ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神戸、元町駅の前にあるたこ焼きのお店。

たこ百のたこ焼き


なんと110円でたこ焼きが食べられる。
ちなみにいか焼きも110円で食べられる。
でもマヨネーズとかのトッピングは別料金みたい。

隣はキャベツ焼きのお店なので、はしごも可(笑)

今回ははしごをせずに、たこ焼きをいただく。
たこ百のたこ焼き


5個入りで110円。
4つしかないのは写真を撮る前に1つ食べてしまったから・・・
たこ百のたこ焼き

断面図。
中がとろっとして、しかもタコはちゃんと入っている。
1つ22円なのに~
お味はさすが関西、だしのきいた味でソースがよくあう。
できたて熱々なので、舌をやけどしないようにゆっくり食べる。
粉もの文化、いいなあ。

スポンサーサイト
ちょっと神戸まで。
いぬわん先生のブログにあった、赤萬というお店は混んでいたので、ガイドブックにも載っているひょうたんへ。
ここはすぐに座れた。
ここのメニューは餃子のみ、潔い。
なぜか飲み物に泡盛があるのが不思議。
隣の夫婦は泡盛を頼んでいた・・・餃子に合うのか謎。

鉄板いっぱいに餃子を焼いているのに結構待たされる。
やっときたのがこれ。
ひょうたんの餃子

2枚注文。
どっさり。

ひょうたんの餃子


なにやらこの甘味噌をつけて食べると美味しいらしい。
ちょっとつけて食べてみる。
甘いかなと思ったが、意外においしいものだ。
皮が厚くてもっちり系の餃子なので、味噌に皮が負けないからかもしれない。
ひょうたんの餃子

わかりにくいが、厚めの皮と具の様子。
具はキャベツ多めでこれも甘め。
酢醤油で引き締めて食べ、飽きると味噌という感じで食べるとよりおいしい。
皮が厚いのにつるんとするので、その食感もいい。
でもこれ、水餃子で食べてみたかった。
ひょうたんの餃子
ヨドバシカメラの前を通るたびに、気になっていたお店。
でも入り口が暗い(当社比)なので、入るのをためらっていた。
が、またまた南区の御大のレポがあったので行ってみた。
なんか混んでる~
冬はやっぱりあったかい味噌煮込みなのね。
ほとんどの人が味噌煮込みを注文。
カウンター席もあるので、回りを気にせずうどんをすすれる。
味噌煮込みとかカレーうどんとかって汁がはねてしまうので、人と一緒に食べると汁がとんだりして気まずい空気が流れることも・・・

味噌煮込みがやってくる。
小鉢に入れて食べられるので汁はねの心配も多少緩和か。
きしめん大関の味噌煮込みうどん

汁の色からして、ザ、名古屋、ザ、三河って感じ。
きしめん大関の味噌煮込みうどん

一番基本の素うどんで頼んだのだが、具はちゃんと入っている。
きしめん大関の味噌煮込みうどん

麺はちょっと細め。
汁をすする。
お、やっぱり赤味噌でしょっぱいようなこのうまみがなんともいえない。
単独で赤味噌の味噌汁だとそんなにいっぱい飲めないのだが、うどんとして食べると何杯でもいけちゃうような気がする。
味噌とうどんが合う~
具として入っている鶏肉とも相性抜群だし、もちもちしたうどんの食感がまた。
冬に最高。
きしめんも美味しそうだったので、夏には是非冷やしのきしめんをいただかなくては。
中華街の点心屋さん、頂好食品で、中華菓子を買う。
ここはいろんなお菓子があって迷ってしまう。
蒸したてのメニューがいっぱいなのだが、ここであえて菓子を買う。
まあ、お土産なので(笑)
月餅。
頂好食品の中華菓子

