ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄の夜は長いので、一人で飲みに出る。普段はそういうことはしないので、やっぱり沖縄は特別なんだろう。

前から気になっていた、BRATTO BAR KARACARAという、バーというか居酒屋というか、古酒を飲ませてくれるお店に行く。
場所は桜坂社交街という、昔ながらの飲み屋街にあるのだが、とって主おしゃれなお店だ。
夜遅い時間だったのでお客さんが私一人、ちょっと寂しい。
泡盛を寝かしたものが古酒なのだが、飲み方が良くわからないので教えてもらいながら飲む。
BRATTO BAR KARACARAの古酒と肴

古酒はまろやかで口の中に広がるが、アルコール度が強いので水で割りながら飲む。
突き出しとして、ナスを黒ごまであえた物が出る。
黒ごまがたっぷりというか、つなぎが何もない、黒ごま100%という雰囲気でまろやかかつ香ばしさもあって箸が進む。
BRATTO BAR KARACARAの島豆腐と島ラッキョウ和え

島豆腐の島ラッキョウ和えも頼む。
豆腐は木綿豆腐以上に硬く、中身が詰まっている感じだが、それとラッキョウのサクサク感が合うのだ。多分普通の豆腐では味わえないはずだ。
つまみは数は決して多くないのだが、どれも沖縄野菜を使った体によさそうなものばかりだ。
お店はおしゃれでカウンターのほかにもテーブル席がある。少人数なら
古酒を傾けながら飲むにふさわしいお店だ。
すごくくつろげるお店なので通いつめてしまうかも。
スポンサーサイト
テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。