ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羽田空港にもある沼津が本店のチェーンのすし屋、魚がし鮨。
いつも混んでいるので電話で予約して持ち帰りするのが多いのだが、今回は新しくなった流れ鮨とかいうのにいってみた。
ランチには遅い時間に行ったので待たずに入れた。
ここの店は回転寿司ではなく、注文したものがレーンに乗って流れてくるという仕組みらしい。
無駄に流すより食材が新鮮で、しかも流すので人件費がかからないというシステムみたいだ。
今回はネタの様子がわかるように、みぞれ丼という、その日に出た食材をいろいろ入れたちらし寿司を頼んだ。
ベースは回転なので、お茶とその他はセルフサービス。
沼津魚がし鮨みぞれ丼


卓上で注文するのだがわかりにくい。ちょっと困る。
ややあってみぞれ丼がやってきた。
沼津魚がし鮨みぞれ丼

沼津魚がし鮨みぞれ丼

味噌汁には貝が入っている。
沼津魚がし鮨みぞれ丼

みぞれ丼の中身はマグロ赤身、カニ肉、穴子、しめ鯖、白身魚、金目鯛(と思われる)、たこ、いか、えび、卵、はまち、イクラ、うになどいろいろ入っていた。
15種類以上はあったんじゃないかと思う。
特上じゃなくて普通のみぞれ丼(1100円)でこれなので、
特上はもっとすごいのかも。
魚をさばくのは若干荒い(骨ついてた)けど、材料が豊富でボリューム満点かつ、魚もいいものを使っているみたいだ。
洗練された料理じゃないかもしれないけど、満足すると思う。
握りもうまいけど、多分丼のがCP高めだと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。