ここのは一口サイズで食べやすそう。
中身はあんこ。
普通の安心できるあんこの味。これはお土産向きかも。
頂好食品の中華菓子

蓮あんが入っていて、ぽこぽこしていて美味しい。
蓮あんは好みがあるのでこれはちょっと難しいかも。
私は大好き。
頂好食品の中華菓子

ナッツたっぷりの中華パイ。
このぎっしり感がたまらない。
これも癖が少ないので、お土産になりそう。
頂好食品のパイナップルケーキ

日本ではあまり見かけない、パイナップルケーキ。
ここのは外の皮がバター風味でまたおいしい。
中のパイナップルジャムもちょっと固めだけどおいしい。
関帝廟通りにはこのような素朴で美味しいお店が多くて楽しい。
ショーラパンで念願のランチ。
再びアリーマさんにお付き合いいただく。
今回も突然呼び出してすみません。

なんと今週のランチはハンバーグだ~~
ということでまずはサラダ。
見た目は普通の豆腐のサラダなのにやっぱり何かが違う。
これはプロの技だろう。
ショーラパンでハンバーグ

サラダをいただくとちょうどいいタイミングでハンバーグが!
この日のハンバーグソースはトマトソースだ。
これは美味しそう。
ショーラパンでハンバーグ

付け合せのパスタがまた。
人参すらうまい。
でも問題はハンバーグ。
ショーラパンでハンバーグ

ショーラパンでハンバーグ

ショーラパンでハンバーグ

この重量感、濃厚なソースの色合い、肉厚でジューシーな中身。
そして期待を裏切らない絶妙な味わい。
昼からこんなに贅沢していいのか!
またこのソースがパスタにもご飯にも合うの。
プロの技なんだけど、かしこまらない、ご飯に合う味。
おいし~い。

デザートはキャラメルソースのプリン。
苦ーいコーヒーといただく。
ショーラパンでハンバーグ

ショーラパンでハンバーグ

この甘さががつんときて、苦いコーヒーといいバランスでこれもまた止まらない。
プリンを食べ終えてしまうのが惜しい。

ご近所にあったら毎週通うだろうなあ。
近所になくてもきっと(笑)
和牛ハンバーグも美味しいらしいし、ミラノカツレツも美味しいらしいし、カレーも美味しいらしい。
是非行きたい。

プロントのメニューにナポリタンができたというので行ってみた。
しかもバーメニューの中らしい。ということは夜しか食べられないのか??
しかもナポリタンじゃなくて、ナポリターンらしい(笑)
鉄板ナポリタンで、しかも鉄板の下には卵が敷いてある。
これって名古屋名物イタリアンスパゲティではないのか?
とりあえず注文。
時間がないので持ち帰りで。

プロントのナポリタン


鉄板からはがして卵とパスタを一緒にイン。
こんな感じ。
結構無理な注文をしてしまったのかも。

ふたを開けてみる。
プロントのナポリタン


しっかりしたケチャップ色。
ナポらしい。
もともとプロントのパスタはコーヒーやさんだと考えると結構美味しいほうだと思うのだが、このナポは美味しいけどちょっとナポらしさにかけるような気がする。
鉄板で焼いているのでケチャップに火が通った味はよく出ているのだけど、上品なんだよねえ。
とはいえ、喫茶店メニューのナポがおしゃれなカフェでさくっと食べられるのはいいことかも。

南区の御大のところでも見たけれど、喫茶店のトーストってどうしてあんなに美味しいんだろう?
と思ってまねしてみた。
使用したパンは、パン屋で専用にやいてもらった厚切りパンではなく、手に入りやすいヤ○ザキ超芳醇4枚切り
1回目はそのまま焼いてみた。
喫茶店のトースト風

それなりに美味しそうなのだが、何かが違う。
パリッと感はあるのだが、内側がふわっとしていない。
難しい。

2回目
喫茶店でのパンはあらかじめ冷凍したものを使うという情報を得たので、冷凍してみた。
冷凍したパンを焼く前にバターを塗っておくらしい。
試してみる。
喫茶店のトースト風

