ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新たけのこをいただいた。
寒い日もあるけど、やっぱり春だなあ。
新たけのこ


ということで、母がゆでた。(私にはまだ難しい)
こんなに大きいのだが、皮をむくと小さくなってしまって悲しい。

いただいたたけのこは、刺身と煮物に。
新たけのこ

煮物の写真は取り忘れ。
しかも刺身の写真は、食べかけをあわてて撮ったので、
夕食の途中にきた「隣の晩御飯」の映像みたいに中途半端に減っているし。
来年に期待(苦笑)
最後はおなじみ崎陽軒。
崎陽軒でお弁当を買う。
ここの弁当だとどうしてもシウマイ弁当が中心になってしまうので、あえてチャーハン弁当を紹介。
冷たいチャーハンってちょっとというのが多いのだが、
このチャーハン弁当、当たり前だけど、冷めてもおいしいのが不思議。

崎陽軒のチャーハン弁当


今はこのパッケージだが、子供の頃はもっと別のだった気がする。
中身のチャーハンももう少し具が少なかったような。
崎陽軒のチャーハン弁当


チャーハン弁当とはいえ、ちゃんとシウマイは入っている。
そしてシウマイ弁当でおなじみのたけのこの煮物も入っている。
このたけのこの煮物、味がしっかりしていておつまみにもぴったり。
おかずは鶏から揚げのチリソースかけ。
これは中華風。冷めているけどうまい。

チャーハン弁当の最大の魅力はなんとお値段。
550円なんだよねえ。
シウマイ弁当が確か740円だったと思うので、この値段の差は大きい(笑)

横浜といえば、元町生まれのパン、ポンパドウル。
あの赤いビニール袋をぶら下げて歩くの、子供の頃憧れだったなあ(笑)
近所のパン屋にはない、なんともおしゃれな感じが。
今回は、星のうどんのついでに、ジョイナスの店舗で購入。
ここ、結構混んでいる。

ということで、定番アンドーナツの小さいの。
ポンパドウルアンドーナツ

小さい中にぎっしり詰まっている。
ちょっと珍しい、ほうれん草とチェダーチーズのパン。
ポンパドウルほうれん草

写りがいまいちだが、味は美味しい。
これってありそうでなさそうな組み合わせだし、このしょっぱさがおつまみにもなりそうな。

ポンパドウルポンデ

ポンデケージョ
これは好きなので見かけたら買ってしまう。
ポンパドウルだから美味しいというわけではないが、おいしい。

ポンパドウルは定番だけど、フランスパン系が美味しいような気がする。
相鉄横浜駅構内にある、立ち食いうどん、星のうどん。
駅の立ち食いとしては高品質で有名なうどんやさんだったが、最近はどこでも結構美味しくなっているので、わざわざ食べに行く場所ではないかもしれない。
とはいえ、やっぱりうどんがきになるので久しぶりに訪ねてみた。

たべるのはやはり生しぼり醤油うどん。
星のうどんしょうゆ

こんな感じでうどんを食べさせるのがいい感じ。
星のうどんしょうゆ

前はこの大根がやたらにからかった印象があったのだが、今回は普通。
生姜と大根をしっかり混ぜて、温かいうどんにからめていただく。
うどんはつるつるしこしこ。
讃岐っぽいのは自家製麺だからかも。
星のうどんしょうゆ

うどんが多少しょっぱいのか、醤油を普通にかけると全体的に塩っぽい仕上がりになるので、醤油の量の加減が必要そう。
うどんの味を楽しむのは、こういう食べ方がよさそう。
とはいえ、ヌシさんのだましあいうどんもおいしそうなんだなあ。
狸と狐でだましあいかあ。
今度はそれにしよう♪
お好み焼きに焼きそばが入っているものが食べたくなって自作してみた。
屋台だと広島焼きって書いてある場合が多いけど、そばが入っているのはモダン焼きとも言うらしいし、難しい。
とりあえず先に焼きそばを作って、その上にお好み焼きを載せるような形で作ってみることにした。

生地を薄く焼き、その上にキャベツとねぎを乗せていき、
それを焼きそばの上に乗せる・・・がやはり難しい。

広島焼

広島焼

やはり麺とお好み焼きが完全に分離している~

味はそれなりに美味しかったのだが、やっぱり何かが違う。
お店で美味しいものを食べたくなってしまった。
なんか、たいそうなタイトルだけど、台湾で買っておいしかった、花椒の粉を使った料理を。
このスパイス、花山椒に、塩や五香粉のようなものなど配合されていて、それ一振りで中華風味になる便利なものだ。
日本でも売っているようだけど、結構高い。
台湾だと100円ショップで売っているまでは行かないが、スーパーで安く売っているので便利だ。
豚肉のピカタ花椒風味

