼとぼと日の出町の延明に向かう。
そういえば、延明支店の階段の壁、ピンクに塗られていた・・・
それはやめたほうが・・・

日の出町に行くとお客さんはゼロ、この落差にびっくり。
ちなみに日の出町のお店の壁、すごく綺麗になっていた(驚)

まずは突き出し。
いつもながらの美味しさ。
延明中華三昧

この突き出しは韓国風なんだよなあ。

アリーマさんおすすめの、パクチーとねぎの和え物を。
延明中華三昧

すっぱくて辛くてたまらん。
パクチー最高!
ここに来たら外せない、羊串、牛串、牛すじ串も。
お店の人に焼いてもらう。
自分で焼くより美味しい。
延明中華三昧

この味を待っていたのだ~

同じく外せない、水餃子。
延明中華三昧

延明中華三昧

辛くてにんにくびたびたのたれでいただく。
うま~い。
この皮のもちもち感、本場でも食べられなさそうだ。

延明中華三昧

拌黄瓜という、きゅうりの炒め物(あえもの)なのだが、これがまた辛くて美味しい。
これはマッコリにあう。
ものすごい勢いで食べてしまった(汗)
延明中華三昧

じゃがいもとなすとピーマンの炒め物。
これは材料こそ平凡だけど、ものすごくおいしい。
自宅でなんて絶対に出来なさそう。

今回アリーマさんとお会いしたのには重大なことがあって・・・
それは次回(笑)
カレーハウスリオ
カレーもナポリタンも食べたいときに便利なお店♪
・・・ポルタにお昼を食べにでたら、どこもかしこも混んでやがる。
初めは玉泉亭でサンマーメンでもと思ってたのに、店の前に列できてるし。
信じられない。
人が集まってるなあと思ったら、崎陽軒の食堂も行列だし、何かおかしい。
そんな中に、お客さんが3人しかいなかったのが、カレーハウスリオ。
今日はカレーって感じじゃないなあと思いながら、食券を買ってしまう(笑)
もちろん、半スパカレーで。

カレースタンドなのに、スープとサラダが出る。
いまだとこのサービス多いけど、昔は珍しかったのではないかと。
カレーハウスリオの半スパカレー

カレーハウスリオの半スパカレー

サラダは和風ドレッシングで、スープも和風のわかめスープ。
半スパは時間がかかると書いてあったので、スープとサラダを食べて待つ。
と、カレーがやってきた。

カレーハウスリオの半スパカレー

半スパだけあって、本当に半分ずつ。
スパは脂っこそうで、いかにも喫茶店のナポリタンという感じ。
カレーハウスリオの半スパカレー

何しろ具が、ミックスベジタブルだもん(笑)
カレーハウスリオの半スパカレー

カレーはちょっとルーが少なめ(涙)
何も言わなかったので中辛がでたが、煮込まれてコクのあるカレースタンドの定番カレーの味。
ナポリタンの酸味というか、ケチャップ味がカレーの味にマッチする。
カレーだけだと物足りないので、半スパ、正解だと思う。
でもカレー、辛口か大辛にしておけばよかった。
またもや西武新宿駅周辺のお店へ。
雑居ビルの地下に甘味のみつばちがある。
湯島のみつばちと系列なのか??

ここは甘味だけではなく、甘味やさんで必須の釜飯も美味しいらしい。
でも釜飯、今から炊くので時間がかかるそうだ。
ということで、甘いものも辛いものも食べられるものを選ぶことに。
セットメニューの味くらべというシリーズ。
花と風と、月とあって、卵ぞうにか田舎ぞうにかどっちか1つと、ところてん、小倉アイスとおせんべいのつく、花をチョイス。
ぞうには田舎ぞうにを選ぶ。
醤油ベースの野菜たっぷりらしい。
これって結構お得なのでは。

新宿の甘味、みつばちの味くらべ花


メインはお雑煮。
新宿の甘味、みつばちの味くらべ花

確かに野菜たっぷりで、味は田舎雑煮というだけあって、醤油の濃い田舎風の味。
根菜は体によさそう。
ところてんも酢がきつくないので食べやすい。
名物の小倉アイスはさっぱりしたお味で食べやすい。

新宿の繁華街にあるとは思えないほど静かで、一人で入っても全然浮かない(と思う)
時間があれば釜飯も食べたいなあ。
実はよく通っていたのだが、載せてなかったみたいなので。
西武新宿駅の前の雑居ビルの中にあって、食べ放題サイトとか、テレビの特集などによく出ている。
ベトナム料理のバイキング、珍しいのでお客さんは入っている。

昔は生春巻をセルフで作れたのだが、今は作ってあるのでそれはそれで便利。
自分で作ると失敗することが多いので(苦笑)
ベトナム料理ホイアンのランチバイキング

つけだれがピーナッツベースでちょっとにおいのあるソースなので、苦手な人は苦手かも。

生春巻きはセルフではなくなったが、ベトナム料理では有名なフォーはセルフで作れる。
ベトナム料理ホイアンのランチバイキング

麺少なめ、野菜多めなどのアレンジがきくのでこれは便利。
麺少なめ、野菜マシマシで作る。
鶏ベースの癖のない味でなかなか美味。

おかず類の種類はいろいろあるが、野菜系とカレーは必ずある。
鶏のグリルが美味しい。
これは初めて食べた気がする。
ベトナム料理ホイアンのランチバイキング

本日のカレーは甘かった(笑)ゆえに写真なし。

ここの名物はベトナムコーヒー。
練乳をコップの底に沈ませて作るこってりしたコーヒー。
2杯も飲んだのに写真なし(汗)

デザートは普通のミニケーキもあったと思ったが、ベトナム料理らしいものをチョイス
ベトナム料理ホイアンのランチバイキング

サツマイモ入りのお汁粉に、ミルクプリン。
ミルクといっても練乳、プリンといっても寒天のよう。
1200円で一応時間制限ありみたいだが、満足できそうだ。
またまた珍しいランチパック発見。
マカロニサラダだそう。
サラダを入れるパンは多いけれど、マカロニサラダまで入れてしまうのね。
炭水化物×炭水化物。
焼きそばパンのようなものにしてもサラダだしなあ。

ランチパックマカロニサラダ

緑のパッケージはすでにあるツナマヨネーズ(水色)、たまごサンド(黄色)を意識しているのか。
二つを足すと緑だけど、ちょっと違うような気も。

ランチパックマカロニサラダ

ランチパックマカロニサラダ


実によくわかりにくいが、マカロニが入っている。
そのほかの具は、ハムとコーンとたまねぎ。
胡椒の利いた味で、たまねぎの味が強いのもツナマヨネーズと同じ。
マカロニサラダ好きだけど、ランチパックにするとは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。