ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほんまさんのところで話題になったおでんの話。
今回のおでんは、静岡名産(ていうか他では見かけない?)黒はんぺんを入れた。
この黒はんぺん、いわしの練り物を平たく半月状にしたものだが、おでんに入れてよし、そのままあぶって生姜醤油で食べてもよしの食べ物だ。
これをフライにしたのもあまり見かけないのだが美味。
静岡おでん黒はんぺん入り

この平たい半月がそれ。
ちなみにさつま揚げは揚げはんぺんで、白い、いわゆる普通のはんぺんは白はんぺんだ。
なかなか難しい。
スポンサーサイト
うちメシ。
しかも買い物に出かけなかったので、買い置きのレトルトハヤシのもとを使って贅沢メニュー。
レトルトでオムハヤシ

卵を半熟のオムレツにしてご飯の上に載せ、温めておいたハヤシソースをかけるだけ。
このハヤシ、炒めたまねぎを追加してお湯で伸ばせば2人前出来そうだ。
味が薄い折にはケチャップで調整するとおいしそう。
ご飯は今回は白ご飯で作ったが、ケチャップライスのほうがおいしそう。

いつものごとくもりが汚いが、これでもっときれいに盛れたら手作り風に見えるかも(笑)
世間の皆様、お気をつけあれ(って何に?)
これももしものために買い置きしたカップ麺。
これは辛くないほう。
もし胃をやられていたらこれをと思って買ったのだ。
辛くない牛のスープ。
こういうのもたまにはいい。
これの袋麺は絶品。
日本で買うと高いけど韓国で買うと適正価格だ。

サリコムタンカップラーメン


これは日本でも結構見かける。
サリコムタンカップラーメン

やっぱり麺が丸い。
スープは白い。
サリコムタンカップラーメン

白濁スープはとんこつスープみたいだが、牛の出しなのでもっとあっさりしている。
ソルロンタンにラーメンを入れたような感じだが、それよりはこってりしているというか、しっかりした味わいというか。
これは是非日本でも高くない値段で販売して欲しい。
輸入品として買うとかなり高いので(笑)
韓国で買ってきたえび味のカップラーメン。
同じものの袋入りもあったが、今回はカップを買った。
本当は江景で塩辛定食を食べた後に、群山や全州に行って夜遅く帰る予定だったのでカップ麺を買い置きしておいたのだが、結局寒くて早々撤収してしまったので麺だけ残ってしまった。
えびカップラーメン

えびの絵が描いてあるので一目でわかる。
えびカップラーメン

麺は小さくて少なめ。
なぜか麺が丸くなっているのが韓国ラーメンの特徴。
スープはやはり辛そう。
えびカップラーメン

わかりにくいが、四角い板みたいなのが入っていた。
練り物のような、魚味のもちもちしたものだった。

だしはえびだしで、味もえび味。
えび本体ではなく、えび風味のかまぼこみたいなのがメイン。
これが意外においしかった。
でもやっぱり辛かった。
江景の塩辛定食で食べて気に入った数の子の塩辛をお土産に買ってきた。
ダルボングかでもの土産


食べた時点で多分数の子だと思ったのだが、家に帰って翻訳してみると、鯡卵と出たので、ニシンの卵のようだ。
やはり当たりだ。
韓国でもニシンを食べる(た)みたいだ。
やっぱり近い国だなあ。
家に帰って熱々ご飯で食べる。
ダルボングかでもの土産

にんにくや唐辛子がしっかりきいているので、ちょっとの量で十分。
とはいえ、本当は山盛りで食べたいがおなかを壊しそうだ。
ダルボングかでもの土産

数の子のプチプチ感と、絶妙な塩加減、
そしてにんにくと唐辛子。
これは日本でも売れそうだ。
やっぱり塩辛はご飯泥棒だ。
ただし匂うので仕事の前の日には食べられない。残念。
冷凍保存も可能らしいけど・・・
プテチゲを食べてしまったので、結構おなか一杯だ。
とはいえ、機内食がくれば別腹(苦笑)
今回驚いたのは、なんとホットミール!
今までは冷たいご飯にキムパプにおかずとかいう炭水化物たっぷりメニューだったのに、今回は普通の定食みたいだった。
びっくり。
ANA羽田行き機内食

おまけにデザートまで。
これって中国行く便とか、他のアジアに行く便と同じじゃないのかなあ。
ANA羽田行き機内食

もうホットミールってだけでだいぶ違う。
これはどうも牛肉のうま煮のようだが、野菜がおいしい。
(調べたら韓国風ビーフのブレゼ ライス添え、だそう。よくわからない)
しかも前菜付き。
なぜかいつも出た、えびのカレーマヨネーズ和えは出なかったけど、こっちのがいい感じ。
デザートはイチゴのムース。
これも色は鮮やかだけど味はおいしかった。
ANA、ひょっとして機内食に力を入れているのだろうか?
楽しい時間はここでおしまい。
プテチゲを食べてもう出国手続きをすることに。
その前にアシアナラウンジに寄る。
改装したみたいで椅子が増えてすっきりしている。
クラウンのワッフルがあったのでマンゴージュースとともにいただく。
韓国最後のおやつだ。
写真を撮り忘れる・・・

