ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外食続きだったので、うちでの食事も。
台湾で買い込んできたスープを飲むことにする。
ジャガイモコーンスープ

ジャガイモとコーンのスープ。
コーンスープにジャガイモって炭水化物同士で重いんじゃないかと思うけど、どうなんだろう?
ジャガイモコーンスープ

意外にもジャガイモはとろみ程度。
メインはコーンみたいだ。
にんじんも入っていて、気軽に野菜が取れそう。

ポークリブスープ。
ポークリブスープ

豚の骨のだしは珍しいと思って買ってみた。
豚の骨とはいえ、とんこつスープとは違って、豚の香りはするけど何か根本的に違う。
排骨というくらいだから、スペアリブで取るスープってことなんだろうけど・・・
白菜とかキャベツとか葉物と大根で鍋にして食べたいお味。
スポンサーサイト
台湾で買った素食の缶詰を開ける。
もし美味しかったら、今度同じようなものを買って来ようともくろんだので1つだけ。
えのきだけとグルテンミートの缶詰のようだ。

台湾の素食缶詰


あけてみる。ちなみに缶きり不要のパッ缶タイプ。
台湾の素食缶詰

よく煮えていてお稲荷さんのおあげみたいだ。
ただし香りは醤油だけではなく、五香粉も混じっている。

これだけではちょっと食べにくいので、おかゆを添えて台湾の朝食風に。
台湾の素食缶詰

台湾の素食缶詰


味付けはかなり甘めで、グルテンミートがしこしこしていて本当の肉みたい。
味わうと油揚げなのだが(苦笑)
えのきだけもよく煮えていておいしい。
おかゆじゃなくて、ご飯のおかずでも。
1缶100円強だったので、重たいのを我慢すればいいお土産になりそうだ。
台湾で買ったスープを作る。
ハムとジャガイモのスープだ。
これ、いつの間にか賞味期限が近くなっていた。危ない危ない。
ハムとジャガイモのスープ

ジャガイモのスープがちょっと珍しいと思う。
早速作る。
ハムとジャガイモのスープ

ちょっととろみがあるが、じゃがいもという感じはあまりしない。
ハムも少ないので香りは多少するが癖がなく飲みやすい。
こういうのがお土産に合うのかも。

一緒に台湾で買った天仁茗茶のジャスミン茶も。
天仁名茶のジャスミン茶

定番だし、パック入りなので職場のお土産とかにも使えそう。
まあ横浜でも買えるだろうけど。
さて、もう帰国日。
お土産は十分買った。
今回のお土産はいっぱいあるけど、これはかなり期待している。
パイナップルケーキを買った、アストリアの月餅。
アストリアの月餅

こんなに小ぶりなのに、値段的には横浜中華街の有名店とあまり変わらない。
まずは定番、あんこの月餅
アストリアの月餅

アストリアの月餅

これは丸い。
割ってみると濃厚そうで、実に中身も濃厚。
胡麻あんでこってり。1つで2つ分の濃厚さ。
でもしつこくないのでついつい1つ食べてしまう。

次は大好きな蓮あん
アストリアの月餅


アストリアの月餅

アストリアの月餅

蓮の花みたいな焼印というか、焼き型で作っている。
これがレトロでいい感じ。
ほんのりとだが癖のある蓮の甘みが出ていてなかなかおいしい。
これは甘さも上品。

これはなつめやしのあんこらしい。
アストリアの月餅

アストリアの月餅

椰子の絵が描いてある。
これは甘みが濃厚で、しかもちょっと癖のある甘さ。
私は好きだけど、好みが分かれそう。
どれもおいしいが、お土産にするとなるとパイナップルケーキのほうが癖がなくて万人受けするのかも。
難しいところだ。
旅行の楽しみは現地のスーパーに行くこと。
現地のトレンドとか人気の食べ物とかいろいろわかる。
台湾で行くのは松青超市と頂好が多いのだが、今回はカルフールへ。
このカルフール桂林店、なんと24時間営業。
カルフール西門町駅そば

MRTの西門駅を降りて、見えないけれど線路沿いを龍山寺方面に歩いてしばらくすると看板が見えてくるので看板に向かって歩くと見つかる。
食品売り場は2階なのだが、万引き防止なのか、24時間営業の影響なのか入り口がわかりにくい。
人の波にしたがっていけば入れるが、ちょっと面倒。
超安いということはないけれど、まとめ買いするほど安いような大容量パックが多いので、まとめ買いしてお土産にするにはよさそう。
いろいろ買ったのだが、カルフールオリジナル商品はこれ。
カルフールマンゴー

カルフールマンゴー

お土産の定番、ドライマンゴー。
でもタイ製らしい(苦笑)
お味はちょっと酸味が強いが、マンゴーの味もしっかりしていておいしい。
1袋100円しなかったと思うし、ばら撒き土産に最適かも。
ちなみにクレジットカードも使えるので、帰国間際で現金の持ち合わせが少ないときでも安心して買い物できそう。

ちなみに、上で紹介した松青超市は、士林夜市の端のほう、台北海洋館のすぐそばのビルの地下にあって、ここも24時間営業。
夜市の帰りにでもどうぞ。
ここは日系企業もかかわっているようなので、日本の食品も充実。
頂好は、Welcomeって書いてあるスーパーなのでよく見かけるが、市街地だと台北駅の横の国光バスの空港行きターミナルの横の広い道路を士林方面にずっと歩いたところのビルの地下(苦茶之家のそば)にあるし、晶華飯店(DFSのあるビル)の隣の百貨店の地下にも少し高級な方のスーパーがあるので、意外に歩いていけるスーパーも多いかも。
勝立生活百貨は、台北市内にももちろんあると思うけど、南雅夜市(板橋観光夜市)のメイン道路沿いにあったので、夜市のついでに寄ると便利そう。
台湾のスーパーは面白いものが多いのでおすすめ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。