ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
屋台での濃い味付けの食べ物には、台湾らしい甘い飲み物が合うような気がする。
おなじみネスティでも、なんとりんご味のスパークリングティが。
アップルティに炭酸というわけではなく、それぞれが別物という感じがする。
日本で飲んだらおいしくないのかもしれないけれど、ここで飲むとおいしく感じる。
不思議だ。

ネスティりんご味

ネスティりんご味


夜市から帰り、宿のそばのジューススタンドへ。
傅奇茶坊というらしく、チェーン店だ。
ここで売っていたのはなんとチョコレート紅茶。
前にプリン紅茶を飲んだことがあったけど、チョコレート紅茶は初めて。
台湾には変わり紅茶が多いようだ。
タピオカも入れられるみたいだけど、ここはノーマルにチョコレート紅茶を。
チョコレート紅茶

ホテルの周りは遅い時間になるとほとんど店じまいしてしまうのだが、ここは結構遅くまでやっていた。
若者は700ccの大きなカップで買っていたが、若者ではないので小さいほうでもらう。
チョコレート紅茶

味はチョコの味が強くて、紅茶らしさはない。
後味さっぱりなのがココアとの違いか。
ちなみにここではパールミルク系を飲むのがおいしいらしい。
冒険せずにパールミルクにすればよかった・・・
スポンサーサイト
きのこは食べきれないので宿でおつまみとして食べるとして、他にも何か食べてみたい。
ぶらぶら歩いていると、目に付いたのがこれ。
猪血粽


猪の血ということは、豚の血の塊だろう。
韓国のスンデみたいなものか、それとも火鍋に入れておいしい豚血の煮こごりか。
店の前では若いカップルが1本ずつ頼んでいる。
様子を見ていると、駄菓子で売っているような紙カツ状の豚の血に、辛いたれをかけ、謎の粉と香菜をまぶしている。
辛いたれは、小辛から大辛まである。
まずは小辛にして様子を見る。

猪血粽


粉にはピーナッツが混じっているみたいで、きなこのようなピーナッツのような不思議な感じだ。
韓国のサムギョッサルにきなこをかけて食べる焼肉屋を思い出してしまった。あれはもそもそしていただけない(苦笑)
しかしここのは辛いたれがピーナッツ粉と混じって甘さと辛さと野関係が絶妙になる。
中の豚の血は煮こごりというより、スンデに似ているの粽とかそういう米が混じったたぐいのものだろう。
生臭さはまったくなくおいしい。
ここでは2軒が隣り合ってしのぎを削っていたり、そのほかにも小さい店舗があったのだが、他ではあまり見かけないので人気がないのだろうか。
おいしいけど昔っぽくてワイルドな味かも。
私は好き。
さっそく、南雅夜市(板橋観光夜市)で名物を探しに行く。
でもあまりよくわからない・・・
面白そうなものがあったので立ち寄る。
揚げきのこの屋台だ。
これはおいしそう。
早速頼む。
南雅夜市(板橋観光夜市)no

南雅夜市(板橋観光夜市)の揚げきのこ

マッシュルーム、多分エリンギ(あわび茸)もうひとつはなんだろう?
ミックスを頼むことにした。
これだとすべてのきのこが楽しめるはず。
しかも味も選べるそうだ。
味は普通のにした。
揚げているのを見る。
すごい大盛りだけど、これで50元?
50元は高いなあ(200円弱)と思ったけど納得。
しかもこれってその場で食べるものじゃなくて、お土産だよなあ。
南雅夜市(板橋観光夜市)の揚げきのこ

揚げているもの通り、大盛りになって登場。
金針というのはえのきだけだったようだ。
山盛りえのきの下はエリンギとしいたけ。
正確に言うとしいたけではないようだけど、とりあえずしいたけに似たもの。マッシュルームではなさそう。
南雅夜市(板橋観光夜市)の揚げきのこ

南雅夜市(板橋観光夜市)の揚げきのこ

南雅夜市(板橋観光夜市)の揚げきのこ


や、うまいね。
揚げたてでパリッとしているせいもあるけれど、辛い粉が淡白なきのこの味を引き出している。
この粉、ビールが合いそう。
えのきのパリパリ感もいいし、エリンギのむちっとした歯ごたえも、しいたけの肉厚で濃厚な味もいい。
これ、日本で売ってくれないかなあ。
絶対売れると思うけど。
今回は今まで行ったことのない夜市へ行ってみることにする。
前に台湾に行ったときに買った夜市の本が頼り。
いろいろ迷ったのだが、西門町からMRT1本でいける府中という場所にある、南雅夜市(板橋夜市)に行くことにする。
ここはあまり情報がないので、大当たりになりそうな気がする。
幸いMRTが最寄まで通るようになったので実に行きやすい。

