ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも気になっていた24時間営業のラーメン屋さん、金龍ラーメン。
道頓堀の周りに何軒かあって、どこも人がいっぱいだ。
何しろ24時間営業、いつでもラーメンが食べられる。
今回意を決して寄ってみた。
酔っ払った兄さんたちやホスト風の兄さんたちがラーメンをすすっている。
ここは立ち食いではなくて、テーブルのある畳のところで食べるようになっている。畳がなんとなく薄汚いのが気になる。
立ち食い店舗もあるのだが、それでも座れたほうが食べやすそうだ。
ここはキムチと唐辛子であえたニラが取り放題だ。
ご飯もあったみたいだけど、ご飯が入る余裕がない。
かなり残念。
金龍ラーメン

白濁スープはとんこつのようだ。
ニラを少しだけれるが、もう少し入れてみたほうが味が引き締まるのでさらに足した。
こういうときにトッピング取り放題は助かる
金龍ラーメン

とんこつは見た目よりもあっさりしている。
麺は比較的細めでするっと喉を通る。
意外に味が濃くないので、ニラのトッピングが良く合う。
チャーシューはいたって普通。
量が少なめなので飲んだあとのラーメン用かも。
想像していたよりあっさりで物足りないかと思ったが、おいしかった。
ニラの効果かも?
金龍ラーメン

スポンサーサイト
大阪といえば551蓬莱の豚まんだろう。
初めて食べた時はあのボリュームと値段に感動した。
大阪土産といえばこれなのだが、他にも肉団子やシュウマイもうまい。
551蓬莱の豚まん

が、隠れた(隠れてない)名物にお弁当がある。
時間のないときや、新幹線、飛行機などで食べたい時はとても便利。
ただ匂いが気になるけど。
今回のお弁当は、海鮮焼きそばと肉まんとが入っているお弁当だ。
蓬莱で食べたいものをすべて押さえているベストな商品だ。
551蓬莱の海鮮焼きそば弁当

ちょっと時間が経ってから食べたので、あんかけ焼きそば特有のぼそぼそパリパリした食感が薄まっていて残念なような。
この方が食べやすいのは事実だけど。
ちなみにお弁当は注文を受けてから調理するので、若干時間がかかる。
余裕を持っての注文がお勧め。
阪神梅田駅に直結する阪神百貨店。
その地下一階にあるのが阪神スナックパーク。
一日何千枚も売れるという、うわさのいか焼をはじめとしてちょっとした軽食を出している一角だ。
いか焼はいつも並んでいるのでなかなか食べるチャンスがない。

いか焼

いかがちょっと塩辛くて、それがうまさの秘訣のようだ。
いか焼もうまいのだが、それ以上にすきなのがちょぼ焼き。
たこ焼きの原型らしいが、中にこんにゃくが入っている。
ちょぼやき

ソースとポン酢があるが、ポン酢がお勧め。
ポン酢にマヨネーズと酸味が利きすぎのようだが、これがまたおいしい。
これで105円。
大阪の粉ものはすごい。

スナックパークではないが、110円でボリュームたっぷりのキャベ焼もある。
これはお好み焼きのようでまたうまい。
これにはソースが合う。
鶴橋のキャベ焼き

大阪は無条件にうまいものばかり。
鶴橋の商店街、初めて行った時は、街中に漂う香りや飛び交うハングルで、ソウルに帰ったようで感動した。
大阪に行くたびに立ち寄るようにしているのだが、その雰囲気はいつも今のソウルの商店街ではなく、私が通いだしたころのちょっと昔のソウルの香りがする。
そんな商店街の楽しみはつまみ食い。
どこでもつまみ食いをしているようだが、その通り。
ここの街のいいところは、韓国と同じ味が食べられること。
(写真は若干古いものです)
鶴橋のチヂミ

美人姉妹のチヂミ屋さんをはじめとして、チヂミ屋台はいっぱいある。
どこもみんなおいしい。
値段もだいたい同じくらい。
鶴橋のキムパプ

キムパプもある。
中の具の種類もいろいろあって楽しめる。
どこもおいしい。
鶴橋のトッポッキ

トッポッキ
ちょっと値段は高くなってしまうが、本格的な味でおでんも同じ味がする。
もしかすると韓国から輸入しているのか??
韓国に行くよりは近いと考えると鶴橋に通うのもいいかもしれない。
でもやっぱり韓国のがいいかなあ??
迷う。
天満橋筋商店街でたこ焼きをつまみ食い。
有名なお店の支店らしい。
ワナカ大入と書いてある。
ワナカ大入たこ焼き


その場で食べられる場所もあって混みあっている。
塩味としょうゆ味、ポン酢、ソースといろいろ選べる。
珍しいので塩を選ぶ。
しかも人気商品らしい。
早速つまむ。
ワナカ大入たこ焼き

かりっと焼けた外側に塩が振りかけてある。
塩味がぱりっとした皮とあっておいしい。
こういう食べ方もあるんだなあ。
時々感じるマヨネーズのほのかな酸味もまたいい。
ワナカ大入たこ焼き

中はとろとろで熱々。
タコが大きい~~
はふはふしながら食べた。
大阪の人がうらやましい~
大阪に遊びにいく。
大阪では優しくて美人なおねえさんお二人にエスコートしてもらって(^^)夜の街に出る。
天神橋筋商店街、初めて行ったけど、安いお店、おしゃれなお店、庶民的なお店などいろいろあってとても楽しい。
ここってひょっとしてナイトスクープで誠兄がインタビューしてるところ??
おいしそうなインド料理やさんに入る。
インド・カジュラホ料理、クンジーズというらしい。
スパイスの匂いが本格的だ。
まずはタンドリーチキンを頼む。
タンドリーチキン

