ひとりメシの友ブログ

女子ひとりで食べるおいしいB級グルメをご紹介します。

教えたくない名店、タイ居酒屋のイサーンです。
斎藤酒場や田やなどのよい酒場がいっぱいある十条にあります。

カウンターのみのキャッシュオンでお酒はビールなど一部を除いて300円です。
おつまみはタイ料理がほとんどで、値段は500円のものが多いです。
ごはんものというかカレーなどはごはんなしは500円でごはんつきが700円だったか。

まずは外せないラープムー。


201804192005482c5.jpg


辛さと酸っぱさが癖になります。
ここで初めて食べたときからはまりまくりです。

201804192007035f8.jpg


鶏レバーのガバオ。
レバーのガバオは珍しいです。
これも辛くてお酒が進む。うまし。


2018041920083640c.jpg


えびのナンプラーかけ。正式名称は忘れました。
これは以前はなかったような。
韓国料理のカンジャンセウのような感じです。
もうやめられない

20180419201044bff.jpg


パクチー卵焼き。パクチー好きにはたまらない。
ここの料理はどれもお酒に合います。
居酒屋でも合わない料理があるのに珍しい。


〆はこれでしょう。

2018041920121642a.jpg


パッタイです。
〆なのにお酒が進むのは困ってしまうが毎回頼んでます。

いつも飲みすぎ食べ過ぎなので2000円以上食べてますが、2000べろのお店です。
1000べろは無理だと思います。
あ、書いてて飲みたくなってきた。
スポンサーサイト
テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ
最後になってしまいましたが、行きの品川駅で食べたニュータンタンメンです。
ニュータンタンは有名ラーメン店やその他有名店の立ち並ぶ一角にありますが、駅から遠いほうにあります。有名店ばかりなのでそこまでの誘惑が(笑)

このタンタンメン、ニューとつくだけあって普通のタンタンメンとは違います。
塩ベースのスープに溶き卵と挽き肉、そして唐辛子の真っ赤なスープにパンチの効いたニンニク風味と、通常の担々麺とは全く違うルックスと味です。
201804120618539a5.jpg

スープはあっさりなのにニンニクと唐辛子がコクをだし、それを溶き卵が中和してくれます。
麺は太麺でスープによく絡み、挽き肉との相性も抜群です。
辛さも選べるのでいつも中辛、普通より辛いにしています。辛すぎるとスープの味がわからなくなるような気がしました。
ただ店ごとに味が違うようで、羽田空港発の日の前泊で立ち寄る蒲田店のほうがニンニク風味が響き渡る感じです。

ちょっと古い写真ですが蒲田店です。


20180412061954273.jpg


ニュータンタンのお店は川崎、横浜など神奈川県の東側に多いので最近はなかなか行けません。

ルックスは同じですが、味は店ごとに違うようです。
20180412061918def.jpg


太麺でツルツルしこしこです。

20180412061938886.jpg


今回で香港ネタは終了です。
また10年後~ではありませんが、せんべろとラーメンがメインでぼちぼち更新していきたいと思います。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ
香港に行ったらこれは外せないというのがシンフォニーオブライツとビクトリアピークと言われていたのでどちらもチャレンジしてみました。

ビクトリアピークは微妙な結果に終わったので、シンフォニーオブライツこそは。

まずはスターフェリーに乗って香港島から九龍まで。
前日に昼間のフェリーは乗っているので雰囲気はわかってますが、夜はやっぱり景色もいいですね。その分混雑もすごいです。



写真を撮るのが難しい。




あっという間に九龍側に到着。

シンフォニーオブライツはスターフェリーの発着場に近い所からみるのが最高とのことでしたので、人混みをかき分け対岸が見える場所へ移動。
ちょうど時計台のある辺り一帯です。もう人だかりが。

いい場所が取れなかったので、見える場所で待機。どういうわけだか途中で席を立った人たちがいたので移動して最高の場所で見物できました。




17年の12月からビルの窓の所にLEDでメッセージが流れるようになったそうです。
レーザービームを見つつ、横目でメッセージを読み、クラシックみたいな音楽を聞く。
ちょっと忙しいです(笑)






レーザーの色は緑一色でしょうか?
赤とか青とかわかりやすい色はなかったような。
15分程度ということでしたが、実際は13分弱かなと。唐突に終わった感が否めない演出でした。
今回は霧が出ていたので余計に見づらかったというのが残念ポイントでした。

これは絶対フェリーに乗って船の上から見るツアーがおすすめだと思います。

もうひとつ、今回の宿の話です。
初香港ということで、交通の便がよい、ある程度朝も夜も楽しめる場所ということで佐敦駅そばのエバーグリーンホテルに宿泊しました。
ここは旅友さんに教えてもらいました。
改装中で音が若干気になることもありましたが、部屋も香港では考えられないほど広く(東横インより広い)バスタブもありました。
セーフティーボックスも付いてます。
ホテルの横にはセブンイレブンもあり、ちょっと歩くとスーパーのwelcomeもあります。

フロントは愛想はありませんが、仕事はちゃんとしていました。なお、デポジットは100ドルです。朝早いチェックアウトだったので現金払いしましたが、カード払いもできたようです。

ホテル周辺も男人街やデパートなどあり、人通りは多いので不安はありませんが、治安はというとすごく良いとは言えないかもしれません。
日本でいうなら池袋とかの繁華街でしょうか。