MRTを降りると、駅前も繁華街になっている。
大きいファッションビルがあったり、ワトソンズとか買い物する場所もしっかりある。
しかし夜市は繁華街のほうではなく、駅を正面にして右側の方になる。
そっちは怪しいシティホテルと大きな幹線道路しかないので、一瞬間違えたかと思ったが、すぐに太い道路が見えたので、その道路沿いを歩いて、駅の裏側方面に向かう。
そうするとなんとなく商店街っぽい場所が現れた。
この展開は基隆の夜市に似ている。
必ずしも駅の周りが夜市になるわけではないのだろう。
そう思うと、士林や松山駅のそばの饒河街観光夜市などは便利な場所にあるのだろう。
だからこそ人がいっぱいくるんだと思うけど。

ようやく夜市らしい場所を見つける。
と、人、人、人。
休日の夜だからもあるだろうけど、士林もびっくりの夜市だった。
まずは洋服ばっかり売っている場所を覗く。
若者で大混雑。
変な日本語Tシャツは見かけなかった。もうはやっていないのかも。

南雅夜市(板橋観光夜市)


南雅夜市(板橋観光夜市)


洋服ばっかり売っているほうの入り口。
駅から来る道路からはこっちが近いと思う。
南雅夜市(板橋観光夜市)

南雅夜市(板橋観光夜市)

洋服ばかりの場所は狭い細い通路なので人で身動きが取れない。
シンガポールのブギスジャンクションみたいだ。

洋服ばかりの場所を抜けて、メイン道路へ。
ここらへんは食べ物屋さんばかり。
牛排(ステーキ)屋が大人気。
おなかをすかしてくればよかった。
南雅夜市(板橋観光夜市)

南雅夜市(板橋観光夜市)

南雅夜市(板橋観光夜市)

太い道路沿いに歩くと、商店街と屋台とが混在してくる場所になる。
安売りスーパーもあってとても便利。
南雅夜市(板橋観光夜市)

太い道路側のゴールはここ。
途中にお茶を飲んでだらだら出来る茶芸館があってびっくり。
夜市の雰囲気とはちょっと合わないが、繁盛してるみたいだ。

南雅夜市(板橋観光夜市)

なぜかすごく並んでるポップコーン屋さん。
もちろん並ばない(笑)
ポップコーン、人気なの?
南雅夜市(板橋観光夜市)

人だかりにバイクはつきもの。
ものすごい人でびっくりした。
物は比較的安いし、食事も安い。
夜市のルート上に安売りスーパーが2軒あったのでお土産にも事欠かないと思う。
台北駅、西門駅からMRTで1本なので便利だし。
観光客慣れしていない夜市で、穴場だと思う。
アストリアのすぐそばにある、城中市場。
ここはややおば向けの安い洋服とか靴とかお土産になりそうなものがいっぱいある。
その市場の中に自助餐という、おかずを量り売りで買うバイキングのような食堂が何軒もある。
どこも個性豊かでおいしそうでおいしいのだが、その一軒の軒下を借りて営業しているのが、この愛玉屋さん。
軒下が店舗になっているので、そこの周りを囲うようにして食べるのだがまたそれがおいしい。
お店はこんな感じ。
城中市場の愛玉

おばちゃんがやっていて、いつも女のお客さんがいっぱい。
いつの時間もそうなので、やっぱりおいしいのだろう。
士林で食べても、どこで食べてもここの愛玉にかなうものはないと私が思うくらい絶妙な味加減。
見た目はとっても素朴なのだが。

城中市場の愛玉

ジュースをずるっとすするとさわやかなレモン味。
愛玉は喉越しがよくスマート。
愛玉に味がない分シロップで甘みをつけているのだが、その甘みが甘いけど癖がないのだ。
いつもこれしか頼まないので、他のものを食べてみたいと思うのだがやはりこれを頼んでしまう。
おいしい。

軒を借りてる三来素食館という、精進料理バイキングのお店だが、ここもまた絶品。
昼夜通って弁当も食べた経験がある。
今回はおなかの都合により食べなかったが、ここはおいしい。
おばちゃんも親切だったし。
確か地球の歩き方に載ったこともあった気がするが、一人で食べるにもテイクアウトにもちょうどいいお店だ。
西門町へ行く途中に購入した、アストリアというベーカリー菓子屋。
ここはちょっと高級で、お店も老舗の風格が漂う。
普段はこのそばの十字軒に行くことが多かったのだが、今回はちょっと贅沢してみた。
アストリア(明星)のパイナップルケーキ

どことなくレトロでキッチュ。
これもお金かかってそう(笑)
パイナップルケーキはこれ。
これは特選商品なのか、ここの普通のと入れ物が違うような。
アストリア(明星)のパイナップルケーキ

パッケージが高級そう。
これ、1つで35元した。
前日の麺線が40元なので、どうなんだろう?

