ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前から気になっている、メトロ食堂街のつな八イートイン。
そこでもっと気になっているのが、時々売っている揚げ玉。
(私は天かすと呼んでいるのだが、揚げ玉といわれた)
ここの油の香りが脂っこくて、なんともいえずおいしそうだ。
きっと揚げ玉もおいしいだろう。


つな八の揚げ玉

こんなにいっぱい袋に入っている。
確か105円だったと。
家に帰って油切り兼保存。
つな八の揚げ玉

早速揚げ玉丼を作ってみる。
具はシンプルに青ネギと揚げ玉のみ。
つな八の揚げ玉

さくっと天つゆをかけていただく。
揚げ玉のみだけどやっぱりおいしい。

この後に揚げ玉、ネギ、豆腐を軽く煮て卵でとじた丼を作ったらこれもおいしかった。
おいしすぎて写真なし(笑)
スポンサーサイト
御茶ノ水だけど、一応神保町エリアで。
食べそびれた昼食を食べに、御茶ノ水界隈へ。
今回、学生御用達のメタボ食、キッチンカロリーのカロリー焼きを初めて食す。
食券買って店内へ。
キッチンカロリーのカロリー焼き

キッチンカロリーのカロリー焼き

にんにく醤油の香ばしい香り。
肉野菜炒めの下には、パスタがどっさり。
しかもパスタは喫茶店ナポ風ではなく、普通のパスタ。
逆にびっくり(笑)
それにご飯がつくので、これこそライスアンドパスタ。メタボ食の極み。
キッチンカロリーのカロリー焼き

味は予想していたより薄味。
でもにんにく醤油がきいているので、ご飯のおかずとしてぴったり。
野菜はたまねぎ中心だけど、メタボで野菜が多いのはありがたい。
お昼を食べ損ねて空腹だったけど、かなり満足。

これで大盛りを頼むとどうだったんだろう・・・
いつも気になるのが、イタリアンスパゲティ。

小さいころよく行ったフードコートに、イタリアンスパゲティというのがあって、鉄板の上にのったナポリタンの周りに薄焼き卵がかかっているものをよく食べた。
どうもそれがイタリアンみたいなのだが、ナポリタンとの差は卵があるかないかということだろうか?
新潟のイタリアンという食べ物とは別物みたいだし。
ということで、イタリアンを購入。


イタリアンスパゲティ


麺は太くてネトネト。
典型的な喫茶店のスパゲティ。
こういうのがいいなあ。
イタリアンスパゲティ

シンプルにハムとたまねぎのみの具で勝負。
喫茶店のナポリタンよりちょっと薄味だが、舌や唇が赤く染まりそうな味わいは健在。
パスタももちろんおいしいが、たまにはこういうスパゲティっぽいのもいいなあ。
帰ることに。
最後に那覇空港のsignetで一服。
那覇空港signet

窓からは海が見える。
前はなかったと思うが、シークワーサージュースがあった。
早速飲む。
これは沖縄という感じがしてとてもいい。
他にも沖縄らしい飲み物として泡盛がおいてある。
残念ながら飲めないけど。
他の飲み物は全国同じようなので特色がない。


今回のお土産放出。
霧の紅茶

霧の紅茶。
地元ではあまり見かけない。
横浜ポルタにある輸入食品の店の冷蔵庫に入ってたので、もしかすると流通ルートがあるのかも。
マミヤのかまぼこ

定番、マミヤのかまぼこ
今回は大好きなちぎり揚げのほかに、アーサのかまぼこも。
アーサは癖が強いと思っていたけど、こうやって食べるとおいしい。
やっぱり沖縄はいい。
沖縄名物塩せんべい。
煎餅というけど、小麦粉で出来ている。
ぜんざいとか食べに行くとウエハース代わりについているのだが、これが素朴でおいしい。
いつも見かけたら買うのだが、今回某ドラッグストアで割れせんが安く売っているのを見つけて買った。

塩煎餅

割れているだけで、普通で買うのより量も多くて安い。
どうせ家で食べるだけなので、これで十分。
塩煎餅


塩煎餅

家に帰ってあけてみると、すべてが割れているわけではなくて、結構原形をとどめているものもあったのでちょっと嬉しかった。

しかしこのせんべい、普通にせんべいとして食すのではなく、ジャムとかチョコクリームをつけて食べるものらしい。
もしくは軽くトーストしてバターでとか。
これはせんべいではなく、パンとしての位置づけなのではないだろうか(大げさ)
確かに昔、駄菓子やでみるくせんべいの上にすっぱい梅ジャムをかけて食べるのがはやったけど、それと同じだろうか。
今回はせんべいとしてたべてしまったので、次回はチョコクリームを塗って食べることにしよう。
・・・このままで食べても十分おいしいけど。
スーパーでお土産物色。
沖縄っぽくておいしそうなもの、ということで今回はこの2つを買う。
ミミガーと砂肝ジャーキー

