ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに王将へ。
ここのお店、中華街のお膝元、石川町の駅や、桜木町の駅の前にもあるけど、中華街のへたなお店より美味しい場合もあるしなあ。
健闘してると思う。

今回は中華街界隈ではない王将へ。
王将は店ごとに味も少し違うらしい。
まずは名物の餃子を。
餃子の王将で王将ラーメンと餃子

2枚分、12個。
おなかがすいているのでいけると思ったが、だんだん苦しくなってきた。
1枚で十分。

餃子の王将で王将ラーメンと餃子

王将ラーメン。
この背油風の物体がいい感じ。
でもこれ、背油じゃないとするとなんだろう?
餃子の王将で王将ラーメンと餃子

やる気のない茹で上げ麺がいい感じなんだよなあ。
普通、このスープだともっと太いもちもち系の麺を使いそうなのだが、あえて細い麺で。
よく味わってみると、このスープも決してこってりぎらぎらではないような。
このジャンクな味がたまらな~い。

・・・って食べてるもんほとんどジャンクフードばっかりだし(笑)
なのにマクロビ薦められたりして(苦笑)
スポンサーサイト
紅虎餃子房へいく。
考えてみるとこのお店、行ったことなかった。
中華といえば大珍とか過橋米線とかいろいろあるしなあ。

まずは名物鉄鍋餃子
紅虎餃子房の棒餃子

鉄鍋でやってくるので熱い。
紅虎餃子房の棒餃子

黒酢がおいてあったので、黒酢で食す。
熱々でジューシーだが、やっぱり普通の餃子。

つゆそば、しょうゆ味。
紅虎餃子房のつゆそば

見た目は東京ラーメンのよう。
海苔はいらない(笑)

取り分けた。
紅虎餃子房のつゆそば

麺は細めで、味付けも色の割にはさっぱりしている。
香港麺っぽというか、小さいお碗に入って出てくる点心屋さんの麺みたいだ。
これはなかなか本場っぽい。

ラーメンといえばチャーハン。
紅虎餃子房のチャーハン

ネギと卵のさっぱりチャーハンだったかなあ。
チャーハンの種類が多かった。
紅虎餃子房のチャーハン

なんかぱらぱらでいい感じよー。
味はちょっとにおいの強いザーサイを具として使っているので、ちょっと癖のある味。
これもなんだか屋台系のチャーハンの味。
意外と本場テイスト(安い系の店)の味なのかも。
とはいえ、餃子は鍋貼とは違うし、これは日本風にアレンジしているのかも。
手軽な中華の割には高かったけど(苦笑)
プロントのメニューにナポリタンができたというので行ってみた。
しかもバーメニューの中らしい。ということは夜しか食べられないのか??
しかもナポリタンじゃなくて、ナポリターンらしい(笑)
鉄板ナポリタンで、しかも鉄板の下には卵が敷いてある。
これって名古屋名物イタリアンスパゲティではないのか?
とりあえず注文。
時間がないので持ち帰りで。

プロントのナポリタン


鉄板からはがして卵とパスタを一緒にイン。
こんな感じ。
結構無理な注文をしてしまったのかも。

ふたを開けてみる。
プロントのナポリタン


しっかりしたケチャップ色。
ナポらしい。
もともとプロントのパスタはコーヒーやさんだと考えると結構美味しいほうだと思うのだが、このナポは美味しいけどちょっとナポらしさにかけるような気がする。
鉄板で焼いているのでケチャップに火が通った味はよく出ているのだけど、上品なんだよねえ。
とはいえ、喫茶店メニューのナポがおしゃれなカフェでさくっと食べられるのはいいことかも。

ココスでおしゃべり。
こういうときドリンクバーのあるファミレスは便利だ。
まずはサラダとドリンクでまったり。
ココスのローストビーフサラダ

ここのドリンクは緑茶とオレンジのブレンドとか、面白いお茶があって飽きない。(美味しいかどうかはさておき)
その後ドリアに。
ココスのホワイトソースドリア

見た目より量が少ない。
でもほたてとかえびとか魚介類がいっぱい入っている。
他の会社に比べるとCPはやや高しといったところだろうか。
ここの夏のカレーフェアにはグリーンカレーがあるので、フェアをやっているうちに行かなくては。
ココスに妙なものがあるという情報を得てやってきた。
ココスのデザートメニューに、名古屋のコメダ珈琲店の名品、「シロノワール」に似たものがあるという。
早速頼む。

ココスのココッシュ

お、見た目はそっくり。
でも上にかかっているクリームがお上品。
しかもアイスクリームも乗っている。
ココスのココッシュ

しかし最大の違いは、下の土台が普通のパンであること。
シロノワールは塩味のデニッシュパンなのだ。

早速食べてみるが、シロノワールのような個性的な味わいがない。
アイスもクリームもパンも美味しいのだが、デニッシュの塩味の上にどろどろした半解凍のクリームがじわじわしみこんでいくようなワイルドな味わいもない。
無難に美味しいデザートになっている。
残念な結果だが仕方がない。

ココスのココッシュ

メイプルシロップっぽいソースをかけてみたけど、それもまた普通の美味しさに加担しただけだった。
ああ、シロノワールのようなワイルドな美味しさには出会えないのか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。