ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たいやきの後はしょっぱいもので(笑)
すぐ隣にある成城石井による。

ここではミートパイを買う。
これ、成城石井の隠れた名物らしい。
そうかなあ?

とはいえこんな感じので。

成城石井のミートパイ

スパイシーなのがうれしい。
ミートパイってどうしてもアメリカのママが家の大きなオーブンで焼くイメージだったので、ちょっと違うけどまあいいか。

早速割ってみる。

成城石井のミートパイ

お肉たっぷり。なんか意外。

さらにこんな感じ。
成城石井のミートパイ

肉と玉ねぎと他何かという感じでおいしそう。
かじってみる。

あ、これはなかなか。
スパイシーなので肉の臭みがあまり気にならない。
でもやっぱりアメリカのママが焼くような素朴な感じもある。
すごく食べたいものではないかもしれないけど、あるとうれしい。

スポンサーサイト
おいしいと評判の横浜くりこ庵のたい焼きを買う。
でも横浜のは混んでるので、本厚木のミロードで。
でも予想は外れてここも混んでいた(苦笑)

横浜くりこ庵のたい焼き

でも買ってくる。
ここのは確かにあんこたっぷりだ。
尻尾からあんこがあふれてる。

横浜くりこ庵のたい焼き

皮はサクッとしていて薄め。
皮!という存在感はあまりないような。
あんこが主役という感じのタイ焼きだ。
最近だとタイ焼きの皮がバター味っぽいとか特徴のあるのもあるけど、たいやきはやっぱりあんこだなあ。

並ぶ理由がわかる気がする。
地味な印象の相鉄線。
しかも急行がエリアって地味な印象があるようだ。
でもそんな沿線の駅前に刀削麺の店があるというので行ってみた。

場所は駅のそば、電車からも見える。
しかし電車から見える方は裏になってしまうみたいなので目立たない。
表側はこんな感じ。

さがみ野梅林園の刀削麺

通し営業なので遅いお昼なんかに便利。
もちろん宴会もやってるので早い時間からの宴会もOK。

上海料理のお店らしいのだが、お勧めは刀削麺だそうなので頼んでみる。

定番だと思う、バラ肉の刀削麺。


さがみ野梅林園の刀削麺

見た目も定番らしい感じで安心できる。
匂いだけだと台湾でよく食べる、牛肉麺という感じだ。
八角が効いているようなスパイシーなにおい。

さがみ野梅林園の刀削麺


バラ肉はよく煮込まれていてホロっと溶ける。
麺はむちむち系でこれがあっさりしたスープに合う。
ちなみにこのあっさりスープ、八角もきいていて中華風味満載のはずなのだが、どこか肉うどんのだしみたいな懐かしい味もする。
ちょっと不思議。

辛さはピリっとする程度なので辛いものが苦手でも安心して食べられるはず。
華隆のようながっちりした感じではないのだが、麺もスープも穏やかな感じなのでこれもまたありかと。
場所がもう少し便利だと(十分便利だといえば便利なのだが)毎週通いたい感じだ。
またもや某所でナポリタン。
どうしてもナポリタンが気になってしまう。

ここのはこんな感じでサラダと汁ものがつく。

ニッコクトラストのナポリタン

そして問題のナポは。

ニッコクトラストのナポリタン

ちょっと盛が少なめ?と思ったけどそうでもなかった。
麺は意外にも普通のゆでた麺で、放置系ではなかった。
それを軽く和えて炒めているのかあっさりした仕上がり。

上に茹で卵を刻んだのが乗っているサラダが喫茶店っぽかった。
ナポリタン、お店によっていろいろあるのでこれもまたおもしろい。
ちょっと久しぶりの気がする星のうどん。
今度は外からもいけるようになったのでちょっと便利になったかも。
今回はまだ食べていないげそのうどんを頼む。
いかげそ、おいしいんだよねえ。

すぐに麺ができる。
お、予想と違う。
星のうどんのげそうどん

げそだけ揚げてあるようなのが来ると思ってたら、かきあげにげそ入ってるのね。
これは家でもまねできそう。
げそと玉ねぎだと具もシンプルだし。

星のうどんのげそうどん

うどんは駅のうどんとは思えないほどのつるつるかつモチモチ。
薄めのだしもおいしい。
星のうどんのげそうどん

このだしは博多系のようだけど、確かに福岡で食べたウエストの味もこんなだった気がする。

星のうどんのげそうどん

かきあげのげそも野菜天だけの時より出しが出てるというか、魚介のうまみも重なっていい感じ。
駅の立ち食い(椅子もあるけど)これだけ食べられるのはやっぱり立派だと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。