両方とも日持ちしそうなので家で食べる。
まずはミミガー。

ミミガー

ミミガー

豚の耳を加工したものだが、コラーゲンいっぱいというか、脂っこい。
燻製風になっているが、ちょっと癖がある。
砂肝ジャーキー

砂肝ジャーキー。
沖縄特産というわけではないだろうが、これも面白い。
味はスパイスが効いていてお酒にあいそう。
臭みなどはない。

お酒ではなく、ルートビアで一杯。
ルートビア

沖縄っぽい組み合わせだが、実際は余りあわなかった。

ちなみに砂肝は近所のイオンで売っていた。ミミガーも探せばあるかも。
ルートビアも輸入菓子屋で売ってたし。
重たかったのに~
今回の目的、メタボ食を極めるべく、最強食堂に出向く。
この食堂、24時間営業でかつ大盛りの食堂らしい。
これは気になる。
その中でも最強メニューだという、最強ランチを頼む。480円。
このランチ、ランチという名前だがどの時間帯でも頼めるらしい。
さすが沖縄。
最強食堂の最強ランチ

こんな感じでワンプレートに汁物がつく。
ご飯はさほど多くないように見える・・・
最強食堂の最強ランチ

でもそれは多分錯覚。
最強食堂の最強ランチ

汁物はお吸い物ではなく、なぜかコンソメスープ。
でもちょっと和風の味もする。
不思議。
それにしてもおかずがまた最強。
ポーク卵にカツ、マカロニサラダ。つけあわせがサラダではなく、キャベツという感じだ。
ポーク卵とカツ、ダブル主菜だ。
マカロニサラダも副菜のはずだが結構量が多い。
カツはとんかつ。肉は薄めでスパイシー。
ここもにんにく風味。
これも揚げたてで熱々。
ポーク卵は定番ながら、これを食べると沖縄に来た!という気がする。
マカロニサラダも家で作ったようなマイルドな味。
きっとマヨネーズの味が違うんだろうな。
ご飯は少なめに見えたがやはりそれは錯覚。
しっかり重い。
とはいえまたもや完食。

ここの沖縄そば小はなんと180円らしい。
さすがに食べられなかったが、今度は食べてみたい。

最強~

最強食堂の最強ランチ

滞在時間が短い沖縄旅のため、早速買い物に行く。
最近のお気に入りは栄町市場。
安里の駅を降りてすぐのところにある、昔ながらの商店街だ。
おばあ度が高くて自然体の沖縄を見られる場所だと思う。
今回はその中で、てんぷらを買っていくことにした。
お惣菜も買いたかったのだが、沖縄はまだまだ暖かい。
ちょっと心配になった。
山之端天プラ店のてんぷら

てんぷらはこんな形でショーウインドに並んでいる。
今回はいかとサツマイモを購入。
山之端天プラ店のてんぷら

いかはフリッターのような衣の中に、直方体に切ったいかが入っている。
衣のが絶対量が多いがそんなのは気にしない。
これは衣がおいしいのだ。
山之端天プラ店のてんぷら

山之端天プラ店のてんぷら

サツマイモ天。
このサツマイモ、なんと紅芋。
これも厚めの衣に包まれている。
衣がもこもこ、芋ももこもこなのだが、どういうわけだかおいしい。
衣に味がついているので、ご飯のおかずというよりおつまみっぽい。
朝食がつかないホテルに泊まったので、スーパーで朝食を買う。
オキコパンのチョコメロン。
快可

中にマーガリンが入っている。
マーガリンというか、バタークリームというか、ちょっと甘いようなしょっぱいような味。
そういえば沖縄のマーガリンはホリデーマーガリンという、ちょっと違うマーガリンなので、このマーガリンも違うのかも。納得。
お供は沖縄でしか飲めない(でもネット通販してるらしい)森永ヨーゴ
森永ヨーゴ

森永ヨーゴ

乳酸菌飲料なので、同じ森永でもマミーに近い味だが、マミーよりあっさりしていてぐいぐい飲める。
この朝食、なんか沖縄の小学生が食べていそうだ(笑)
沖縄といえばやっぱりこれでしょう。
クイックリーのパールミルクティ。
クイックリのパールミルクティ

クイックリのパールミルクティ

台湾が本店なので、見た目も台湾の屋台のジュースみたい。
どういうわけだか沖縄をはじめ、名古屋の大須とか福岡とか、屋台が似合う場所に多い。
ここの飲み物は種類も豊富で、しかもどの飲み物にもタピオカ(パール)を入れることが出来るそうなのだが、いつも定番のミルクティにしてしまう。
杏仁味とかあるみたいなんだけど・・・
やはりこの飲み物は暑いところで飲むのがおいしいなあと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。