ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもや大珍。
今回もまた美食の限りを尽くすのだ。
コメントなんてもういらない(笑)
今回のお客様は横浜系ブロガーの皆さん(笑)

なかなか人が集まらなかったので、まずはつまむ。
皮付き豚の炭火焼。皮がパリパリしておいしい。
大珍楼の豚の炭火焼

まだこないので鶏足(モミジ)とスペアリブ黒豆ソースを
大珍楼の鳥足

大珍楼のスペアリブの黒豆ソース

この飲茶料理、おいしい。
普段飲茶までたどり着けないので、こういう機会もいいかも。
だいたい人が集まってきたのでがんがん頼む。
大珍楼アヒルのチャーシュー

アヒルのチャーシュー。スイートチリソースで食べるのだが、なかなか美味。
大珍楼アヒルの蒸し物

おなじみアヒルの蒸し物。アヒルうまいなあ~
大珍楼のいかの炒め

いか炒め。ご飯をもらってたれをかけて食べる。これが最強。
大珍楼のカイラン炒め

ブロッコリーみたいな野菜、カイランを生姜で炒めたもの。
きゅうりも入っているみたいだが、うますぎる。
いつもおなじみの例湯。
今回のは甘い香りがする。ひょっとするとココナッツ?
大珍楼の例湯

大珍楼の例湯

ちょっと食休みしておしゃべりなどをする。
今回も最寄りから車なのでお酒は飲めない。
酸梅湯を飲む。
ここのは鰹節みたいな味がしないで梅酒ときんもくせいのお酒を混ぜたようなおいしい味がする。
台湾で飲んだのはなぜか鰹節の味がした。
少し休んですっぽん
うますぎ~~大珍楼のすっぽん

うなぎは梅肉ソースでいただく。
大珍楼のうなぎ梅肉ソース

どれもおいしい。
人数が多いといろいろなものを食べられて本当に嬉しい。

ご馳走様でした。
おいでいただいた皆様、お会いできて嬉しかったです。
スポンサーサイト
テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ
前々から横浜系ブロガーさんたちの記事を見ては指をくわえてうらやましがってたかのお店、KIKUYA CAFE。
ついに今回行くことができる~~
ということで、開店時間を狙ってお邪魔する・・・がちょっとフライング。
今回は初めから野菜とキーマカレーを注文するつもりで来たのだが、厨房の香りをかぐと気分が変わった。
ハンバーグシチューにする。
本当はジャガイモとハンバーグにしたかったのだが、おなかがいっぱいになり過ぎそうなので、ハンバーグのみにする。
まずはサラダがやってくる。


KIKUYACAFEのサラダ

KIKUYACAFEのサラダ、ポテトサラダ

ドレッシングは和風とフレンチ。難を言うなら、ドレッシングの瓶が若干使いにくい。混ぜないと分離しちゃうのだが、攪拌がしにくい。
だが、このサラダがボリューム満点。
野菜の中にポテトサラダが入っている。
ポテトサラダの中にはショートパスタも入っている。
これはいいアイディアだ。まねしよう。
KIKUYACAFEのサラダ、ポテトサラダ

で、やや待ってメインディッシュ、ハンバーグシチューとライスが。
こんな感じ。
KIKUYACAFEのライスとハンバーグシチュー

ライスは結構多めだが、男性客は大盛りを頼んでいた。横目で見たらやっぱり大盛り(笑)
カップスープが付く。このスープもなかなかおいしい。
KIKUYACAFEのスープ

ハンバーグシチュー、熱々でまだぶくぶくしてる。
KIKUYACAFEのハンバーグシチュー

一口すくうとうまい~~
デミが濃厚なのに、するすると口の中に入る。
じゃがいもがねっとりしていてデミに良く合う。
他にも芽キャベツ、カリフラワー、にんじんなど野菜も豊富。
半熟卵がのっているので、是非ご飯にかけて食べたいところだ。
ハンバーグもさくっと切れるのに、中は肉汁たっぷりでジューシー。
これもまたデミと良く合う。
KIKUYACAFEのコーヒー

