ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンパネラでおやつ(いったい何回おやつ食べれば気が済むのか)の後は、かま栄のお土産を。(お土産に買ったので撮影は自宅にて)
かま栄のかまぼこ


かま栄のかまぼこ

まずは定番、パンロール。
かまぼこを食パンで囲ったものらしい。
パンが途中ではがれてしまった。
これは是非熱々をいただきたかったなあ。とはいえパンの食感とかまぼこの食感とが面白い。
かま栄のかまぼこ

ひら天
定番かまぼこらしいが、なんだか甘いの。
この甘さは天然なんだろうなあ。ふかふかの食感でなおうまし。
かま栄のかまぼこ

カニシューマイ。
上にカニの身がのっている。食感も味もシューマイの味。
これはおつまみに是非。
かま栄のかまぼこ

きんぴらだそう。
でもきんぴらの味がしないのでもしかすると違うのを買ってしまったかも
なんかいかとかたこの味がするし。
かま栄のかまぼこ

味噌南蛮。
これはちょっと辛くておいしかった。ネギの味もするし、これもおつまみ向きかも。
全体的に甘いかまぼこなので、後を引くうまさだった。
スポンサーサイト
これも御大のところで気になっていたお店。
実は前にも行ったのだが、そのときはもう閉まっていた。
残念だったので、今回はあいている時間に訪問。
御大も召し上がった、お好み団子と、かま栄ドッグを食べる。
まずはお好み団子。
中にチーズが入っているたこ焼きみたいなかまぼこ。
灯台茶房、ラ・カンパネラ

灯台茶房、ラ・カンパネラ
灯台茶房、ラ・カンパネラ 

割ってみるとチーズがじゅわーんと出てくる。
これがおいしいのだ。

こちらがかま栄ロール。
パンロールの進化型らしい。
灯台茶房、ラ・カンパネラ

灯台茶房、ラ・カンパネラ

揚げパンの内側がかまぼこになっている。
たしかにパンロールに近いがもっと香ばしくてジャンクな味。
ちょっと脂っこいかなあ。
とはいえ店内には、修学旅行生なのか、近所の学生なのか男子校生がいっぱいいる。
きっとがっつり食べたい男子にはこれでも物足りないかも。

公式サイトでお好み団子を調べてみたら、2月のメニューには入ってなかった。
もしかするともう食べられないのかも??
そして今回のメインイベント、鶏の半身揚げ。
ネットで検索してたどり着いたのがなるとというお店。
若鶏時代なるととニューなるととあるらしい。

ちなみにニューなるとの鶏の半身揚げは、札幌の丸井今井で買えるのだが、整理券方式らしい。いってみたらもう売り切れだった(涙)

このなるとというお店は、小樽運河とかの観光地側ではなく、商店街の端のほう。
調べておいてよかったと思う。
お店は結構混んでいてわさわさしている。
が、結構待ってやっと鶏と対面。
若鶏時代なるとの若鶏半身

でかい!
しかも揚げたてで熱々。
早速いただく。
皮がパリパリでおいしい。
塩味がついているのだが、その塩味がひと塩というか、なんともいえずにおいしい。
しかも半身を揚げているので、あらゆる部位を食べることが出来る。
手羽先の部分も手羽元も、モモも全部いただけるのはその部位ごとの特徴も楽しめるのでなかなかいいアイディアだと思う。
肉はジューシーで皮はパリパリ、皮の間の油がまたうまし。

これはもう一度行ってみたい。
ニューなるとの方は姉妹店だということだが、味がちょっと違うらしい。
2軒はしごはきつそうだけど行ってみたい。
物足りなさを感じながら、西川のぱんじゅうへ。
今度はやっている。
これもまたどんどと同じような年季を感じさせる。
学校帰りに1つ2つ買いたいような。
西川のぱんじゅう

皮は桑田屋よりちょっとこんがりしている。
形もどちらかというと丸くてずんぐりむっくり。
お店の奥で食べられるので、早速いただく。
熱々!
西川のぱんじゅう

西川のぱんじゅう

割ってみるとこちらはつぶあん。
あんこはがっつり甘くて、それなのに豆の味もしっかり残っている。
そしてパリパリの皮も甘い。
この追い立ててくるようながっつりした甘さがおいしさの秘密だ、きっと。
桑田屋のはおいしかったのだが、このがっつりした甘さがなかった。
そこが最大の違いだろう。

でもこのぱんじゅう、熱いうちに食べないとおいしくないらしい。
このうまさは小樽に行かないと食べられないのか・・・
西川のぱんじゅう
南区の御大のページで気になっていたぱんじゅう。
初めは西川のぱんじゅうに寄ったのだがまだやっていなかった。
なので小樽運河のそばの桑田屋のぱんじゅうを。
ここのは中身がいろいろあるので、まるでスーパーの地下にある大判焼き屋みたいだ。
桑田屋のぱんじゅう

なので、普通のあんこのものと、中にチョコが入っているのを買う。
茶色いココアがかかっているのがチョコので、何もかかっていないのがあんこ。
チョコの中身はチョコクリームで、ヤマザキとかシキシマの高級チョコパンの中身みたい。
食べやすいけどちょっと物足りない。
あんこの方はこんな感じ。
桑田屋のぱんじゅう

桑田屋のぱんじゅう

ぎっしりあんこはこしあん。
皮は薄いがしっかりパリパリではなく、どことなく最中みたいな食感も。
あんこは甘いし、皮とのバランスもいいのだが、何か物足りない。
いったいこの物足りなさはなんだろう?

これは西川のぱんじゅうに行ったときに明らかになる。
続きは明日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。