ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
錦市場をぶらぶらして、新京極でお土産を見てと完全に観光客モードで散歩をする。
油取り紙のよーじやがカフェをやっているというので見に行くと、なんとイタリアンのカフェだった(驚)
京都らしい喫茶店に行ってみたいと思って、いぬわんさんも行ったイノダコーヒを探したのだが見つからず、全然別のところまで行ってしまった。
仕方なく大丸の中のイノダコーヒにいくことにした。

こういうときはチェーン店が便利だ。
大丸のイノダコーヒは、ボックス席もカウンターもあって一人でも気軽に立ち寄れる雰囲気だった。
デパートの中ということもあって、地元率が意外に高そうだ。
ここで一服して電車乗って地元に帰るような雰囲気の人が多かった。
ここに来たならやっぱりコーヒーでしょう。
ということで、コーヒーと名物だというレモンパイを注文する。
イノダコーヒのケーキセット

イノダコーヒのケーキセット

イノダコーヒのケーキセット

コーヒーは苦めで酸味がある。
昔、親に連れられていった喫茶店の味だ。
ひそかに大人の味だと思ったコーヒーの味そのものだ。

イノダコーヒのケーキセット

レモンパイはメレンゲをたっぷり載せた昔からあるレモンパイだ。
これこそ昔の洋画ででてきそうな、ジャンクなパイだ
メレンゲはねっとりとしていて歯にくっつきそうだ。
中のレモンクリームはコーンスターチを使って練ったような独特の味がする。
酸味が程よく利いて、ねっとりとした甘さと一体化してなかなか美味しい。

イノダコーヒのケーキセット

こういうレトロな演出が心憎い。

ちなみに喫茶のメニューにはこんなのもあった。
イノダコーヒのケーキセット

京都、意外にも敷居が低く感じられた。
よかったよかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。