ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪での最後の食事。
朝食代わりのおやつをいろいろ食べたので、昼は軽めに。
千日前のうどん激戦区(笑)で、うどんを食べる。
この通り、どういうわけだか立ち食いでもないのに立ち食い価格のうどん屋さんがいっぱい。
どこもだいたいかけうどん160円なんだよねえ。
ちょっと前までは150円だった気がするけど。

前に松屋には入ったことがあるので、今回はりくろーおじさんの隣のなんばうどんへ。
正確な店名は不明だが、”なんば うどん そば”って書いてあるのでたぶんなんばうどんじゃないかと。
なんばうどんのハイカラうどん
関東でいうところのたぬきうどんは、関西ではハイカラうどんというそうなので、ハイカラうどんを注文。
ハイカラうどんでも210円。安い。
なんばうどんのハイカラうどん
安いけど揚げ玉のほかにかまぼこが入っている。
これはうれしい。
うどんだしは関西風で色は薄いけどしっかりした味。
うどんは柔らかいのを想像していたけど、普通の玉うどんだった。
大阪のうどんってもっと柔らかかったような気がしたけど、さぬきうどんの進出で少し変わったのかも。
しっかりしただしを揚げ玉が吸ってこれがまたうまい。
関西のうどんはだしがおいしいなあ。
しかも210円だし。
ほかのメニューも200円台が中心で安かった。
ご飯ものつけても300円台か400円台というのはすごいなあ。
スポンサーサイト
そういえば、大阪に来たのにまだいかやき食べてなーいということで、今度はいかやきを食べに。
同じなんばウォーク内のいか太閤というお店。
ミナミではたこ焼きの店はよく見かけるのに、いか焼きのお店ってなかなかないなあと思っていたのでこれはちょっとありがたい。
お値段は阪神スナックパークに比べると高いけど、梅田に戻るわけにはいかないのでここで。
最初はやっぱりノーマルのいかやきを注文。

いか太閤のいかやき

おお。なんだか大きい。
これだとわかりにくいので縦にしてみる。
いか太閤のいかやき
いかもいっぱい入っているし、大きさもスナパーの1,5倍はある。
これは狙い目。
早速食べる。
粉の香ばしさにソースのしょっぱさ、時々いかのしこしこした食感。
まさしくいかやき。
でもここのはスナパーに比べると、粉がモチモチしているというか、粉!って感じがする。
スナパーのは薄くて小さい分、粉感があまり立っておらず、いかとまじって絶妙なハーモニーを醸したしてるような気がする。
ここのはこの粉感がするのが、いかやきというよりお好み焼きっぽくていいのかも。
モチモチパンみたいな食感のいかやきというのか。
間違いなくここのがおなかにたまる気がする。
ソースの味もおいしいし。
甘いものが食べたくなったので、なんばウォークへ。
ここの商店街、地下街で涼しいし、お店はいっぱいあるしすごく便利。
東京も地下街多いけれど、ここまで大規模で便利なのはなかなかない。
私の好きなサブナードでさえもこんなにいろいろなお店がないし。

ということで、ちょうど店頭でおだんごを焼いていた住吉だんごへ。
ここは注文するとその場であぶってくれるみたい。
嬉しいサービスだ。
甘いものをと思っていたのだが、見ていたらしょっぱいものもほしくなったので、生醬油だんごと、みたらし団子と両方を買う。
すぐ食べたかったので2本だけ。
1本単位で買えるのも便利。
住吉だんごの甘辛だんご
まずはみたらし。
住吉だんごの甘辛だんご
住吉だんごの甘辛だんご
お餅が焦げてぷりっとしている。
みたらしのあんは、甘めが強めで同じ大阪でも喜八洲とはちょっと違う。
どっちもうまいけど、ここのは団子が美味しい。
みたらしの味は喜八洲のが好きかなあ。

お餅の味を楽しめそうなのが生醬油団子。
住吉だんごの甘辛だんご
焦げた醤油のにおいがまたいい。
お餅のもちもち感に、きりっとした醤油の味がまたいい感じ。
これは生醬油で食べたほうがお餅の味を生かせるかも。

みたらしは喜八洲で、生醬油は住吉団子かなあ。
お好み焼きを食べたあと、おしゃれなワインバーへ。
しこたま酔ったので写真もなし(笑)
チーズもおいしくワインもおいしくいただいた。
こういうお店に行くこともないのですごくいい経験ができた(嬉)

ということで、〆炭。
大阪と言えばラーメンでしょう。
ということ(だったと思う。酔っていて記憶なし)
で、天下一品へ。
実はここも行ったことがない。
王将の餃子と同じように京都文化の一つみたいなもんだと思うのでちょっと期待。

天下一品のラーメン
麺が沈んでしまっているくらいの重量級のスープ。
天下一品のラーメン
麺は細いのだが、むっちりしていてスープに負けていない。
さっそく。
スープ、見た目どおりにどろっとはしているけれど、味は意外にそんなにこってりではない。
スープに絡めばやっぱりこってりしてるかなあという感じはするけど、家系ラーメンのこってりさとは違う。
不思議だけどはまる人ははまりそうな、独特の食感のスープ。
これはラーメンスープではないと思う。
とはいえ、なかなかおいしい。
ということで完食。
天下一品のラーメン
…明日は来ないと思う(笑)
大阪と言えばお好み焼き。
でもお好み焼き、一人では食べられない。
ということで、大阪の美人のお姉さんと、当ブログでおなじみのMオッパーを関東から呼び寄せ(苦笑)お好み焼きを食べに行くことに。
お姉さんが手を尽くしてくれていけたのが、お好み焼き 美津のというお店。
有名店らしい。
店に入るとものすごく混んでいる。ソースのいいにおいがする。
ここの名物は、山芋で作った山芋焼。これやお好み焼きなどの定番メニューが食べられるなにわの味セットにする。
これはお得そうだ。
まずは山芋焼き。
お好み焼き 美津のでお好み焼き三昧
お好み焼き 美津のでお好み焼き三昧
アップで撮ったのだが、山芋のふわふわ感が伝わっただろうか。
中身がふわふわで具がぎっしりしていておいしい。
口の中でふわっと広がってこれがまたうまい。
お好み焼き 美津のでお好み焼き三昧
定番お好み焼き。
6種類の具材ということで、海鮮も入って風味がいい。
ミニ美津の焼って書いてあるけど結構ボリュームがある。
続いてネギやき。
これは完成した写真を撮り忘れる。
それだけうまかったってことか(笑)
お好み焼き 美津のでお好み焼き三昧
お好み焼き 美津のでお好み焼き三昧
お好み焼きやさんといえば焼きそばでしょう。
この焼きそば、太麺を選んだのでもっちりしておいしい。
沖縄そばの焼きそばみたいな感じ。
やっぱり大阪うまいものばっかりだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。