エアポートエクスプレスの話の折に触れましたが、エアポートエクスプレスのパスが止まるイートンホテルも近いし、乗りませんでしたが、エアポートバスのバス停も近いです。
お値段は香港らしく1泊1万円弱ですが、便利で良かったです。おすすめです。

今回の香港旅行では女人街、男人街両方に行ってきました。
男人街に関しては滞在中2日間どちらの日も、女人街は1日だけでしたが楽しんできました。

まずは女人街。
シンフォニーオブライツみたり買い物したりしてからの出発になったので遅めスタートになりました。
夜10時前には旺角駅に着いて歩き始めたのですが、寒かったからか閉店作業している屋台も多かったです。
屋台の周りの路面店も〆の作業をしていたり。
もう少し早めにいったほうが良かったかもしれません。



人通りは多いです。
お店を冷やかす人もちょっとしたおやつを食べてる人も。


季節柄、ストールなどの巻物が多かったです。
私もストールを購入しました。
女人街は値段の書いてない店が多いような話を聞いていましたが、値段書いてある店も結構ありました。
後、同じような商品を複数のお店で売っています。値段表示があるお店もないお店もありますが、同じ値段ではないので一周回って吟味してから購入したほうがよいかもしれません。

著作権無視のTシャツとか某車のエンブレムみたいなUSBとか不思議なものも流行っているようです。これは男人街でも見かけました。

1枚20ドルと書いてあるストールを3枚買ったら50ドルにしてくれるというので3枚購入。
2枚はプレゼント用に、1枚は自分用に。
こんな感じのです。





正直もっと安く売っているお店もありますが、柄が微妙なところも。


屋台の通りの周りには飲食店も。
面白い日本語のお店も目に付きます。



あからさまな偽物も思っていたほど見かけないし、呼び込みも激しくなかったです。まあ1人で歩いているからかもしれませんが。

続いて男人街です。
宿のすぐ裏なので2日間連続して行っています。

油麻地の駅からだらだらと佐敦駅の方まで続きますが、途中占い横丁みたいなところがあったり、飲食店街に近い所があるなど、雰囲気は台湾の夜市っぽい感じです。
品揃えはどちらもあまり差がないように思いましたが、男の人の欲しいものとか、女の人向けの商品でも、男の人が女の人にプレゼントしたいデザインや色合いのものが多いかなと思いました。
後、子供連れで行くには厳しい商品もあったなあ(遠い目)と思いました。

Tシャツやバッグや衣類などのお土産っぽいものをさっと買うなら女人街のが見やすいですが、価格は男人街のが安いかもしれません。





ここは11時過ぎでもまだ人が多く、賑わっていますが、やっぱり店を片付けているところも見かけました。

週末だからか飲食店はどこも混んでいました。
おいしそうな飲茶のお店もあって、夜なのに飲茶が食べられるというのが観光客には便利そうです。

男人街と書いていますが、実際は廟街なのでちゃんと鳥居?があります。中華街と同じ感じですね。





この門からワンブロック先に24時間営業のwelcomeスーパーがありました。
12時すぎているのにお客さん多かったです。
男人街探索のついでにお土産買えて便利でした。

テーマ:各地のお土産・特産品 - ジャンル:旅行
香港旅行の反省。
お土産いろいろ買ったのですが、足りなかった。

お土産はほとんどスーパーで購入しました。
宿のそばにはwelcomeもパークンもありました。
どちらもよいスーパーですが、パークンのがオリジナル商品というかPBが多いかも。

welcomeは24時間営業のお店もあるので、お土産買うのに便利です。
パークンは若干値段安め?PBが多いせいかもしれません。
welcomeはクレカもオクトパスカードも使えました。パークンは現金払いしたので不明です。

結構買ってきたのにもっと買っても良かったと思ったのがこのお茶のシリーズです。





個包装じゃないので共有の給湯室に置いてみんなで飲んでもらうのは難しいかもしれませんが、職場で飲むのには最適でした。
写真にはありませんが、壽眉茶も日本茶に近いあっさりした味でおいしかったです。

パークンで買ったおそらくPBの商品です。



辛いナッツ系は中華圏でおなじみですが、ベトナム製らしいです。
味はかなり辛いです。とはいえ後を引く旨さなのでハイボールにぴったりです。おいしかった。

これがスーパーで見つけられませんでした。
日系のお菓子を扱うお店のおかしランドというお店で購入しました。
空港でも売ってるそうですが料金高めだそうです。



このような小さい箱が12個入っています。
これこれ、個包装なので給湯室土産に最適でした。こういうの待ってたのよね。さすが日本の会社。
お味もプリンタルトの味だし、焦げ目も付いてます。小腹満たしにちょうどよい商品です。
ほかにも写真がありませんが、奇華餅家のくるみクッキーもサクサクで美味でした。2箱買ってきたのにすぐなくなりました。
アーモンドのも試食したのですが、くるみクッキーのがサクサクというかクッキーっぽい食感でした。アーモンドはマカロンっぽかも。
ほかにも、裕華國貨でスワトウ刺繍っぽい巾着とハンカチなど購入し、女人街でスカーフを買うなどかなりの荷物になりました。ほとんどお土産として贈ってしまったので自分用にまだ欲しい。
香港ってちょっと日本人向けじゃなくなったとか、中国大陸向けとか聞いていたのですが結構欲しくなるもの多かったです。
テーマ:各地のお土産・特産品 - ジャンル:旅行