ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛肉粉絲湯で口の中がしょっぱくなってしまったので、甘いものが食べたくなった。
先ほどの沈大成にいって今度は餅を買おう。
ということで、餅を買う。
駅で切符を買うような窓口になっていて、みんなお札を手に握り締め我先にと買い求める。
私も負けずに指差しで3種類を1つずつ購入。
まだ熱かった青い餅をその場で食べる。
苦いほどの抹茶味。うーん。
沈大成の餅

中のあんこは普通の小豆餡。
他に買ったのは黄色い餅と白い餅。
沈大成の餅

黄色いのは黄な粉餅で、中のあんこのかわりに砂糖をまぶした黄な粉が入っていた。ダブル黄な粉だ。
つきたての餅に黄な粉と砂糖をまぶして食べたような、昔懐かしい味がする。

白い方はココナッツがかかった黒胡麻餡。でもどういうわけだか小豆餡の部分もある。
少し間違えたのか、それともダブル黄な粉に対抗してダブルあんこか?
ちょっとばかりエキゾチックな味がする。
どれかひとつもう一度買うとしたら間違いなくこのココナッツ餅だ。
ちなみに南京路の歩行者天国の沈大成にいかなくても主要なスーパーには沈大成コーナーがあってその日に作られた餅や花巻のようなものも売っている。
ここのはラップに包んであるので衛生的。

沈大成の餅

お土産にもぴったり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。