ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MRTにのって移動。
民権西路で降りて、今まで行ったことのない、晴光市場というところに行く。
晴光意麺


ここは朝から晩まで市場をやっているところだという。
これはいつ行っても楽しめる。
市場はそんなに混んでいなくて、シャッターがしまったままのお店もある。
近所の商店街みたいだ。
値段も少し安いようだ。
その中でもお客さんがいたお店に入る。
入るといってもほぼ屋台。


晴光意麺

晴光意麺

いろいろな麺があるのだが、何を頼んでいいかわからない。
招牌麺と書いてあるものを頼む。
招牌飯がその店のおすすめご飯という意味があるということを聞いたことがあったのでそれに賭けてみる。
どうだ。
テーブルには謎のソースとたまねぎみたいなのが。
晴光意麺

ややあって麺がやってくる。
なんだかおいしそうだ。
晴光意麺

麺はこんな感じでつるつるしている。
晴光意麺

もやしとたまねぎがメインのようだ。
お店の人が日本語で、「これ辛い、おいしい」と、横のたまねぎみたいなのを指したので、それを入れて混ぜる。
晴光意麺

まずはずるっと。
汁なし麺なのであっさりいただける。
上にかかっていたたまねぎは甘めの味付けで、肉なしのルーロー飯のよう。
たまねぎのしゃきしゃき感ともやしのくったりなのにしゃきしゃき感が面白い。
麺はつるつるねっとり、もっちりなのでその食感の変化もいい。
辛くておいしいものもなかなかの味。
ザーサイの漬物のような、でももっと素朴な味でこれもいいかも。
ただ量が少ないのでお替りするか、別のものを頼むかしないと。
飲みの〆炭に使えそう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。