食後のコーヒーをいただきつつ、テーブルの上にある一口チョコをつまみながら一服。
酸味少々、苦味のあるコーヒーにチョコが良く合う。
お店が狭いので混んでいる可能性大だけど、おいしい。
しかもこのセットで850円。コストパフォーマンス最高だ。

次回こそはカレーを。
テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ
伊勢原にある名店、ボンフーレのケーキ。
商店街の角にあって、あんまり存在感がないのだが、地元ではかなり有名なケーキやさんだ。
しかもここのお店、夜10時までやっている。
夜遅い店が皆無に等しい伊勢原なのに、頑張っている。
夜10時前にお店に行くとさすがに多少の品切れはあるが、それでも15種類ぐらいのケーキがあるのでびっくりしてしまう。
今回は前々から好きで良く食べていた、ダークチェリーとモンブランを買う。

まずはダークチェリー。中がチョコのスポンジでその間にワインの香りのするチェリーとチョコクリームが挟まっている。
伊勢原ボンフーレのダークチェリーケーキ

チョコスポンジとクリームがうまい。
上はチェリーのゼリーになっているので、ゼリー好きにはたまらないだろう。
周りのチョコクリームがまたおいしい。
次はモンブラン。
伊勢原ボンフーレのモンブラン

上にかかっている栗のクリームが濃厚でおいしい。
しかも中のクリームもたっぷり。
味が濃いので充足感がある。

ただ一言言うなら、もっと大きいケーキにして欲しいところだ。
正直言ってお値段は安いのだが(どっちも263円)、値段は上げてもいいので、もう少し大きくして欲しい。
だって2個ずつ食べたくなってしまうんだもん(笑)
伊勢原、なかなか行けないけどおすすめ。
テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
浜名湖のお土産をいただいた。
両方とも同じようなパイなのだけど、何か違う(笑)
味は両方ともおいしかった。
今回はコメントなしで、画像を楽しんでいただく趣向で(笑)
ではどうぞ~

浜名湖のパイ

浜名湖のパイ・・・だそう。

うなぎパイ

うなぎパイ


うなぎパイって商標登録してるのかなあ。
うなぎパイの歌は、小椋佳が歌ってるけど、それもまた不思議な歌だ。
沖縄で買ってきた、タコライスの素でタコライスを作ってみた。
タコライス、最近ではモスバーガーでも売っていたりするのだが、やっぱり沖縄で食べたのが印象深い。
なので、今回は沖縄の会社、オキハムのタコライスの素を使って、タコライスを作ってみることにした。
ご飯の上に千切りキャベツを載せる。
本当はレタスなのだが、キャベツが安いのでキャベツにした。
その上に温めたタコライスの素を乗せる。
で、さらに上にとろけるチーズを乗せる。
まああっという間に完成
これだけだ(笑)オキハムのタコライス

簡単だけど、おいしい。
レトルトの牛丼とかはあまり好きではないのだが、(カレーはおいしいものもあるのでたまに使う)
こういうもののレトルトは便利でいいなあ。
簡単に沖縄気分になる。
沖縄に行きた~い
またまたハマのスター喰ライヤーほんまさんのところに載っているお店。
お店の名前は知らなかったけど、シァルの横にあるので場所は知っていた。
バナナジュースそんなにおいしいのかあ。
ということで飲んでみた。
確かに頼んでいる人が多い。
頼むとすぐにバナナの皮をむいて、バニラアイスと牛乳を入れてがーっとジューサーにかける。
すごいリアルだ(笑)
水信のバナナジュース