辛いけどうまい。
鶏の肉の淡白さとこってりした衣が良く合う。
お店のおねえさんにいろいろ聞いて、カレーを選ぶ。
カレー選びはなかなか難しい。
チャナマサラ

(多分)チャナマサラ
チャナ豆のカレーだが、豆カレーはほこほこしておいしい。
スパイスの配合も豆に合うように考えられているのだろう。
(多分)パミールマサラ
パニールマサラ

手作りのチーズが入っているカレーだ。
このチーズが牛乳を加熱して造るカッテージチーズみたいなものらしく、自家製だということだ。
あっさりしてるのに濃厚な味わいがする。
うまい!
プラウンパラックマサラ

(多分)海老とほうれん草のカレー
この組み合わせは最高だ。海老とほうれん草、まねできそうでまねできない。
これはやっぱりお店で食べるカレーだ。
ナン

ライス

ナンとライスでおいしくいただく。
チャイ

チャイはちょっと不思議な味のチャイだった。
生姜がばっちりで体によさそう。
本場のチャいってこんな味なのかも。

そのあとおしゃれなカフェでゆず茶をいただく。
ゆず茶


おしゃれなカフェや本格派インド料理店など、バラエティに富むのがここの商店街のいいところだろう。
味のある商店街を見るたびに、こんな町に住みたいと思ってしまう。
こんかいもまたかまぼこをお土産に買ってきた。
ネットで見かける糸満かまぼこがこれだ。
糸満かまぼこ

マミヤに似ているが、もっちり感がマミヤより劣る。
ちょっと全体的にあっさりぎみかも。
具志川かまぼこ

具志川かまぼこ
これは棒のしかなかったのできって食べた。
沖縄そばに入っているようなものだが、そのまま食べても十分おいしい。
煮てしまうのはちょっともったいないかも。
でも沖縄そばのだしで食べるのもおいしいので迷うところだ。
マミヤのさつま揚げ

定番、マミヤの野菜天。
これは文句なくおいしい。家族にも大好評なので毎回購入する。
種類がいっぱいあるが野菜がうまい。
写真にはないけど紅しょうが天もおいしかった。
スーパーで買ったふーちゃん揚げ。
ふーちゃん揚げ

見た目はおいしそうなのだが、ふーちゃんという感じがしなかった。
ちょっとこれは不評だった。
残念。
せっかくの沖縄なのだが、泡盛が飲めなかったのでかわりに泡盛カクテルというのを買ってきた。
味はシークワーサーとグァバとパイナップルとあったのでシークワーサーを買う。
泡盛カクテルシークワーサー味

可愛い箱に入っている。
お土産にもよさそう。
泡盛カクテルシークワーサー味

瓶も可愛い。
アルコール度10%とのことなので、ソウルで買ってくるレモンソジュの瓶と同じくらいだ。
まずはそのままで飲む。
泡盛カクテルシークワーサー味

レモンソジュに比べるときつい。
泡盛独特の香りと、シークワーサーの香りの両方があってちょっと独特の香りをかもし出している。
少し飲んで、今度は100%パイナップルジュースでわってみる。
泡盛カクテルシークワーサー味

口当たりがまろやかになっておいしい。
トロピカルな香りがして飲みやすくなっている。
でも本音はお店でオリジナルカクテルを飲んでみたい。
24時間やっている脅威のお店、丸安そば
タクシーの運ちゃん御用達のお店らしく、路駐してる車も目立つ。
来ているお客さんもガテンな雰囲気の人が多い。
ここは半露天というか、屋根付きカウンターという雰囲気のお店だ。
食券を買っておばちゃんに手渡す。
沖縄のおばあもおばちゃんもみんな元気だ。
丸安そばの沖縄そば

食券を出してさほど待たずにそばがやってくる。
そばは市販の麺みたいだ。麺のケースに入ってくる様子。
丸安そばの沖縄そば

だしが濃い!
とんこつ風だけど、かつおの香りもしっかりする。
この辺がお客さんのニーズに合わせているのかもしれない。
肉はとろとろではないが、味がしみているのでおいしい。
ずるっとすするのにぴったりの味だ。
飲みの〆に合いそうだ。
それにしても24時間営業の食堂が多い那覇は一人旅にはありがたい。
空港食堂のメニューで気になったものがジューシー。
ジューシーといえば、炊き込みご飯のことだと思うが(たまに雑炊の場合も)、ランチタイム終了後は全メニューお持ち帰りができるらしい。
したがってこのジューシーも持ち帰ることが出来るかも。
と思ったのでおねえさんに聞いてみたら出来るとのこと(喜)
お腹がすいたら機内で、余裕があれば家へのお土産に出来る。
ということで1つ買う。
驚きの価格なんと150円!おにぎりより明らかに量も多いのに安い。
空港食堂のジューシー

結局、これとスーパーで買ったジーマミー豆腐で夕食にした。
ジーマミー豆腐

ジーマミー豆腐はピーナツ豆腐だが、葛を使って固めた胡麻豆腐みたいな食感がする。
胡麻豆腐のピーナツ版なはずなのだが、ちょっと固めでプルプルしている。
甘めのたれをつけて食べる。
プルプル感がなかなかいいのだが、固いのでちょっとずつしか食べられない。
ジューシーはレンジで温めたのだが、豚のだしが良くきいていて、塩加減も絶妙。
こってりしているはずなのにそれを感じさせない。
温めて食べてこれだけおいしいのならば、お店で食べたらもっとおいしかっただろう。
今度からお土産は空港食堂のジューシーにしよう。
・・・全メニューということは、麩チャンプルーもお弁当にできるのかも。それもいいかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。