空けてみた。
アストリア(明星)のパイナップルケーキ

おお。
おいしそう~
早速割る。

アストリア(明星)のパイナップルケーキ

うおお。
ジャムがいっぱいでクッキーが薄い。
さくさくクッキーに程よい甘さのジャムがびっしり。
このジャムがうまい。
これは35元の価値があるかもしれない。
すごく久しぶりに、西門町の阿宗麺線へ行く。
ここの麺線はかつおだしがきいた独特のとろみのある麺線で中毒性がある。
そうめんみたいな細い麺にかつおだしが絡んでうまい。
しかもトッピングにパクチーがのるのでさらにうまさ倍増!
まずは画像で。

阿宗麺線

さらにアップで。
阿宗麺線

豚の大腸がぷるんぷるんでうまい。
ここまで臭みが抜けていると食べやすいと思う。
そしてもっともっとおいしいのがこれ。
阿宗麺線

魔法の調味料。
にんにくだれと酢と唐辛子ソース。
このにんにくだれが魔法の正体だと思うのだが、これが加わると味に深みとコクがでて麺線のとろみと出しの濃さとあいまってなんともいえないおいしさ。
これとビールって合うと思うんだけど、残念ながら立ち食いでささっと食べていくのが決まりのよう。
もちろん持ち帰りも出来るけど、やっぱりできたてにはかなわない。

今回は小碗で食べたけど、やっぱり大きいのにすればよかった。
うまし。
台湾で見かけた不思議な飲み物。
台湾のヨープレイト

ヨープレイトの商品だが、日本語が変。
どこが美しいのだろう?
中身は韓国で飲んだつぶつぶ入り(カプセルらしい)ヨーグルトと同じ。
変な日本語につられて飲んだが、つられる必要なしかも。
酸梅湯

酸梅湯。
韓国ではメジャーな飲み物。
昔有名店でも飲んだことがあるのだが、梅ジュースに鰹節とかんなくずを混ぜた様な味わいだった。
かんなくず食べたことあるのか・・・実はある(苦笑)
この味は今回のも同じ。
有名店で飲んでも、これを飲んでも同じなので多分そんなに好きな味ではないのかも。
お昼をしっかり食べてしまったので、散歩に出かける。
目指すはパイナップルケーキ。
前も行ったことのある、李製餅家というお店に行く。
前はパイナップルケーキは売り切れで、カレーの入ったパイを買って食べたような気がする。
それはちょっと物足りなかったので、今度はパイナップルケーキを買いたい。
このパイナップルケーキは、基隆にあるパイナップルケーキの老舗の李家三兄弟の一人がやってるお店から運ばれてくるらしく、それが来ないときは品切れらしい。
私が行ったときにちょうど荷が入ってきていたのですんなり買えた。
24個入りを1箱買う。
李製餅家のパイナップルケーキ

この箱にぎっしり入っている。
中身のパイナップルケーキは薄い紙で包まれている。
柄はレトロ。
李製餅家のパイナップルケーキ

中を開くとこんな感じ。
小ぶりかも。
李製餅家のパイナップルケーキ

割ってみる。
李製餅家のパイナップルケーキ

外側はさくさくのサブレー生地。
パイナップルジャムは少なめ。
かじってみるとほんのりした甘さに、しっとりしたジャム。
ジャムの甘さも控えめ。
どちらかというと上品な味だ。

前にここの本店というか、兄弟分の店、基隆の李鵠餅店のも食べたのだが、こっちのほうが全体的にこってりというか、甘さもバーンと来てジャムも多かった。
このパッケージはアルミ製みたいだ。
李鵠餅店のパイナップルケーキ

好みが分かれるところだが、もう少しパンチの効いた味でもいいかも。
どっちにしてもパイナップルケーキはおいしい。

麺だけでは足りずに、昼食のはしご。
晴光市場からMRTの駅方向に向かう途中にある、ヒゲ張魯肉飯へ。
ヒゲ張魯肉飯


昔、この店の本店に行ったことがあったのだが、カフェみたいなお店ではなく、昔っぽい食堂風だった記憶がある。
今回はカフェ風の店内で食す。
ヒゲ張魯肉飯


まずは定番、魯肉飯。
他にも食べたいものがいっぱいなので、小を頼む。


ヒゲ張魯肉飯

魯肉がそぼろのようにかかっている。
ご飯もそぼろも少なめだけど、たれがこってりしている。
一緒に青菜炒めも頼む。
ヒゲ張魯肉飯

ヒゲ張魯肉飯

この青菜が絶品!
普通の醤油ににんにくが入っているのだが、にんにく使いが絶妙。
しょっぱめのたれににんにくが合うこと!
魯肉は甘めでしっとりしているので、しょっぱい青菜が合うこと。
魯肉飯と一緒にかきこむようにして食べる。
これは美味。
台湾の料理は全体的に甘めで、しかもここは結構甘いのだが、この甘さが癖になりそう。
老舗はやはりおいしいのかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。