ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前から気になっていた、中華街大通りにあるお店、安楽園。
なにしろ強気なのは、店の前にメニューもサンプルも何もないこと。
何か書いてあると思ったら、店の前で立ち食いするな(要約)だし、なぜかビザとかマスターとかのカードのマークがある。
現金で払えない人がいるほど高級料理店なのか??

ランチも特にやっていないようなので、同行者を連れて夕食に行く。
さすがに一人ではいけない^^;
安楽園の中華

安楽園の中華

お茶は社員食堂みたいな急須に入って出てくる。
しかも中華料理天なのに日本茶。
部屋は床の間がある個室を3組でシェア。
給仕をしてくれるお母さんたちは割烹着姿。
定年もないみたいだ。

コースもあったが、アラカルトで注文する。
特にこの料理が食べたい!というのがなければ、コースがお得みたいだ。
まずは、鶏の唐辛子炒め。
安楽園の中華

安楽園の中華

小さいサイズを注文したが、結構多い。
鶏はしっかりした味で、唐辛子の辛さも辛すぎずちょうどいい味。
しみじみ辛いという感じだ。
次は豚肉のザーサイ炒め。
普段はあまり頼まないものだが、あえて頼む。

安楽園の中華

ザーサイの塩気と豚のほんのりした甘さがよくあう。
それにしてもここの料理は昔ながらの中華料理の味がする。
北京料理のお店ということだが、北京料理っていまいちよくわからない。
次は春巻
これで小さいのだ。
大きいのを頼んだら、どうなることやら(笑)
安楽園の中華

にんじんで作ったウサギがかわいい。
安楽園の中華

春巻もかりっと揚がっていて、中身も野菜と肉があんかけになっていて昔ながらのほっとする味だ。

〆はご飯物。
〆炭でござい。
焼きそばかチャーハンか迷ったが、チャーハンで。
定番の五目チャーハンを頼む。
安楽園の中華

ご飯がねっとりなのにぱらっとしたチャーハン
これもやっぱり昔っぽい。
味もレトロで中に入っている具も、色つきのかまぼこというか、なるとの巻いてないようなのが入っていて、これがまたいい。
安楽園の中華

スープもラーメンスープとは違う、中華のスープで、ちょっとしょっぱい。
ここもまたレトロな味わいで、チャーハンと食べると実にちょうどいい。

トイレは外トイレ。
調理場の隣の外の突き当りという、説明するには微妙な場所にある。
庭の中かよ(苦笑)

安楽園の中華

夜、一人で行くのが怖い旅館のトイレみたい^^;

お店の概観といい、トイレといい、レトロなのだが、味はもっとレトロ。
ちょっといい服に着替えて、家族でご飯を食べに行く中華料理屋さんという感じだ。
お値段も意外にリーズナブルで、量を考えると大珍とそんなに変わらないかも。
空いていれば個室使いも出来そうだし、両親を連れて行くにいいかも。
スポンサーサイト
近所の肉屋はお惣菜も充実している。
やっぱり肉製品が多いのだが、切り干し大根とかたけのこの煮物とか、肉と関係ないものも目立つ。
卯の花もおいしいのだが、煮物自体のだしを鶏だしで作っているようで、肉が入っていないのにこってり味ではまってしまうのだ。
今回はそんなお店のナポリタン。
スパゲティー(あえてパスタではなく)は日替わりで1種類のみ提供のようなので、ナポがある日はうれしい。
ということで、ナポを買う。
肉屋でナポ

市販のソースを使っている様子ではないが、マッシュルームは缶詰。
ハムは周りが赤いような安いハム。これがどういうわけだか、だしが出てうまい。
定番のたまねぎ、ピーマンもいい感じ。
麺は太くてぶよぶよ。
典型的なねっとりナポだ。
味もケチャップ味そのもので、しかもべたっとしていて王道を行く。
それにしても、ナポにマッシュルームはおいしい。
しばらくは家での食事が続く。
家のご飯もおいしいのだが、刺激が少ない。
今回はシンガポールで買ったシンガポールカレーの素を使ってカレーを作る。
シンガポールカレー

