ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、沼津ついでにNBのパンでも。
巷で話題ののっぽパンをご紹介。

のっぽパンというのは、ヌマヅベーカリー(現エヌビーエス)という地元の製パン屋がスーパーなどを中心に販売しているパンで、細長いパンの中にバタークリームやチョコクリームなどが入った菓子パンだ。
静岡を中心に、神奈川、山梨の一部で売っているパンなので、ご当地パンかな。
パンの生地の味はコッペパンとかそういう普通のパンで、スタンダードなバタークリーム(ちょっと苦手)やチョコクリーム(最近進化してクラッシュチョコになった)のパンはすぐに固くなってしまうので、焼き立てを食べるのがおすすめ。
割合新しいラインナップの牛乳のっぽシリーズだとパンが柔らかめなので多少古くなっても食べられるが、なるべく届きたてを食べた方がいいと思う。
のっぽパン

今回食べたのは「つぶピー」と「ラムレーズン」ラムレーズンは初めて見た。
つぶピーは甘さ控えめのつぶつぶピーナツクリームなので、パンの柔らかさと粒の硬さがマッチしてなかなかの食感。
ラムレーズンは際物かと思いきや、意外ににおいしい。
レーズンのほんのりした甘さと、いんちきっぽい生クリーム風の風味がなかなかいい。
これの見た目は、山パンのナイススティックにも似てるけど、味は多分ぜんぜん違う。
沼津に来たら是非これを一本。
スーパーならどこでも売ってると思う。コンビニにもあるところも多い。

ちなみにエヌビーエスのホームページからは買えないので残念。
スポンサーサイト
テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。