ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の晩餐の後は最後のおやつ(笑)
今度はもりもとプリンのメイプル味。

ゆきむしメイプルプリン

このプリンは濃厚なのに口の中でほろっと溶ける。
このほろっと具合はゆきむしスフレと同じ。
もりもとメイプルプリン

メイプルのほんのり癖のある味とこってりしたミルクとの相性抜群。
甘さにもこくがあるのでミルクに負けないのかも。
北海道、本当においしいものが多い。
スポンサーサイト
食事時間がずれまくったので、夕食が夜食の時間になってしまった。
もう一食ラーメンでもいいが、ちょっともたれそう。
それならばと、大好きなすすきののロビンソン百貨店で買い物。
ここの魚売り場の商品は手軽なのに北海道らしさを味わえる。
夜遅くに行くと安いし(笑)
前回は海鮮ちらしを食べたが、今回は贅沢にうに丼を。
でもこのうに丼、定価でも、標準的なすすきののラーメン屋さんでバターとコーンをトッピングするくらいの料金だった。
もちろん値引きを待って食べる(苦笑)
すすきのロビンソン百貨店地下のうに丼

なのに、うに、ほたて、いかと錦糸卵が入っている。
まずはうに。
醤油とわさびをつけていただく。
おお、口の中でとろける。
しかも普通なら微妙に消毒臭があるのだがそれが全くない。
とろっとした感触が舌の上で消える。
うまー。
いかもしこしこしていて美味しい。
ほたてがプリプリ。しかも肉厚。
ほたて丼として食べてもいいくらいだ。
満足度かなり高し。
おつまみにザンギ(北海道式鳥のから揚げ)を買った。

すすきのロビンソン百貨店地下のザンギ

鳥のから揚げなのだが、醤油やにんにく、しょうがなどを入れた漬け汁につけて焼いたものを北海道ではザンギと呼ぶらしい。
いろいろなスーパーのザンギ(鳥から揚げ)を見たのだが、明確な区別がつかない。
だがここのはしっかりと下味がついていて、肉汁の合間から漬け汁の味が出るようだった。
なかなか美味。
ビールが飲みたくなるような味。
今度は揚げたてを食べてみたい。
札幌といえばアイス、しかも作りたてのソフトクリーム。
今回はまだ食べたことのないアイスを探して、すすきののロビンソンの地下にあるあいすの家というお店で。
ここは北海道産の材料を使って作ったこだわりの乳製品のお店らしい。
まあ私のこだわりはその場で食べる場所があるかどうかなのだけど(笑
ここのお店は店の前に椅子があったので、そこで座って食べることが出来るので嬉しい。
ミニサイズのソフトがあるので、それを頼む。
北海道には美味しいものがいっぱいあるので、一回辺りの食べる量が少なめにと考えている。
あいすの家のソフトクリーム

ミニサイズでも、ミルクが濃厚で、牛乳を食べているような気がする。
甘くて口の中で溶けるのは一緒なのだが、その溶けた後が牛乳。
牛乳はあまり得意じゃないのだが、この味は大歓迎。
するっと溶けて濃厚な味が広がる。
生乳ってこんなに美味しいんだ~
札幌といえばラーメン。
前回、前々回と振られてしまった、一国堂の味噌ラーメンを食べる。
ここはチェーン店なので、食べようと思えばどこでも食べられるのだが、あえてここは総本店と書いてある、狸小路で食べることに。
狸小路も前はラーメン激戦区といった感じだったのに、なんだか最近は東南アジア料理屋さんが多いような気がする。
とはいえ、一国堂はお客さんが入っているみたいだ。


初代一国堂総本店


中途半端な時間に行ったのにお客さんが結構いる。
メニューを見て迷ったのだが、やはりここは味噌ラーメンを頼む。
ランチだと麦ご飯がつくらしい。
確かにランチにするには、このラーメン、高い値段かもしれない。
ややあってラーメンが出てくる。
一国堂味噌ラーメン

こんな感じで味噌ラーメンにしては味噌色が薄い。
豚骨ラーメンみたいだ。
店の説明によるとスープのベースは豚骨らしい。
麺は黄色っぽくて堅め。
一国堂味噌ラーメン

味噌ラーメンには半熟卵がつかないそうだ。
残念だけど追加して頼むほどではない。
もやしときくらげが入るので野菜が取れていいかも。
スープを一口。
まろやかな味で味噌といった感じがしない。
角が全くない、丸い味だ。
味噌というより、味噌入りのミルクスープというか、ミルクの味のしないミルクスープというか・・・
豚骨ベースで味噌をすごく押さえているのでそんな感じがするのかも。
濃厚な感じがするのにあっさり、上品な味だった。
なんか意外だ。
ただこのお店、鶏がらベースの塩味のが美味しいらしい・・・
どうなんだろう?
最近北海道名物になりつつあるゆきむしスフレ。
今回初めて食べてみることに。

札幌駅の地下のエスタで買ったけど、他にも店舗はいっぱいあるので買いやすい。
これをおやつにする。
ゆきむしスフレ

パッケージが可愛い。

ゆきむしスフレ

あけると楕円型のスフレが出てくる。
スフレというか、スポンジだ。
ノーマルのを買ったのだが、メロン味もあった。
ゆきむしスフレ

外回りもふわふわだが、中のクリームもふわふわ。
酸味の少ないチーズクリームは食べやすい。
外のふわふわ感はなかなかない。
後でホームページを見て調べたところ、チーズクリームのチーズはキリのチーズらしい。
北海道産じゃないの?
正確に言えば札幌じゃないけど、札幌近郊の南千歳。
南千歳駅前に広がる巨大なアウトレット、レラの中にある魚一心で寿司を食べる。
ここはすすきのにあるロビンソン百貨店の地下にある回転寿司のお店と同じ。
ここのお店のほうが広くて明るい。
隣には持ち帰りの寿司もある。
朝から(正確には昼前)から贅沢にいただく。
魚一心のえび頭汁