シンガポールカレー

前回のグリーンカレーと同じメーカーのものを使用。
シンガポールカレーはじゃがいもと鶏肉を使うようだ。
鶏とじゃがいもを切ってペーストと炒める。
なじんだら水少々とココナッツミルクを入れてしばし煮込む。
イエローカレーという雰囲気だ。
グリーンカレーよりシンプル。
シンガポールカレー

カレーのご飯はシンガポールの定食風に。

スープは鶏だしで取り、醤油をきかせる。
カレーと醤油、意外とあう。

カレーはあまり辛くなく、ココナッツミルクの濃厚な味にご飯が絡んでとてもおいしい。さらさらなのにご飯にかけるとねっとりする。
スパイスも刺激的ではないのに、しみていく感じだ。
それにしてもシンガポールカレーの定義がわからない。
フィッシュヘッドカレーがシンガポールの代表的なカレーだというのは聴いたことがあるが、これは明らかに違うし。
ラーメンに使ったポークランチョンミートを使って料理。
ただ焼いただけのポークに卵焼きをあわせる。

ポーク玉子


ポーク玉子


ポーク玉子の完成。
これにキャベツの千切りくらいをあわせただけの、ポーク玉子が定職となって出ているのが沖縄の食堂。
不思議だけどこれがおいしかった。
真似してみたけど、何かが違う。
足りないのはワイルドさか?
またもや麻釉
今日は念願の焼肉重を食べる。
私が通うのは伊勢原の麻釉だが、焼肉重は本厚木のお店が有名らしい。
とはいえ、伊勢原の麻釉の焼肉もおいしそうだ。
麻釉で焼肉重

ご飯、焼肉、漬物、味噌汁とシンプルな構成。
ご飯は普通盛りながら大盛りなのは相変わらず。
麻釉で焼肉重

ご飯が見えなくなるほどの肉。
しょうが焼きのインパクトも強かったが、焼肉重も期待を裏切らない。
肉は柔らかく、しかもたれが甘め。
これこそご飯が進む。
ちょっぴりのにんにく風味なので次の日も気にならない…はず。
脂っこさも程よく、これぞご飯の友。

麻釉で焼肉重


今回も贅沢に、ポテトサラダを追加注文。
焼肉の濃厚な味にまたまたポテサラのマヨネーズが合うのだ。
うまし。
しかもここのはからしマヨネーズなので、ピリ辛味と甘めの肉汁がおいしい。
最強の組み合わせだ。

同行者のミックスフライもまたおいしい。
いかの揚げかたが心地いい。
麻釉のミックスフライ

シンガポールで買った、日清カップヌードル。
これはスパイシーシーフード味。
日本にはないので、どんな味だか楽しみ。
カップヌードルスパイシーシーフード

シンガポールのカップヌードルはこのような容器に入っている。
カバーは必要なのか?
中身はこんな。
カップヌードルスパイシーシーフード


ふたを開けるとこれ。
カップヌードルスパイシーシーフード


お湯を注いで3分はたぶん一緒。
カップヌードルスパイシーシーフード

出来上がり~

味はやはりスパイシー。
日本のカップヌードルとはちょっと違うのか、麺がもそもそしている。
これは日本以外の国で食べると多いので、もそもそ感は万国共通なんだろうか。
スープはえびやいかなどの海鮮の味が生きていて、結構おいしかったので、麺を考えるとなあという感じだ。

シンガポールの場合、ホーカーだと2ドルくらいで同じ量の麺類を食べられると思うのだが、それでもカップ麺が売れているということは、それなりの需要があるのだろうか?
中国でもカップ麺がはやっているみたいだし、お店で食べる麺類の代用ではないという認識があるのだろうか?
前に購入した、焼きそば弁当を作る。
これは北海道名物というか、北海道でしか見たことがない。
時々ダイエーとかで北海道物産展をしたときに売っている場合もあって、そういうときに買いだめしている(笑)