今回はきょうの料理でみたレシピをアレンジして、豚肉のピカタを味付けしてみた。

豚薄切り肉に花椒粉を少し振りかけ(なくてもよかったかも)それを卵液にからめ、
フライパンでかりっと焼く。
焼きあがった時点で花椒粉を振りかけて味付けをする。
付け合せの野菜は特に用意しなかったが、サニーレタスやサラダ菜などが合いそう。
豚肉のピカタ花椒風味

油と花椒とがよく合う。
小麦粉をしっかり使ったフリッターにしてもよかったかも。
とはいえ、風味がいいので箸が進みそうだが、結構辛いので要注意。
これはご飯のおかずにもなるけど、冷たいビールが合いそうだ。
引っ張りすぎた沖縄編もやっと終わり、日常に。
さっそくランチパックを買う。
今回はなんとプリン風味。
風味という時点で・・・怪しすぎる。
ランチパックプリン風味

プリンの絵が書いてあるけど、風味だからなあ。
割ってみる。
ランチパックプリン風味

プリンのプディング部分らしい、黄色いクリームと、カラメル部分らしい、黒い部分とがある。
なにせ風味だからなあ。
プディング部分は、やっぱりクリームパンのクリームの味で、カラメルは作り物っぽい味。
本当ならおいしくないような気がしてしまうのだが、意外に合うのだ。
多分1つずつを単品のクリームとして考えるとだめだと思うのだが、この2つが合わさることによってプリンの味になるからだろうなあ。
ランチじゃなくて、おやつとしてなら。
ANAの機内サービスでは、有料だがとびっきりおうどんという、カップうどんが食べられる。
これ、旧スーパーシートプレミアムでは無料だったが、現プレミアムクラスでは不明、ていうか乗れないし^^;;
一度食べてみたいと思っていたが、300円なのでどうしようと考えていたが、食べられるチャンスが出来たので食べてみた。
これは国内線だと沖縄線限定なので無性に嬉しい。
とびっきりおうどん

こんな感じで、マルちゃんこと東洋水産との共同開発商品らしい。
お湯を入れて4分らしい。
CAさんが確か時計を持っているかどうかきいていったはずだった。自分で時間を見てほしいようだ。
4分立ったかどうか忘れたけど、いただく。
とびっきりおうどん

見た目からしてそうだが、赤いきつねそっくり。
どちらかというとどん兵衛より、赤いきつね派なので、甘いおあげは好きだ。
だしの味は多分かわらず、麺がちょっと細いような気がする程度。
おいしかったけど、ミニサイズなのですぐに食べ終わってしまった。残念。
沖縄のポークも有名だが、同じような肉加工品で有名なのがコンビーフハッシュ。
コンビーフとジャガイモをあわせてミンチのようにしてあるものだが、これもおそらく米軍からの放出物だろうと思わせるジャンクな味わい。
これの新商品なのか、タコハッシュと書いてあるものを見つけたので買う。

タコはおそらくタコスのことだろう。
タコス味のコンビーフ、まあなんとなくわかる。
しかし、タコライスにするにはレタスもトマトもないので難しい。
なのでチャーハンにすることに。

タコハッシュ

これがタコハッシュ。
コンビーフより辛そうだ。
タコハッシュを炒めて、その後温めたご飯を混ぜる。
タコハッシュ

かりっとしてきたら、完成。
これだけ(笑)
タコハッシュ


ジャガイモとご飯、炭水化物多めかなと思ったが、ジャガイモは炒めていくと気にならなくなっている。
味はしっかりとタコス味。
手軽なのに意外な美味しさでびっくり。
レタスなどに包んで食べると、ご飯ものなのにおつまみ感覚で食べられそう。
これは手軽なパーティ料理などにも。
パーティしないけど^^;;

いんちき沖縄料理シリーズ。
先日から使っているポークの残りがほんの少しだけある。
ポーク卵にするにも少ないし、スパムむすびにするにももちろん少ない。
なので、にんじんシリシリにすることに。

このにんじんシリシリ、にんじんを千切りにして卵をからめたものなのだが、沖縄の定番おかずらしい。
食堂あがりでは、にんじんシリシリ丼があったし、夏川りみが何かの番組で、食べたいもの高をきかれたときに、にんじんシリシリと答えていた。
結構定番のようだ。
の割には、あまり外で食べるものでもなさそうなので、家でのご飯のおかずなのだろう。
そういえば食堂あがりは、家のご飯を食べられそうな食堂だったし。

と、前書きが長くなったが、早速作る。
にんじんを刻んで、電子レンジで軽く火を通し、その後同じく千切りにしたポークと合わせ炒める。
両方に火が通ったら、卵を絡める。
塩で味を調え、好みで出しを入れて出来上がり。
ポークが入ればだしはいらないかも。
にんじんシリシリ


出来上がり。
塩であっさり味付けしたので、あっさりしているかと思ったら、これもまた味くーたーでおいしい。
これはご飯が進みそうだ。
ポークを入れなければ脂が固まらないので、お弁当のおかずにもなりそう。
色がきれいなのでこれだけでも食欲が出てきそうだ。
これは家で食べたい味だなあ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。