ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カヤトーストってヤクンみたいな薄切りが定番だと思っていたけど、どうも厚いのもあるみたい。
で、厚切りで有名なのがTOASTBOXらしい。
空港で見つけたので食べてみることに。

TOASTBOXの厚切りカヤトースト

TOASTBOXの厚切りカヤトースト
こんな感じで食パンを焼いたのにたっぷりとカヤジャムが塗ってある。

TOASTBOXの厚切りカヤトースト

このたっぷり感!

TOASTBOXの厚切りカヤトースト

すごいこってり。

TOASTBOXの厚切りカヤトースト

ちなみに厚みはこの程度。
6枚切り1枚分くらいだと思うけど、カヤジャムが厚塗りなのですごく厚く感じる。

カヤジャムはかなり甘いはずなのだがあっさりしているので、飽きずに食べられた。
これって日本でまねして食べてみるとそんなにおいしくないのに、現地で食べるととても美味しい。
焼き方とかにコツがあるのかなあ?
スポンサーサイト
シンガポールで日清のカップヌードル。
前にもラクサ味とかシーフード味とか紹介した気もするけれど、今回はチキン味で。

シンガポールのカップヌードルチキン味
日清マークが入っている。
チキンは日本にはないフレーバーなので気になる。
ここだとチキンだといろいろ面倒じゃないのでチキンなのかなあ?
朝食のソーセージもチキンソーセージの場合が多いし。
シンガポールのカップヌードルチキン味
ここは英語表示だが、反対側はマレー語だった。
マレーでも売っているのか、マレーで作っているのか。

作り方のイラストに従って作ってみる(笑)

できあがり。

シンガポールのカップヌードルチキン味

確かに上に乗っている具がチキンっぽい。
あとは何となく日本のより具がカラフルな気が。
さて一口。
あ、チキンラーメンっぽい。
でももっと塩っぽいというか。
だしが効いていて味が濃い気がする。
チキンスープという感じが近いかも。
麺は日本のよりぼそぼそというか伸びが弱い。
日本ののものと一緒と考えるとかなり違うけど、これもおいしい。
かさばるけどお土産にいいかも。
カトンの探索。

カトン街歩き

カトン街歩き

カトン街歩き

カトン街歩き

カトン街歩き


このエリア、街並みも素晴らしいし、なんか面白そうなものがいっぱいある。
マレー文化、中華の文化、そしてシンガポール独特の文化とが入り混じって魅力的。
シンガポールってみるところないよねっていう人にもお勧めのエリアだと思う。

そんな街角で見かけた自動販売機
どこかで見たような自販機

何かどっかで見たような販売機だ。
ホットはさすがにない。
張り紙はがすと日本語でてきそうなんだよなあ。

でもここの自販機は高いので、スーパーでジュースを買って飲む。

怪しいジュース

中華系のジュースだがプロダクトオブシンガポール。
カロリーゼロがありがたい。
怪しいジュース
暑かったので飲みほす。

味は見かけの怪しさとは違って普通のスプライトみたいな柑橘系の炭酸飲料だった。
普通においしかった(苦笑)
訪問何回目か、やっと念願のローミーのお店にたどり着いた(笑)
オールドエアポートロードフードセンターで念願のローミー

いったらもうすごい行列。
かなり待ってやっと何を頼むか訊きにきた。
ここで頼んでさらに待ってようやく受け渡しという手順だった。
で、きたのはこれ。
オールドエアポートロードフードセンターで念願のローミー
あんかけの具合は程よくドロドロという感じ。
ここ、具が多いみたい。
上には魚のほぐした身みたいなのが乗っているし、茹で卵もある。
オールドエアポートロードフードセンターで念願のローミー
肉は三枚肉じゃなくてチャーシュー。
他にも揚げ物が。
オールドエアポートロードフードセンターで念願のローミー
そして麺は特に指定しなかったので黄色いきしめん風のが。

オールドエアポートロードフードセンターで念願のローミー
どうもビーフンを混ぜたのにもできたみたいだけど、よくわからなかったし他の人のも対外これだったのでこれがお勧めなのかも。
味は酸味もとろみも程よく、だしがきっちり効いていてにんにくも多め。
かなりおいしい。
チリも黒酢もたくさん入れたのだが、それが負けないほどのしっかりした味。
でも臭くて酸っぱくてというローミー好きにはちょっと物足りないかなあ。
具も豊富なので様々な出しが出ておいしい。
ただ場所が不便なのがなあ…

しかしながらどうもこの近辺を地下鉄が走るみたいなのでこの先に期待。
朝のオールドエアポートロードフードセンターへ。
今回もおいしいローミー屋さんを目当てに行ったのだがやっていない。
なのですごく並んでいる腸粉屋さんへ。
オールドエアポートロードフードセンターのチャーシュー腸粉


この腸粉、点心の一つらしいけど、米でできた薄い皮にチャーシューとか海老とか入っている。
で、どうもシンガポールでは朝食に人気みたい。

種類も豊富。
オールドエアポートロードフードセンターのチャーシュー腸粉
でもここではあえて定番のチャーシューを。

作るのを見ながら待っているとできてきた。
オールドエアポートロードフードセンターのチャーシュー腸粉
皮がつるんとしていて、中に具が入っている。
かかっているソースは甘めのしょうゆだれなので、チリをたっぷり入れていただく。
この皮もその場で作っていた。
オールドエアポートロードフードセンターのチャーシュー腸粉
皮自体には味がなさそうなので、中の具とたれで味わうよう。

皮の食感がなんとも言えずいい感じ。
中のチャーシューもジューシーでおいしい。
オールドエアポートロードフードセンターのチャーシュー腸粉
上にフライドオニオンがかけてあるので、このかりっとした食感とくにゅっとした皮の食感がたまらない。
これは行列ができるのも納得。
確かこれで2ドルだった。140円弱というところだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。