このやきそば弁当、スープの素がついていて、やきそばを作る際のお湯を使ってスープを作ることが出来る。
これはいまはやりのエコな考えではないだろうか?
やきそば弁当ちょい辛

これは新発売のちょい辛。
スパイシーなソースと辛口ふりかけがついている。
そしてスープは中華スープではなく、コンソメスープ。
やきそば弁当ちょい辛

やきそば弁当ちょい辛


湯きりするときに、そのお湯を用意したスープカップに入れて、コンソメスープを溶かす。
ただこれ、麺についた油が気になる人はできないのかも。

スープ付き、やきそば弁当はこちら。
やきそば弁当ちょい辛


やきそばは、ちょい辛だけあって、スパイシーで箸が進む。
私の住む地方だと、インスタント焼きそばといえばぺヤングなのだが、
ぺヤングよりスパイシーで、でもちょっと甘いのでその味わいが癖になりそう。
コンソメスープはちょっと脂っこいが、焼きそばとスープのバランスがよくて、これもまたおいしい。
これは北海道だけではなくて、全国展開してほしいなあ。
シンガポールの名物料理、海南チキンライスを作ることにした。
鶏をゆでて、そのスープでご飯を炊き、ゆでた鶏を添える。
書けば簡単なのだが、それが意外に難しい。
私の理想は、シンガポールのマックスウェルにある天天のチキンライスなのだが、果たしてうまくいくのか。

まずは鶏をゆでる。
鶏はモモと、胸と迷ったのだが、あっさり食べたかったので胸にした。
胸肉をゆでて、そのままゆで汁につけておく。
ゆで汁の一部を取り出し、冷ましてから、その汁でご飯を炊く。
ご飯は鍋で炊いてみた。

海南チキンライス


ご飯はゆで汁につけずに、芯が残る状態で炊くのがミソらしい。
そうすると、日本のご飯でも向こうで食べるようなパラパラしたご飯に仕上がるそうだ。
ということでその通りに少し固めに炊いてみた。

海南チキンライス


スイートチリソース、ゆで汁で作ったスープを添えて出来上がり。
きゅうりもなぜか皮をむいて添えてあったので、それもまねしてみる。

鶏は出しにつけていた分、しっとりとしておいしい。
天天には到底かなわないが、自分で作った割にはおいしい。
皮のゼラチン質もそのまま残っていて、プルプルしておいしい。
ご飯の味もだしが利いていて意外に美味。
でも、心が残る味わいはやはり苦手だったので、次回はやはりだしをすわせてから炊くことにしよう。
このところ、遠征続きのため資金不足。
しばらく家でご飯を食べることにする。
まずは以前、情報をいただいたごぼうサラダ味のランチパック。

ランチパックごぼうサラダ味


ごぼうを酢で〆ているのか、少し酸味のある味わい。
パンが全粒粉なので、パンの酸味と、ごぼうサラダの酸味とがあって、なれない人だとすっぱいと感じるかも。
ごぼうサラダはこういう出来合いのものにしてはおいしいし、パンも味わいがあって、食感もなかなかの出来。
これとスープで軽い昼食なども考えられる…けど、終業までにおなかが持たないかも(苦笑)
羽田空港の第一ターミナルにあるカードラウンジ。
ここは到着後でも使うことができるので、ちょっと休憩したいときに便利。
ここではフリードリンクなので、セルフサービスでドリンクを取りに行く。
羽田空港第一ターミナルカードラウンジ

羽田空港第一ターミナルカードラウンジ

アップルジュース、オレンジジュースなどのほかに、なんとリアルゴールドがある(笑)
リアルゴールドは珍しい。
珍しいので飲んでみた(笑)
リアルゴールド、人気あるのかなあ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。