ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔の日本家屋が見られるという、江景に行くことにする。
しかし目的は家ではなく、塩辛。
江景は塩辛で有名なのである。が、その塩辛を食べさせるお店の情報は少ない。
ようやく見つけたので、そこへ食べに行くことに。
ソウルから片道3時間かけてお昼を食べに。自分でも信じられない。

ムグンファ号で、しかも指定席が取れなかったので立ったまま3時間かけて江景へ。
目的地は調べがついていたので、タクシーで現地へ。
お店の名前はダルボングかでも。

やっとお店にたどり着く。
お土産やさんのような塩辛やさんの奥にご飯を食べる部分がある。
江景で塩辛定食

場所はここ。
駅のそばの塩辛市場集落とははなれているので、調べていかないとたどり着かないだろう。
黄海道塩辛という店の奥といえばわかると思う。
はてさて、3時間をかけて食べるほどの価値は・・・

江景で塩辛定食


画像はクリックしてください。びっくりするほどでかいです。

おかずの数はチゲも入れてなんと23種類。すごすぎる~
塩辛以外のおかずはジャガイモの炒め煮、キャベツのナムル、白菜キムチ、菜っ葉の古漬け(キムチとはちと違う)
それ以外は全部塩辛。しかも原材料とか種類とか教えてもらったけど聞き取れない。
ちなみに全部お店で売っている塩辛らしい。
どうも塩辛を宣伝する意味を兼ねて出しているみたいだ。
メニューを見ると塩辛定食以外は焼肉とか酒類とか、どっちかと言うと夜のお店みたいだ。
はてさて、おかずに圧倒されるが、肝心の塩辛のお味は。

詳しくは後編で。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。