ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿西口の刀削麺がある中華料理のお店、Xi`an シーアン。
前は違う名前だったと思う。
場所がいいのか、本格的なのか結構混んでいる。

いろいろ食べたのだが、写真が残っているのがこれら。
Xi`an シーアンで中華三昧

えびのピリ辛揚げ、パン粉添え。
大珍でも食べたことがあるが、ここのは大珍よりお上品な味。
とはいえ、程よく辛くてうまい。
写真はないが、なすの山椒炒め。
ナスの皮をむいて塩味で炒めたもので、コレもまた辛くてうまい。
これはコースのメニューになっているので、ひょっとするとお店のおすすめ品なのかも。

外せないのが、水餃子。
Xi`an シーアンで中華三昧

Xi`an シーアンで中華三昧

ここのも皮がもちもちで、中のあんにはセロリが入っているのかちょっと癖がある。
フールーチーという、鶏のから揚げも食べた。
これ、スパイスの感じが、韓国で食べたドゥルドゥルチキンとかのヤンニョムじゃないほうのチキンの味に似ている。
台湾ほどスパイシーではないけど、隠し味に五香粉を使っているような。
さくっと揚がっていて骨もすぐ外れる。

そしてやっぱり刀削麺。
麻辣刀削麺を頼む。
Xi`an シーアンで中華三昧

全部では多いのでとりわけ。
Xi`an シーアンで中華三昧

ちょっと脂っこいかなあ。
とはいえ、華隆に比べると辛さはそれなりにあるが、味も抑え気味でお上品。
麺はその場で削っているので、削るの見ることが出来る。
麺はもちろんおいしい。むちむち系。
香菜たっぷりで食べるとなおうまし。

しかしこの店の本領は実はこれではなさそうだ。
続きは明日~

スポンサーサイト
職安通りと小滝橋通りとの交差点、カレーのシディークとかある交差点のちょっと職安寄りに新しくできたらしい、リトル台北というお店。
台湾名物タピオカ入りの飲み物と、ルーロー飯の持ち帰りの店らしい。
職安通りでこういうお店は珍しいので寄ってみる。

まずは、チョコレートティにタピオカを。
このミルクティ類はホットにもアイスにも出来るそうだ。ここはホットで。
リトル台北でバブルティ

種類はかなりある。
リトル台北でバブルティ

もちろん台湾でおなじみの機械でカップの上はビニールでしっかり封をする。

味はミルクティベースのようだが、ティの部分があまり感じない。
ミルクはココナッツ風味だ。
タピオカは黒くてもちもちの定番のもの。
日本でも飲めるお店が増えているが、この味がどことなくジャンクで本場っぽい。

写真はないがその後にミルクティのアイスもいただいた。
ミルクティもココナッツ風味だったので、ここのベースはココナッツなのかも。
イートインのスペースがあればもっといいのだが、この界隈でこういうお店はあまりないので是非続け行って欲しいなあ。
ちなみにルーロー飯とスープのセットとかあってお得。

リトル台北でバブルティ

新宿ランチ。
最近はタイ料理がマイブーム。
ということで、今回はお弁当がおいしそうでいつも立ち止まる、ピッチーファーへ。
今回は駅のそばにある2号店のほう。
ここは土日祭日で、ランチバイキングをやっているそうだ。
種類は豊富で、しかもおかずをコンロで温めながら出している。
これは嬉しい。
ピッチーファーのランチバイキング

ピッチーファーのランチバイキング

ピッチーファーのランチバイキング

これで3人分。
決して一人で食べたわけでは(笑)
鶏肉のバジル炒めも、グリーンカレーも、ソムタムもある。
ご飯は白ご飯とチャーハンと2種類。

ピッチーファーのランチバイキング

ピッチーファーのランチバイキング

フォーは自分で作ることも、お店の人に作ってもらうことも出来る。
スープは鶏のスープと、トムヤムガイと2種類。

どの料理もおいしいが、どれもみんな辛い。
野菜炒めも唐辛子が利いているし、カレーの味も辛い。
辛くない食べ物が少ない・・・
ちょっと厳しいかも。
とはいえ、野菜も多いし、味もいい。
辛いのを除けば、体にもよさそう。

デザートはフルーツとタピオカココナッツミルク。
ピッチーファーのランチバイキング


タピオカミルクにパイナップルを添えて。
後、珈琲も飲み放題で900円。安い。
ドクターペッパーを買った、アキバと御徒町のはずれにある輸入菓子のお店。
他にもいろいろ売っている。
しかも私好みのジャンクな物ばかり(嬉)
残念なことは日曜日が休みなことくらい。

ここの目玉は箱つぶれのプリングルス。
しかも定番味ではなくて、こういうところでしかお目にかかれなさそうな味ばかりなのがいい。
プリングルス

青いほうがビネガー味で、緑のほうが辛いアボカド味。
ワカモレ味とか言うらしい。面白い味だ。
ちなみにビネガー味は名前の通りすっぱいのだが、どちらかというとすっぱムーチョの味なので食べやすい。
アボカド味はなじみがないので、おいしいのだがなれない。

