ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶらぶらと外灘(バンド)を見たり、雨が降っているのにもかかわらず川の反対側までいって、いまいちな夜景を見たり、ショッピングセンターの高級店を見てため息をついたり、道に迷ったりと忙しい散歩を済ませてさて夕食。

またもや上海市第一食品商店に戻り、下見をしておいた粉絲湯
のお店に。
粉絲ってなんだろう?と思ったのだが、ここも真ん中で作られたものをカウンターの周りをぐるっと囲んで食べているのでだいたいわかった。
辛そうなスープの中に具が入っているようだ。
ラーメンとも刀削麺とも違うがビーフンかなにかか?
牛肉と書いてあったのでそれを指差すとスープを使い捨て容器によそってくれた。
空いた座席に座ってすする。
上海市第一食品商店の牛肉粉絲湯

香菜たっぷりでうまい。
粉絲は春雨みたいだ。
少し辛い目のスープはあっさりしていてやはり牛肉麺のスープのよう。
こころなしか華隆よりパンチが少ないが、これはこれで十分美味しい。
テーブルの前には豆板醤がおいてあるので好みで入れればいいらしい。
上海市第一食品商店の牛肉粉絲湯

途中で黒酢を入れると美味しいといわれたので、(言葉わからないので多分だけど)入れてみる。
味が引き締まってこれまたうまい。
牛肉も軟らかく煮てあって量も多い。
肉、春雨、香菜と歯ごたえの少ないものが多いので、時折混じるピーナッツが歯ごたえがあって美味しい。
なかなかの組み合わせだ。
スープもしっかり飲み干して終了。確か6元だった。

上海市第一食品商店、他にもイートインのお店があるが、どのお店も回転が良いので使い捨て容器を使い、箸も袋に入った使い捨ての割り箸だった。
環境には悪いのは自覚しているが、食器も箸も洗ってないかもと思いながら食べるより衛生的かなと思ってしまった。
食堂の箸、どういうわけだか歯型が付いていてびっくりしてしまった(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。