ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学路で鳥が飛ぶ階段を見て、城壁を見て、昌信洞を見て、清進洞に戻る。
鳥階段


城壁


夜もまだ早いので、念願の一人焼肉に向かう。
目指すはパプサンモリだ。

お客さんは結構入っていたが1人でも入れてもらえた。
回りは気にせず、一人で食べる。
まずは鉄板に5枚肉を。
皮までついている5枚肉なのでボリューム満点。しかも1人でも2人前食べなくてはいけないので結構きつそうだ。
パプサンモリで一人焼肉

ジャガイモも豆腐もエリンギも乗っている。
この野菜が嬉しい。
パプサンモリで一人焼肉

残念なのはプチプチ春雨のサラダがつかなかったこと。
代わりにすりおろしリンゴ入りドレッシングのサラダが出た。
パプサンモリで一人焼肉

たれはあみの塩辛いり塩ソースとコチュジャン。

じゅうじゅう焼けてくるとアジュンマが肉をひっくり返したり、いろいろと世話を焼いてくれる。
パプサンモリで一人焼肉

パプサンモリで一人焼肉

最後はおいしい焼肉の食べ方まで。
パプサンモリで一人焼肉


久しぶりに食べたがやっぱりおいしい。
肉のしっかりした歯ごたえと豊富な肉汁。
肉自体がおいしいんだと思うが、これは是非あら塩で食べたかったなあ。
あみの塩辛ソースでも十分おいしいが、コチュジャンを加えると肉の味がちょっと死んじゃうかも。
とはいえ、野菜をきっちり食べつつ焼肉を食べて大満足。
焼き豆腐もエリンギも焼きキムチも箸やすめにぴったり。
だが、さすがに肉2枚なので、〆のポックンパプは食べられず。
アジュンマはあら、ご飯食べないの?みたいな顔をするが、さすがに無理。
おなかをさすりながら帰る。
肉二人前、8000ウォン×2、サイダー1本で17000ウォン。日本円で2000円ちょっと。
大満足。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。