トルティーヤ


トルティーヤもアボカド味があり。
コーンチップなのだが、ちょっと癖がある味だ。
いい意味でも悪い意味でも輸入菓子の味がする。
ジャンクな味が苦手な人はつらいかも。
もちろん私は大好き(笑)
沖縄編その2、スーパーで売っていた沖縄限定らしいカップ麺。
うちなーヌードル
うちなーヌードル

あっさり味だそう。
チャルメラの系列で出ているので、ラーメンなのね。
うちなーらーめん

確かに具はラーメンと同じように、卵に干しえびとか定番のもの。
早速食べる。

たしかに薄味で、でもだしがしっかりきいている。
沖縄そばにしてはちょっと油が多めだから、ラーメンの系列になるのかもしれないが、かなりのおいしさ。
これ、全国で発売して欲しいなあ。
沖縄で買ってきたレトルトパックのぜんざい。
すぐ食べようと思ったのだが、今頃になってしまった。
むこうでは、氷小豆みたいにして食べるのが定番だそうだが、冬は温めて食べたほうがいいみたい。
ぜんざい

これは麦いりだが、麦の入っていないものも売っていた。
早速容器に移す。
ぜんざい

沖縄のぜんざいは、小豆ではなく、金時豆なのだ(驚)
麦のつぶつぶと、大きめで甘い金時豆が意外と合う。
味付けもかなり甘いので、氷と一緒に食べるのが本当によく合う味だ。
黒砂糖の甘さなのか、味の感じがイメージしていたものとかなり違ったので驚いたけど、おいしかった。
重たいけどお土産向きかも。
なんだか珍しいものを見つけたので買った。
日清焼チキン

焼チキンですよぉ(苦笑)
焼きそばじゃないの、焼チキンなのぉという感じでしょうか(笑)
袋の裏に書いてある通り、先にスクランブルエッグというか、大き目の炒り卵を作っておいて、それをお湯でゆでながら麺をゆで、水分をとばすというなんだか不思議な手順で完成。
青ネギは散らすと書いてあったのだが、ネギが硬かったので、ゆで途中に投入。
日清焼チキン

食べてみる。
お味はやはりチキンラーメンのスープなしの味。
卵の組み合わせはなかなかいい。
普通の焼きそばを期待すると?だけど、チキンラーメンだと思えば・・・

・・・後2つあるのでどう食べよう。
前に紹介した富士のみやまんと似ているけど違うらしい、沼津の都まんじゅうだ。
沼津西武の都まん

ここのお店は沼津西武の裏に工場兼売店という形であるのだが、ちょっと不便なのでいつも沼津西武で買う。
他のお店にお客さんがいないときも、なぜかこことミニクロワッサンのドンクだけは混みこみ。
沼津西武の都まん

この白あんがなんともいえなくおいしいんだよねえ。
1つ30円程度(京都のはもっと高かった)とリーズナブルなのも人気の秘訣なんだろうなあ。
沼津の駅から歩いて10分とか15分くらいかかる場所にある、商店街のはずれのお店、桃屋。
テレビなどで取り上げられて有名らしい。
有名になる前から結構通ってはいたのだが、不便な場所なのでいくときは気合を入れていかないと。
前に行ったときは時間が遅かったので、コッペパンサンドが食べられなかった。
今回は時間も早いし大丈夫。
桃屋のコッペパンサンド

まずはお好みサンド。
薄いハムとハムカツとコロッケが入っている。
ここのソースは2種類で、普通のソース(中濃っぽい)と甘いたれ。
甘いたれは照り焼きソースというより、あんかけのソースの固いのという感じだ。
桃屋のコッペパンサンド

たらりとかかっているのが甘いたれ。
桃屋のコッペパンサンド

これはハムカツサンド。
ハム3枚という贅沢なサンドだ(笑)
これも甘いたれで。
このハムカツもお店で揚げているので揚げたてでさくさく。
残念ながら熱々ではないが・・・
桃屋のコッペパンサンド

メンチカツサンドにもハムが入る。
唯一ハムが入らないのはカツサンド。
桃屋のコッペパンサンド


このカツが大きくて厚い。
カツに関しては甘いたれより、ソースで是非。
カツサンド、メンチカツサンドだけは高いのだが、他のサンドは130円なり。
お店はこんな感じでパチンコ屋の前。
桃屋のコッペパンサンド
スガキヤの普通のラーメンを紹介してなかったことに気がついた。
画像は昔撮ったもの。
とはいえ、最近のもまったく同じなので、変化がないことはいいことなのだろうか?
スガキヤの普通のラーメン

普通のラーメンは赤い器に入っている。
こればっかり食べていたので、食器の返却口に他の器が置いてあったときにむしろびっくりしたものだ。
他の器は特製ラーメンとか肉入りラーメンとかのものだった。
貧乏学生だったので肉入りは贅沢だったのだ(笑)

ラーメンの出しは特製も肉入りも一緒で、具の多さだけが違うようだ。
でもなんか特製は麺の量も心なしか多かった気がする。

このシンプルなラーメンが280円なので、学生には大変ありがたかった。
そういえば醤油ラーメンもあったような気がしたのだが、幻だったのだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。