ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士山のふもと、富士宮市の名物料理、富士宮やきそば
この焼きそば、すごく昔からあったらしい。
公式情報によると、富士山詣でをする人や、昔、今のイオンがあるところにオーミケンシがあって、そこの女工さんが一銭洋食屋さんでお好み焼きとか後に中国から帰ってきた人たちが伝えた焼きそばを食べていたらしい。
また、富士宮経由で山梨に帰る人たちがお土産として焼きそばを持ち帰ったり、冷蔵庫のない洋食屋で麺を日持ちさせるために、今の固い麺が出来上がったらしい。
で、その固い麺に合った調理法でなおかつ、高価な肉のかわりに脂をとった後に豚のラードかす(肉かすという)や、静岡の隠れた文化である、だし粉と呼ばれる、いわし節を粉にしたものを入れて風味を良くしたりして、独特の味わいの焼きそばが生まれたらしい。
ちなみにだし粉はおでんにも掛けて食べるようだ。
ただ私の周りの人はあまりかけて食べないけど。

以前富士宮で仕事をしたことがあったので、かの焼きそばを食べに行った。
確かに独特のもちもちというか、重めの麺に、肉かすがかもし出すちょっと内臓風の香りとか、確かにB級グルメの香りがする。
しかも仕上げに味○素がばがば入れてたし(笑)
今回はそのお店ではないのだが、イベントで富士宮やきそばを売っていたので購入した。
富士宮焼きそば屋台

イベントらしく鉄板を使い、肉かすも入れていたので多分本格的だと思う。
持ち帰って食べたのだが、麺のもちもち重たい感じもそのままで、ただ肉かすだけでなく、肉も入っていたので内臓臭さはあまりなかった。
そのほかの具はシンプルにキャベツのみ。
ソースはソースにしては辛口でしょっぱい。醤油とソースの中間かなと思う。付け合せは紅しょうが。他にとりたて特徴はなし。
この焼きそばはやっぱり麺が勝負の決め手だと思う。
やっぱりB級ご当地グルメとしては良くできてるんじゃないかなあ。
お値段も安いし。イベントでも食べられるし。
スポンサーサイト
テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。