ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもメトロ食堂街ネタ。
墨絵のパンが少ない!と気がつかれたあなた、正解です。
サンマルクでもパンを買ったのだ。
だから少ないのだ。

それにしてもこの食堂街、微妙にかぶる店屋が多いのに、どこも平均して混んでいる。
客数が多いのか、実力のある店が多いのか、謎だ。
パン屋も墨絵とサンマルク、地下鉄のホームのところには神戸屋と中村屋とがあるのに、どこもうまい具合に分散している。

サンマルク定番のチョコクロ
サンマルクのチョコクロ

持ち帰ったので、熱々のチョコが溶ける状態を楽しめなかった。
ピザのパンも買ったはずなのだが、写真が見当たらなかった。

いちごチョコクロが気になったのだが、そのうちにでも。
それにしてもいつも混んでいる。
飲み物とセットのランチなんかも安いし、場所も便利だからかなあ。
スポンサーサイト
最近ご無沙汰のメトロ食堂街ネタ。
行かないわけではないのだが、ちょっと飽きてきた。
でもなんとなく習慣で、墨絵のパンを買ってしまう。
今回は玉ねぎパンを買う。・・・前も買ってたかも?

墨絵の玉ねぎパン


玉ねぎがいっぱい入っている。
相変わらずの重量感。
墨絵の玉ねぎパン


墨絵の玉ねぎパン


今回はスライスチーズをはさんでみた。

玉ねぎだけだとしつこい感じがしたが、チーズが入るとぐっと高価な感じに。
スライスチーズではなくて、ちょっと重めのチェダーチーズなんかのがいいかもしれないけど、スライスチーズでも十分美味しい。

でも、やっぱりチョコパンは買ってしまった。
墨絵のチョコパン


週末ぶらりと韓国へ(大嘘)
カテゴリが新宿東口なのですぐばれてしまうが、日本の韓国、職安通りへ。
今回は大好きなホットクをいただく。
日本にはチーズホットクがあるので、買うときは必ずこれ。
南大門市場のチーズホットク

1枚200円と高いけど、大きさが韓国の二倍はある(当社比)
南大門市場のチーズホットク

焼きあがるのを待っていたのでほかほか。
とろりと溶けるチーズがたまらな~い。

外側のホットケーキのような甘みのある生地に、ほんのりとしたチーズの塩味がたまらない。
南大門市場もドンキホーテの前と同じように、チーズ、はちみつ、あんこの3種類だが、正直言ってはちみつ、あんこは美味しいけど平凡な味だ。
買うなら是非チーズを。
ランチパックの定番、ピーナッツ味。
あまりに定番過ぎて、紹介するのもどうかなと思ったのだが、時々無性に食べたくなる味なので、今回初登場。
薄い食パンとこってりしたピーナッツバター入りのクリームがあうのね。

ランチパックの定番、ピーナッツ


と今回、今まであったかもしれないけど気がつかなかったものを発見した。
ランチパックの定番、ピーナッツ


パンの真ん中に鎮座する、ピーナッツの焼印。
これ、今までもあったのかもしれないけど、全然気がつかなかった。
ピーナッツというか、崎陽軒のひょうちゃんのできそこないというか(笑)
確かに自己主張しないとどれのパンだかわからなくなるからかもしれないけど、他のにもあったんだろうか?
中途半端に焼きそばが余ったので、そばめしを作ることにした。
冷凍ものしか食べたことがないので、どんな感じなのかちょっと不安。
ネットでレシピを検索して作ってみた。

そばめしを作る

焼きそばのほかにキャベツを入れて、味付けはウスターソースにて。
本当は甘めのソースのがいいのかもしれないが、物は試し。

そばめしを作る


こんな感じで意外とそばとご飯がなじんでいる。
やきそばだけだときっと物足りなかったと思うが、これだとボリュームも出て、味もしっかりしていておかずなしでも十分満足。
そばめしを考え出した人を尊敬する。
中国旅行のときに買ったスープがまだ残っていた。
とりあえず賞味期限は大丈夫。
そのほかは・・・多分大丈夫。
ということで作ってみた。

中国の中華スープ

写真どおり、何の変哲もないコーンスープ。
味のベースはおそらく鶏ガラスープ。

中国の中華スープ


出来上がり。
写真どおりの鶏ベースのコーンスープでコクもあって美味しい。
クノールのものだし、普通だろう。
これは確か結構安かったので、お土産に配った気がするが、飲んでくれただろうか?
またまたお土産を探す。
これも鎌倉土産になるようだ。

実は不勉強で、このブランド初めて知った。
定番らしい、パイサブレーをいただく。
レザンジュのパイ

期間限定で桜をゲットした。
もう売ってないみたい。ちょっとラッキーだった。
レザンジュのパイ

桜は桜餅の香りというか、葉っぱの香りがきちんと出ている。
多少癖のあるにおいなので、苦手な人もいるかも。

レザンジュのパイ

定番のパイサブレー。
食感がいい。
バターの味もするし、さくさく感がなかなか。
輸送のときに割れなければお土産によさそう。

ちなみにこれも高島屋にて購入(笑)
ちょっとしたお土産を探す。
いつもは崎陽軒の月餅などを買うのだが、たまには違うものを。
ということで、鎌倉銘菓らしい、半月を買った。

半月

小倉風味と抹茶風味とあるそうだ。
半月

半月

和風のゴーフルみたいな生地に、あんこの入ったクリームと、抹茶の入ったクリームとがそれぞれ挟まっている。
和洋折衷というか。
確かに洋風のものになれないお年寄りでも喜んでもらえそうだが、いまいちインパクトにかける。
しかもこれ、結構どこでも売っている。
これだって横浜高島屋で買ったんだし(笑)
もう一ひねりというところだ。
また探してみよう。
台湾で買った素食の缶詰を開ける。
もし美味しかったら、今度同じようなものを買って来ようともくろんだので1つだけ。
えのきだけとグルテンミートの缶詰のようだ。

台湾の素食缶詰


あけてみる。ちなみに缶きり不要のパッ缶タイプ。
台湾の素食缶詰

よく煮えていてお稲荷さんのおあげみたいだ。
ただし香りは醤油だけではなく、五香粉も混じっている。

これだけではちょっと食べにくいので、おかゆを添えて台湾の朝食風に。
台湾の素食缶詰

台湾の素食缶詰


味付けはかなり甘めで、グルテンミートがしこしこしていて本当の肉みたい。
味わうと油揚げなのだが(苦笑)
えのきだけもよく煮えていておいしい。
おかゆじゃなくて、ご飯のおかずでも。
1缶100円強だったので、重たいのを我慢すればいいお土産になりそうだ。
最近、スーパーでランチパックを見かけるとつい手にとってしまうようになった。
サイトで調べてみたら、いろんな種類があるのね。
今回は率直なネーミングにひかれて、ミートアンドポテトを購入。
ミートってと思ったら、牛と馬が入っているコンビーフを使用しているからのようだ。
コンビーフだけど、ビーフじゃないから(笑)

ランチパックミート&ポテト

コンビーフの跳び箱ってイラストもなかなか。

ランチパックミート&ポテト

中身はコンビーフ入りのポテトサラダ。
これはアイディアかも。
正直言ってポテサラだけだと、既存品のツナポテトにはかなわないけど、
コンミートが入ればボリュームも出るし、味わいもかわるし。
しかも胡椒を利かせているので、肉の独特のにおいも気にならない。
ただし、塩が強いので、ランチで食べるとその後、2時くらいにのどが渇いて仕方なくなりそう(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。