アイスも入るので甘さが十分と思うのだが、バナナのひそかな酸味とあいまってうまい。
バナナジュースはそんなに好きではなかったのだが、ここのを飲むとちょっとイメージが変わる。
あ、バナナジュースはあんまりと書いたのだが、韓国のバナナウユ(バナナ牛乳)は好きだ。
どっちかって言うとここのバナナジュースはバナナウユに近い味かもしれない。
バナナとバニラアイスに乾杯(笑)
またまた中華ファミレス五味八珍。
今回は前回の反省を生かしてあんかけチャーハンに。
最近、あんかけチャーハンは本当にはやっているみたいで、こういう中華ファミレスでも良く見かける。
確かにあんかけは別の料理でも使い回しがきくので、メニューとして作りやすいのかもしれない。
ちなみにここのチャーハンはふたつきの容器に入ってくる。
五味八珍のあんかけチャーハン

あんかけチャーハンにはスープが付く。
五味八珍のあんかけチャーハン

スープがうまい。
あんかけチャーハンも意外においしい。
ここのチャーハンは水分が少ないので、あんかけが加わると水分バランスがちょうど良くなるのかもしれない。
でもここは五目ラーメンが一番好きだ。
おやつ対決で豚まんについて書いたときに出てきた、神戸の老舗老祥記。
神戸初心者なので、神戸について最初にいってみた。
開店前なのに並んでる~
しかも開店直後に店に入ったら、後ろのやつに抜かされた(怒)
お店の人はしっかりカウントしていたみたいなので、そいつは無視して私のオーダーを先に通してくれたが。
しかもこの店、一人3個からの注文らしい。
まあ小さいので3個は食べられるだろうということらしいが、そうそう一気に食べられるものでもなく。
しかも持ち帰って温めてもあんまりおいしくないみたいだ。
ま、こんな感じ。
神戸南京町老祥記の豚まん

さすが豚まんの元祖だけある。
中をわると肉汁がじんわり。
肉の味付けは醤油。関西の味付けとは思えないほどしっかりした味付け。
ご飯が欲しい・・・というより、ご飯のおかずだ。
30個とか50個とか言っていた人が多かったのだが、これは癖になる味かもしれない。
ただ並ばないで買えるともっといいのだが。
ここのお店はもともとは中華食材のお店みたいだが、店頭でお店で打ているのと同じものらしい豚まんや揚げ物を、その場で作って売っている。
一種のイートインとか、有料試食みたいなものだろうか。
他にも揚げワンタンとか売っていたので、おいしかったらおかずに買って帰れるかも。
それとも最大のライバル、皇朝が目の前にあるからだろうか?
普通の大きさの豚まんも売っていたけど、今回はおやつ対決なので、小豚まんを。
耀盛號の小豚まん

ここもかなり小ぶり。
中を割ってみる。
耀盛號の小豚まん

ここも肉汁は出るが、皮と肉に間が開いているので、肉が少ない印象になってしまう。
味付けは皇朝ほど醤油が勝っていない、が塩味という感じではない。
でもこっちの方は昔からある肉まんに近い味わいかもしれない。
皇朝の方が味が完成してるかなあ。
迷うところだ。
今度は豚まん対決。
このところの中華街は、江戸清のぶたまんみたいな大きいものではなく、小ぶりなものがはやっているみたいだ。
で、小ぶりなものの代表といえば、皇朝の豚まんらしい。
ここのお店、中華街に3軒もお店があって、しかも行列している。
それでも一番混んでいなさそうなお店を選んだのだが、それでも先客がいる。
ていうか、豚まんを単独で買うお客さんより、チルドや郵送でまとめ買いをするお客さんが多いみたいだ。
まあ私は堂々と、豚まん一つお買い上げしたのだが。
皇朝の豚まん

一口サイズだけあって、本当に小さい。
割ってみるとこんな感じ。

皇朝の豚まん

肉の量は結構多いようだが、皮と肉の間に空洞ができていたので、そんなに肉が多いといった感じがしなかった。
味は肉にしょうゆ味をつけているようで、ご飯が欲しくなる味だった。
神戸の老祥記もそうだけど、おいしい、並ぶ、というお店の味付けは醤油がキーワードかも。
醤油、やっぱり日本のソウルフードなのかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。