汁物は何種類かあったが、ここではえび頭を選んだ。
えびの味噌が入っているのかこってりして、だしだけじゃなくて味噌も美味しい。
魚一心のトロサーモン

まずは北海道らしく、トロサーモンを。
いくらが少しのっていた。
実はあまり得意じゃないのだが、ここのは生臭さが全くなく美味しい。
レモンをかけるとまた美味しい。
魚一心のいかゆず塩

いかゆず塩。
いかを塩で食べるのはまたおいしい。
いかはしこしこつるつる。やはりいい。
魚一心の蟹サラダ

蟹サラダも本物の蟹を使っているようで蟹の味が生きている。
蟹風味かまぼことは違う。
魚一心のサーモン

普通のサーモンもトロサーモンと引けをとらないほどの脂。
しかしその脂も癖がない。
魚一心の合鴨握り

変わりネタは合鴨。
意外に美味しい。これは家でもまねできそう。
お楽しみは時しらず。
季節を間違えて近海にきてしまった鮭らしい。
魚一心の時知らず

魚一心の時知らず

おいしい。
これだけ鮭ばっかり食べても飽きないのは、素材が美味しいからだろう。
食べ過ぎてしまった。
お店はアウトレットの中にあるので、食事の後の買い物で目いっぱい歩こうと誓う。
魚一心南千歳店

ココスでおしゃべり。
こういうときドリンクバーのあるファミレスは便利だ。
まずはサラダとドリンクでまったり。
ココスのローストビーフサラダ

ここのドリンクは緑茶とオレンジのブレンドとか、面白いお茶があって飽きない。(美味しいかどうかはさておき)
その後ドリアに。
ココスのホワイトソースドリア

見た目より量が少ない。
でもほたてとかえびとか魚介類がいっぱい入っている。
他の会社に比べるとCPはやや高しといったところだろうか。
ここの夏のカレーフェアにはグリーンカレーがあるので、フェアをやっているうちに行かなくては。
伊豆というか三島のはずれ、国道沿いに伊豆村の駅というのが出来た。
テレビとかで取り上げられて有名らしい。
ということで、シュークリームとソフトクリームを。
シュークリームは通販もしているらしい。
伊豆村の駅シュークリーム

こんな箱に詰まっている。
伊豆村の駅シュークリーム

伊豆村の駅シュークリーム

従来のシュークリームに比べると小さい。
二口サイズといったところか。
外の皮はさっくりクッキー生地で、そぼろのようにクッキー生地がついていて香ばしい。
中のクリームはミルクと卵がたっぷり使っていそうなこってりした味。
でも広がる味が濃くないのであっさりと食べられる。

ソフトクリームも食べる。
本当はこれではなく、揚げたてポテトチップスを買う予定だったのだが、揚がるまでに時間がかかるということなので断念してソフトクリームを食べる。
ミルク濃厚な味でおいしかった。
伊豆村の駅ソフトクリーム

神田駅の高架下にあっていつもお客さんがいるお店、美味卵家。
所要で五反田に行ったらここの駅の高架下にもある。
ここのところハヤシライス病にかかっているので、早速突撃。
オムライスの上にチーズが乗る、チーズのせを頼んだ。
カウンター席と狭いボックス席があって、一人で食べるのに向いている。
一人客多し。
漬物はセルフサービス。
美味卵家のオムハヤシチーズのせ

スープがやってくる。
シンプルなワカメスープ。
美味卵家のオムハヤシチーズのせ

ややあってオムハヤシ登場。
美味卵家のオムハヤシチーズのせ

デミの量は倍がけも出来る。
デミの上のチーズはとろとろ。
卵とデミとチーズと混ぜながら食べる。

美味卵家のオムハヤシチーズのせ

わかりにくいがご飯は白いご飯。
その上にミートソースが乗っている。
ご飯とミートソースを混ぜて食べるという方法も出来るので、食べ方が一気に多種多様になる
ご飯は普通盛りなので、大盛りにも出来るそうだ。
お腹いっぱい食べたい時は大盛りの方がよさそう。
とろける卵とあっさりデミ、意外とこってりしているミートソースの組み合わせはありそうでないので面白い。
ミートソースをご飯に載せるのは家でもまねできそう。
これだとご飯を炒めなくてすむし。
卵はとろとろでこれはまねできなさそう。
変化球かなと思ったけど美味しかった。
上海で買ったお酒いろいろ。
青島ビールは残念ながらお土産用なので飲んでいない。
うーん、残念。
青島ビール

でも向こうの人を見ているとなぜかサントリービールを頼む人が多い。
サントリー美味しいのか??
日本のはうまいと思うけど、向こうのとは味が違うのだろうか?
中国版氷結

日本でもおなじみの氷結も中国版。
グリーンアップル味なので日本でのものと差が見出せず。
美味しいけどやっぱりローカルなものより高い。
紹興酒

そして紹興酒。
スーパーの酒売り場で迷っていたら、売り場担当らしいおばさんが品出ししながらこれを握らせてくれた。
お勧めの一品らしい。
確かに安いのにこってりして美味しかった。
もう少し甘みがあってもいいと思ったのだが、料理と一緒に味わうにはこのくらいのほうがいいのかなと思いなおす。
紹興酒選びは難しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。