ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駅ビルができてすっかり様変わりしたらしい、往十里駅。
駅ビルにEマートができたそうなので行ってみることに。
往十里でキムマリを食べる
でもその前に街歩き。
すると美味しそうな粉食のお店がある。
往十里でキムマリを食べる
女子高生で一杯。
ここはおいしそう。
でもこれからお昼を食べる予定なので、ちょっと控えめに。
キムマリだけ食べてもいいかと聞いたら大丈夫らしい。
ということで頼む。
往十里でキムマリを食べる
春雨を海苔で巻いてあげてある。
この揚げ具合がよさそう。
往十里でキムマリを食べる

しかもオデンのスープがつくのだが、このスープがおいしそうだ。
往十里でキムマリを食べる
いりこだしに揚げ玉とネギと海苔がよく合う。
これはまねしたい。

往十里でキムマリを食べる

ここではぜひトッポッキも食べてみたかった。
Eマートの上にはプールのついたチムチルバンもできたそうなのでまた行ってみたい。
スポンサーサイト
釜山からの帰りはビートルで。
高速船なので時間は短いがやはり船酔いが心配。
なのでお昼は食べずに船に向かう。

天気が良かったので港から釜山市内を望む。
ビートルのコーヒー
やはり港町という感じか。

インターネットで予約したら何とドリンク無料券をもらった。
嬉しい!
ビートルのコーヒー
中で何を飲むか楽しみ。

船は順調に滑り出す。
ビートルはJR九州の所属なので船内でも日本語が通じるし、日本人スタッフと韓国人スタッフがいるみたいだった。
かめりあは乗った時から韓国っぽかったけど、ここはもう日本っぽい。
船内ではビデオなのかBSジャパンの韓国ドラマが流れている。

ドリンクは売店形式ではなく、乗務員さんがききにくるのでその時に注文。
温かい飲み物はコーヒーしかないそうなのでコーヒーを。
ビートルのコーヒー

蓋がつくのでもしもの揺れにも安心。
ビートルのコーヒー

ミルクを入れていただく。
やっぱりコーヒーが濃い。ヘーゼルナッツの香りもしない。
これは日本の味だ。
船から一歩出ればもう日本。
釜山と福岡って本当に近いんだなあ。
韓国の焼酎と言えば、ソウルで売っている眞露などが有名だけど、実は地域ごとに焼酎のご当地ブランドがあるらしい。
で、釜山のご当地ブランドはC1だということなので買ってきた。
釜山の焼酎、C1
今回は船と飛行機での移動なので、壊れにくいプラスチックボトルで買ってきた。
しかもお土産に買ったので、私自身は残念ながら飲んでいない。
もしこれを飲むならばと思って買ってきたのが海苔のスナック。
日本でいうところの海苔天というものだ。
海苔天
見た目も普通の海苔天なのだが、味が違う!
海苔天
日本のより甘めというか、濃い味で衣の部分もまたおいしい。
海苔の味も濃いので衣の味に負けていない。
これは焼酎に合いそうだ。
見かけたら買うことにしよう。

釜山での最後の食事は東横インの朝食。
一日目とは違うメニューだ。
メニューが日替わりというのはやっぱりいい。
こういうところって連泊することが多いので助かる。

ちなみに客層は日本人ばっかりかと思ったけど、意外に韓国人が多いよう。
安くて手軽でモーテルじゃない宿泊するところってなかなかないのかも。
若い女の人だとモーテルはちょっと入りにくいだろうし。

この日の朝食はなんと雑穀米。
おかずはキムチとジョンとさつまあげ。
ちょっとさみしいかなあ(笑)
東横イン釜山中央洞の朝食2日目
ご飯は見にくいが雑穀らしいものが少し混じっている。
東横イン釜山中央洞の朝食2日目
キムチは白菜とカクテキとの2種類だった。
味噌汁はこの日も韓国味噌。
東横イン釜山中央洞の朝食2日目
ジョンは2種類あってその場で焼いている様子。
東横イン釜山中央洞の朝食2日目
ジョンは焼き立てなのでアツアツでおいしい。
さつま揚げみたいなのは甘辛く味付けしてあってこれもなかなかおいしい。
でもビビンバにして食べるという感じではなかったのでそのままいただく。
最後はコーヒーで〆る。
東横イン釜山中央洞の朝食2日目
なにやら朝ごはんにカレーが出る日もあるそうだが、残念ながらカレーには巡り会えず。
あの黄色いカレー食べたかったなあ。
こういう機会でもないと食べないだろうし(笑)



すみません、一日早くあげてしまいました。
ということで2月1日の更新はこれで。
釜山最後の夜。
西面でライトアップを楽しみ、地下鉄で戻ってPIFF広場から周辺をぶらぶら。
残念なのは西面で名物のホットクを食べられなかったことだが、かわりに大好きなトッポッキを食べる。
ここのは何とスンデ入りかスンデなしかを選べる。
スンデ入りを選ぶと、「メウォヨー(辛いよ)」と言われた。
そうかあ、辛いのか。
屋台のスンデ入りトッポッキ
この黒いのがトッポッキ。
屋台のスンデ入りトッポッキ
トックも太くてスンデも大きい。
この店だけではなくよそも大きかったので、釜山のは大きめなのかなあ。
早速トックから。
むっちりした歯ごたえで確かに辛め。
しかしこの辛さがたまらない。
屋台のスンデ入りトッポッキ
スンデを食べる。
これも臭みなし、むちむちの歯ごたえはあるのだが、トックとは明らかに違うので食感を楽しむのにちょうどいい。
おでんも入っているのでまた違う食感を楽しめる。
辛いとは言われたけど、この辛いたれもおいしいので、これにキンパプを絡めてもいいし、ティギム(天ぷら)を絡めてもよさそう。
おいしかった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。