確かにこの方法だと、内側はふわっとしていて外はカリカリになる。
とはいえ、まだ喫茶店の水準には遠い。
何かいい方法があるのだろうか?
名古屋名物、スガキヤのラーメンがお手軽に。
袋麺タイプも生麺タイプも売っているが、やっぱり便利なのはカップ麺。
袋麺は食べたことがあるので、今回はカップ麺で。
スガキヤのカップ麺

どのくらい本物の味に近いのか試してみる。
スガキヤのカップ麺

見た目はやっぱりスガキヤっぽい。
スープ。
ほぼスガキヤ。
あのかつお臭いとんこつ風の味そのもの。
これはやっぱり化調の影響か?
煮込まなくてもこの味というのは逆に味に変化が出にくいのかも。
麺はやっぱりカップ麺の麺なのだが、スープがかなりスガキヤなので満足できる。
まあスガキヤだからなあ(笑)
駅まで出たのに帰るに帰れなくなり、アリーマさんに引き続きお茶に付き合っていただく。
お茶のお供には小籠包でしょう(笑)
京鼎樓は台湾にある有名なお店だけど、残念ながらそちらに入ったことがない。
台湾のお店は鼎泰豊で職人をしていた人がやりだしたと聞いたことがあったが、やっぱりああいう感じのものなのだろう。

ノーマルの小籠包
京鼎樓の小籠包

京鼎樓の小籠包

肉汁がじわーっとでて、口の中でぷるんととける感じ。
小籠包はこうでなくては。
京鼎樓の小籠包

烏龍小籠包
これは生地に烏龍が練りこんであるのか、ちょっと癖のある味だがさっぱりしている。
肉汁じわーはこれも同じ。

ちょっと他の味も見てみたいということで、麺類を。
ここは小碗の麺もあるのでこれは便利。
京鼎樓の小籠包

えび麺。
薄い塩味の麺で麺は細め。
麺の感じは551の蓬莱に似ている。あのぼそぼそ麺の食感。
スープは残念だけど551のほうがうまいと思う。
ここのはちょっとお上品。

お茶にはやはり甘いデザートが。
カスタードまんを。
京鼎樓の小籠包

意表をつく感じもしたが、点心だからこんな感じなのだろうか?
京鼎樓の小籠包
京鼎樓の小籠包


なんかゆで卵みたい(笑)
お味はこれもがっつり系ではなく、比較的上品な甘み。
濃厚と言えば濃厚だけど、こってりではないような気がする。

美味しいものをいただいて今度こそは無事に帰宅の途へ。

重ね重ねアリーマさんには感謝です。
ありがとうございました。
大珍楼別館の楽しみは季節限定壁メニュー。

赤い紙で壁一面に張られたメニューを見て季節を感じるのもまたいい。

夏は酸味のある三杯鶏とかあったが、冬は鍋が多い。
山羊も目に付いたが今回は食べない。

やっぱりこれははずせない、カイラン炒め。
これも壁メニュー。

カイランと干し肉の炒め物だそう。
大珍のカイラン炒め

食感はアスパラガスのようで、ブロッコリーの茎みたいな味だが、これが癖になる味だ。
しかも干し肉からだしが出て、なんともいえないお味。
大珍のカイラン炒め

美味しすぎる~

冬のおすすめ壁メニューで珍しいもの。
話梅と豚足の鍋。
豚足も梅も両方美味しそう。
しかし話梅ということは甘いのか?
話梅と豚足の鍋

コラーゲンいっぱいの豚足と、甘酸っぱい話梅。
どことなく酢豚のような味わい。
パイナップルも入っているから余計に酢豚味なのかも。
この甘酸っぱさが美味しさの秘密のようだ。
食べていくうちに豚足のコラーゲンが染み渡る感じ。
これはお肌プルプルかも。

今回の食事はなんとお酒なしで!
お茶と例湯をがぶがぶ飲みながらのプチ宴会。
これは体によさそうだ。
アリーマさん、ありがとうございました。

・・・が、私のほうのハプニングでお酒なしなのに2次会へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。