出国前にダッシュで買い物
金浦空港の出国ゲートの横が映画館(CCV)になっていて、そこの売店にホドクァジャが売っているのだ。
もちろん本場天安のものに比べると味は違うが、ここで買ってお土産にする。
江景往復の際のムグンファ号の中で売っていたのだが、荷物になりそうだったので買わなかった。残念だがここのも十分おいしい。
バター入りホットケーキミックスのような皮にあんこが詰まっている。
ホドクァジャ


ホドクァジャ

皮の中に胡桃が入って香ばしい。
皮がおいしい。

これは一口サイズなので映画を見ながら食べるのにも便利なのだろう。
前にはよく鐘路の駅前の屋台で売っていたのだが最近は見かけない。
昔っぽいからかなあ。
残すところあとわずか。
帰国しなくてはいけない(涙)
ということで、これから韓国入りするMオッパーと金浦空港で食事をする。
やっぱり一人では食べられないものをとのことで、プテチゲをいただく。
食堂のアジョッシに日本人だと見破られてしまう。
見ればわかると言われたけど、どうしてだろう?
私はともかく、オッパーは韓国語使いなのに。
空港でプテチゲ

火が通る前の鍋はこんな感じ。
空港でプテチゲ

おかずはこのような感じで、チヂミがあるのが嬉しい。
ここでもジャガイモの煮っころがしが出ている。
塩辛定食でも、キムパプ天国のおかずでも出たので、冬はジャガイモの煮っころがしが定番おかずなのかも。
確かにあったかいし、おなかにどしってくるからいいのかも。
プテチゲにはソーセージ、豆腐、ネギ、なぜか大豆、そしてマカロニが入っていた。
確かにソーセージも大豆もマカロニも米軍から放出されそうだ。
お店の人にラーメンを入れるかきかれたが、ご飯が出たのでラーメンは遠慮した。
ラーメンを入れるとよりプテチゲらしいのだが、ちょっと炭水化物多めなので(笑)
やっぱり本場のプテチゲはおいしい。
味噌が入っているのでコクも出ているし、何しろ辛いスープが、辛いのにスプーンがとまらなくなってしまうような魔法の味。
おいしすぎて出来上がった写真がなかった・・・
またもやキムパプ天国。
朝食はここに決まりか(笑)
今回もまたうっかりしてテンジャンチゲを頼んでしまう。
全メニュー制覇の夢が・・・まあいいか。

キムパプ天国のテンジャンチゲ

今回も同じような品揃えだが、おかずが若干違う。
このおかずはどうも日替わりみたいだが、日によってだいぶ違うような。
キムパプ天国のテンジャンチゲ

今回はじゃがいもの煮っころがし、甘いいかの和え物、黒豆、白菜キムチだった。
キムパプ天国のテンジャンチゲ

テンジャンチゲの中身はたまねぎ、ホバク(韓国かぼちゃ)人参少量など。
前のときより野菜が多めな気がする。
おかずも野菜中心だし。

ここの味噌は韓国味噌というより日本の味噌に近い味なので飽きが来ない。
韓国味噌だと場所によっては納豆系というか発酵が強い味のもあるので、飽きが来てしまうのだ。
もちろんその味のほうがいいという人もいると思うけど。

甘いいかの和え物は、裂きイカを甘くしたものみたいでご飯にあう。
甘いおかずでご飯は実はあまり好きではないのだが、このいかはおいしかった。
黒豆も日本に比べると甘みが控えめ。
自家製なのかちょっと固いのが残念。でも豆を煮るのって大変なので、もしお店で煮てたら大変だっただろうなと思う。
途中で白菜キムチを鍋の中に入れて、キムチチゲ風に。
体もだいぶ温まる。
朝から元気一杯だ。
韓国での楽しみはスーパーマーケットめぐり。
今回もEマート竜山店、金浦空港店、ホームプラス東大門店、ロッテマートソウル駅店と、4件のスーパーを回ってきた。
初めていったのはEマートの竜山店。
ここは大きな駅ビルの中の一角だが、実に広くて商品も結構豊富で買い物しやすかった。
同じようでも金浦空港店のが広いし、フードコートのメニューも豊富だが、明洞などに近いのはこっちなので、便利度はここのが上かもしれない。
ここでお土産になりそうないかの燻製を買う。
で、ちょっとだけ味見。
韓国のしいか

限定商品なのか平積みしてあった。
ものすごくおいしそう。
韓国のしいか

こんな感じでまるで駄菓子屋さんで売っているいかみたい。
ちょっとちぎる。
甘さがとてもいい感じ。
日本のだともう少し甘さが少なく塩辛い感じなのだが、これは塩気は控えめで甘さか勝っている。でもしつこい甘みではなく自然な感じ。
これはおいしい。
映画とかみながら一気に食べてしまいそうだ。
それにしても韓国はこういう干したものの技術が高いというか、おいしいものが多い気がする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。