ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日速報で書いたのだが、以前からよだれをたらしつつ待ち焦がれていた、華隆餐館で刀を食べてきた。
しかし、今回の目的は火鍋だ。
真ん中に仕切りがあって、辛いスープと辛くない白湯スープとで食べる、台湾で良く見かけた鍋だ。
あれは一人で食べてはいけないみたいで、いつも指をくわえてみていた。
もちろん、華隆だけではなく、食べること自体も初めて。
楽しみだ。
華隆餐館の火鍋

具を頼む前から、すでに赤い火のほうには大盛りの唐辛子と生姜が入っていた。
白い方にはハム(スパム)とズッキーニ?きゅうり?そのようなものが入っている。
で、今回は豚の血を固めたもの、センマイ、魚団子、水餃子などをはじめに投入することに。
華隆餐館の火鍋

華隆餐館の火鍋

華隆餐館の火鍋

つけだれは、辛い唐辛子と花椒が入ったものと、にんにく油に香菜が入ったもの(これが絶品!)胡麻だれだ。
華隆餐館の火鍋

火が入った鍋はこのような感じに。
華隆餐館の火鍋

ぶくぶくしだすとまるで地獄の釜茹で状態。
お前そこに入って反省してろという感じか・・・
具材を入れたら少し落ち着く。
華隆餐館の火鍋

釜茹で再び。
これで具も温まっておいしそうに。
華隆餐館の火鍋

水餃子も魚団子も市販品みたいだが、それのハンデを越えるスープとのバランス。
じわっと肉汁が出てうまうま。
センマイもさすがうまい。
でも一番うまいのは豚の血だ。辛いスープとの相性が抜群。
豚の血の生臭さは全く感じさせない。
はふはふ言いながら食べていたらあっという間に具がなくなる。
具を追加。
華隆餐館の火鍋

羊肉。
華隆餐館の火鍋

牡蠣。どっさり。
このほかにも春菊、ほうれん草、香菜、豚肉、肉団子などを入れたのだが、食べることに夢中になり、写真を撮り忘れる。
うかつだったが、仕方がない(笑)
それくらいうまいのだ。
宴の後の鍋はこんな感じ(笑)

華隆餐館の火鍋

これに刀を入れたらどんな感じだろう。
うますぎて卒倒するかも。
スポンサーサイト
テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。